東京国際映画祭2020!レッドカーペットイベントの時間と見どころ総まとめ!

10月のお祭り
2020.08.06 [更新/お知らせ]第33回東京国際映画祭の実施について
本年2020年の第33回東京国際映画祭は、既に発表したとおり、10月31日から11月9日まで開催するべく準備を進めています。
新型コロナウィルスが依然として猛威を振るっている中で、世界中の映画祭もその影響を受けており、多くが中止や延期、あるいは縮小等を余儀なくされています。
そのような状況下でも東京国際映画祭としては、
①映画を観る喜びを再認識し、映画の未来への希望の光を灯す
②映画を通じて国際的な連帯を強める
③コロナ後の映像文化についての考察を深める
という目的を掲げ、映画館でのフィジカルな上映を基本として実施したいと考えています。もちろん、シンポジウムやゲストのトークなどにオンラインも活用していきたい考えです。
しかしながら、人の国際的移動の困難や感染対策の徹底等多くの制約があり、例年と同じような映画祭を行うことが難しいことも事実です。
従って、たとえば、昨年まで実施していた「インターナショナルコンペティション」、アジアの新鋭監督を集めた「アジアの未来」、日本映画の気鋭作品をそろえた「日本映画スプラッシュ」の3部門を今年は1つの部門に統合、「TOKYOプレミア2020」とし、様々な賞を競う形ではなく、その中の全作品を対象に観客の皆様に投票していただく「観客賞」を設けることといたしました。今年は観客の皆様が主役です。詳細は下記の①部門概要を参照いただきたく、それ以外の部門の詳細についても、後日具体的に発表いたします。
東京国際映画祭公式サイトより

東京国際映画祭と聞くとどんなことを想像しますか?

華やかなレッドかーペットに、きらびやかなドレスに身を包んだ女優さん・・テレビの向こう側の世界だと思っていませんか?

実は、東京国際映画祭は映画ファンが楽しめるお祭りなんです。

実際に上演作品を見ることはできるの?レッドカーペットは生でみることはできないの?

など素朴な疑問にお答えします。

これを読んだらきっと東京国際映画祭に行ってみたくなりますよ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました