永観堂の紅葉見ごろガイド2018!ライトアップの時間帯の寒さは?防寒対策は?

京都・東山にある「永観堂」は、「もみじの永観堂」と呼ばれていて、秋の紅葉が有名なスポットです。日本が誇る観光スポットの京都の中でも、ここは格別の紅葉でとても人気です。

境内の最も高い位置にある多宝塔が紅葉で包み込まれ、息をのむほど幻想的な風景が見られます。また、様々な角度からの紅葉を楽しむ事が出来ます。

ライトアップ期間には、境内の放生池(ほうじょうち)などで、昼とは違った姿が楽しめます。紅葉の見頃は11月中旬で、毎年たくさんの見物客が訪れます。

そこで今回は紅葉の見どころを調べている人へ、永観堂の紅葉の詳細をご紹介します。

スポンサーリンク

【京都の紅葉といえば!永観堂の紅葉!】

永観堂は正式には「禅林寺」という浄土宗西山禅林寺派の総本山です。853年に平安時代の僧侶空海の弟子が藤原関雄の山荘を譲り受けたのが始まりです。

永観堂には、顔を斜め後ろに向けた阿弥陀如来像「みかえり阿弥陀」が安置されています。古今集の時代から「秋はもみじの永観堂」と言われているお寺です。

永観堂の紅葉の数はなんと3000本です!紅葉の時期には、境内が赤やだいだい、黄色の紅葉に染まります。

境内の裏の急斜面から生えている「岩垣もみじ」も見どころの一つです。境内は撮影スポットがたくさんあります。

場所:永観堂(京都府京都市左京区永観堂町48)
拝観時間:9:00~17:00 (年中無休)
ライトアップ期間:11月3日~12月2日 17:30~20:30(閉門21:00)
拝観料:大人 600円・小中高生 400円(ライトアップ時間は中学生以上600円)

アクセス:
<公共交通機関を利用の場合>JR「京都駅」から市バス「5系統岩倉操車場前行き」に乗車し25分、「南禅寺・永観堂道」で下車、徒歩3分
<マイカー利用の場合>永観堂の駐車場は秋の寺宝展開催期間中(2018年11月3日(土・祝)~12月2日(日)予定)は、自家用車の駐車ができません。付近の駐車場探しが大変ですが、台数可能台数が多い、岡崎公園駐車場の利用がおすすめです。

動画_永観堂の紅葉 【京都紅葉2017】 Autumn leaves ,Kyoto


永観堂公式HP


問合せ先:永観堂(TEL 075-761-0007)

【永観堂の紅葉の見頃は?】

永観堂の例年の紅葉の見頃時期は、11月中旬~11月下旬です。例年の色づき始めの時期は11月中旬で、境内には3,000本もの色付いたカエデ、イロハモミジ、ヤマモミジなどが鑑賞できます。

紅葉10、10、10の法則があります!

これは、朝の最低気温が10℃未満の日数に注目し、10℃未満の日数が10日程度で色付き始め、更に10日程度で見頃を迎え、更に10日程度で最盛期を迎えるという法則です。

昼間の紅葉観賞をする場合は、団体客がまだ来ていない開門時間の9時前から並ぶと、スムーズに回ることができます。

紅葉は最低気温や天気に左右されます。永観堂の紅葉の見頃も短いので、お見逃しなく!

【永観堂の紅葉、ライトアップの時間は?】

永観堂のライトアップ期間は、11月3日~12月2日です。時間は、17:30~20:30で閉門は21:00。
ライトアップ期間は、17:30前には大行列になりますが、少し時間をずらして19時頃に行くと、多少行列は少なくなるようです。

また、混雑を回避するには、平日のお出かけがおすすめ。特に、境内の人気スポット「放生池」の周辺は、警備員がでるほど混雑します。

ライトアップの見どころは、昼間とは違い燃えるような紅葉のコントラスト!
阿弥陀堂に続く石段や多宝塔が浮かび上がる景色も息をのむほどの美しさです。

同時期に開催される寺宝展とライトアップは入替制です。寺宝展とライトアップを続けて拝観することは出来ませんので、注意して下さい。

動画_永観堂禅林寺でモミジのライトアップ、京都

【ライトアップの時間帯の寒さは?】

11月の京都は昼間暖かくても、昼夜の寒暖差が激しいので夕方からの冷え込みが激しいです。最低気温が5℃を下回る日もありますので、しっかりとした防寒対策が必要です。

コンパクトにたためるダウンベストや、マフラー、ストールがあると便利です。足元も暖かくしてお出かけ下さい。

歩く時間より、並ぶ時間が多い場合もあります。ホッカイロでも持参しておくと、いざと言う時に役に立ちます。

歩きやすい靴で出かけることもお忘れなく!

【最後に】

「永観堂の紅葉見ごろガイド!」はいかがでしたか?永観堂に来た人は、また来年も来たいと誰もが思ってしまう魅力があります。

最後にまとめると、

①永観堂の紅葉の見ごろ時期は、11月中旬~11月下旬

②ライトアップ期間は、11月3日~12月2日

③アクセスは、JR「京都駅」から市バス「5系統岩倉操車場前行き」に乗車し35分、「南禅寺・永観堂道」で下車、徒歩3分

④混雑を避けたい場合は、平日がおすすめ

などをご紹介しました。参考にしていただいて、是非、永観堂の紅葉を楽しんでください。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です