戦場ヶ原のススキの見頃時期2017!混雑予想は?アクセス・駐車場情報まとめ!

スポンサーリンク


秋の自然の楽しみと言えば「紅葉」が真っ先に思い浮かぶ方も多いですし、毎年紅葉を見に行っている方も多いと思います。
しかし秋ならではの自然の楽しみ方として「すすき」もとてもきれいで、ぜひ一度見に行ってみてはいかがでしょうか!


すすきの名所と言われるところもいくつかありますが、今回はそんな名所のひとつ「戦場ヶ原」のすすきについて紹介していきたいと思います。
場所や見頃時期、また見に行くときに知っておきたいポイントなどをまとめてお伝えしますので、ぜひチェックしてみてくださいね!


スポンサーリンク

【黄金色の風景が美しい!戦場ヶ原のすすき!】


戦場ヶ原栃木県の奥日光にある湿原で、黄金色に輝くすすきが美しい場所としても広く知られています。
時間を変えれば違う印象でまたすすきを見ることもできますので、何度でも楽しむことができます。


まず最初に、そんなすすきが美しい戦場ヶ原の場所についてチェックしておきましょう!


場所:栃木県日光市中宮祠官有無番地
電話:0288-22-1525(日光市観光協会)


戦場ヶ原は日光国立公園内にある高層湿原であり、標高1400mの場所に400haの湿原が広がっています。
この一部は「奥日光の湿原」とラムサール条約にも登録されているほどの場所で、たくさんの野鳥を見つけることも出来ます。


そんな戦場ヶ原のすすきがどんな風景を見せてくれるのかについては、動画でご確認いただくのが一番だと思いますのでこちらをご覧くださいね!


戦場ヶ原 ススキ


戦場ヶ原ですすきを見るのに入場料などは必要ありませんが、トイレもまたあまり数がなく、少ない場所です。
食事が出来る場所もありませんので、基本的にトイレは早め早めに、飲食物は事前に準備して持ち込むようにしておきましょう!


しかしそういった条件もあってか、見頃の時期でもそこまで大きな混雑はなく、比較的ゆっくり見ることも出来ます。
事前に準備さえしっかりしておけば特に問題ありませんので、ぜひお弁当などを用意して行って楽しんでくださいね!


【戦場ヶ原のすすきの見頃は?】


戦場ヶ原のすすきの見頃は10月上旬から中旬頃となりますので、すすきとしては比較的見頃時期が短いです。
またもちろん気象状況などには左右されますので、一番のおすすめは行く直前に改めてチェックしておくことです!

スポンサーリンク

またさらに時期が少しすぎると紅葉を見に来る方も一気に増えますので、出来るだけこまめにチェックしておくと安心ですね。


【戦場ヶ原へのアクセス/駐車場・混雑予想は?】


公共交通機関で行く場合はJR日光駅もしくは東武日光駅から東武バス「湯元温泉行き」に乗っておよそ50分、「三本松」バス停で降りてすぐになります。


車で行く場合は赤沼まで日光インターチェンジより、車でおよそ30分程度になります。
気になる駐車場ですが、赤沼バス停に県営赤沼駐車場、竜頭の滝周辺にもあり、シーズンによっては臨時の駐車場も用意されます。
いずれも無料で停めることが出来ますが、紅葉のシーズンと重なってしまうとかなりの混雑が予想されますので早めに到着しておくことをおすすめします!
できればすすきの見頃時期始まってすぐくらいのほうが、すすきをゆっくり鑑賞したい場合は安心かもしれませんね。


ちなみにケーブルカーなどはありませんので、体調などには十分気をつけておきましょう!


【すすきを見る際の注意事項!勝手に抜いてもいいの?】


すすきは十五夜に飾るものでもありますし、せっかくここまですすきを見に来たのならちょっとくらい……と思われるかもしれませんが、基本的に勝手に抜いてはいけません。
山に登る場合は「生態系保全」を考え、持ち込み・持ち帰りはなしだと思っておきましょう。


10月頃というとまだ地域によっては暑いところも多いと思いますが、戦場ヶ原の朝晩は想像以上に冷えると思っておいたほうが安心です。
長袖のシャツや薄手のカーディガン・ベストなど、調節しやすい上着を持っていくことをおすすめします。


すすきは夕方や早朝、また雨の日の濡れたすすきを鑑賞するのもまた楽しみのひとつですので、体調やご都合、また周囲に気をつけて鑑賞されるのであればおすすめです!


携帯は一部少し通じない場所もありそうですので、事前に「戦場ヶ原に行く」と周囲に伝えておくと安心ですね。
トイレは一応ありますが少ないので早めを心がけること、また基本的にゴミは持ち帰り、水分も事前に用意しておいたほうが安心だと思います。


【まとめ】

戦場ヶ原のすすきは本当にきれいで、時間をずらせばまた違った印象を楽しむことも出来ます。
さらにちょっと時期をずらせば紅葉も楽しめる場所ですので、そういった意味では近い場所で長く楽しめるとも言えますよね。


すすきについては若干見頃時期が短いですので何とかタイミングを合わせ、今年はぜひ戦場ヶ原のすすきもゆっくり鑑賞してみてくださいね!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です