運動会親子競技【年長さん向け】アイデア4選!準備をするものは?

スポンサーリンク
運動会・体育祭・文化祭
スポンサーリンク

年長さんだと、ちょっと難しいゲームを用意しても大丈夫になりますね。
さらに、親子競技となるので、親が理解していれば、子供をサポートしてゲームを楽しむことができるので、なるだけ親子が協力できるゲームがおすすめです。

楽しいゲームを挙げたので、ぜひ運動会の種目考慮の参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

盛り上がる年長さん向けの運動会親子競技4選! 1:借り人競争

借り人競争は、借り物競争の人間バージョンです。
分かりやすいですよね。

いろんなお題をカードに記載しておき、スタート地点からちょうど中間地点になる場所に伏せて並べて置いておくといいでしょう。

お題は同じものを用意してもいいですし、全く異なるものにしてもいいでしょう。お題が同じであれば、参加者全員がカードを手にした時点で、マイクを使ってお題をアナウンスしても良いでしょう。そうすれば見ている人も楽しめますね。

参加者はお題に合う人を見つけて、いっしょにゴールまで走ります。
ゴール地点でチェックを受けてOKであれば順位がもらえるようにしておくといいでしょう。

お題には、眼鏡をかけている人白い服の人大人の女性髪が長い人先生などがいいんじゃないでしょうか?

借り人競争~料理が得意なお母さん~

借り人競争~料理が得意なお母さん~

盛り上がる年長さん向けの運動会親子競技4選! 2:おんぶ騎馬戦

お父さんと一緒にやる種目として定番なのが騎馬戦ですよね。
誰もが一度はやったことがあるでしょう。
見ている方も応援に熱が入る競技ですよね。

とっても楽しい競技ですが、親御さんによっては騎馬戦は危ないと言う理由から否定的なこともあるでしょう。なので、行う場合は事前にアンケートを取った方がいいかもしれません。

騎馬戦をやる場合は、クラス対抗にするといいでしょう。子供に色分けされた帽子をゴムを付けない形で被ってもらい、親が子供をおんぶします。帽子を取られた親子は指定の場所で制限時間が過ぎるまで待機するようにするといいでしょう。

最後に帽子の数を先生が数えて、順位を決めるといいでしょう。騎馬戦をやる場合は、親御さんに、子供が落ちないように考慮してもらうように声掛けをするといいでしょう。

親子騎馬戦

親子騎馬戦

盛り上がる年長さん向けの運動会親子競技4選! 3:障害物リレー

親子で協力して行う障害物リレーです。
このゲームのかなめは親と子供の両方が障害物をクリアする必要があることです。

子供は楽勝な段ボールのトンネルくぐりやネット(ブルーシート)くぐりも親は結構大変だと思います。子供にリードしてもらうのも楽しいと思います。

平均台は子供の手を親が繋いで、子供が渡り切ればOKという風にしておくといいでしょう。他にも、障害物を用意しておいても楽しいと思います。難易度が上がりすぎると大変なので、親でも気軽に参加できる程度がいいでしょう。

ゴールする際は、親子がしっかりと揃ってゴールするのもポイントです。
先にどちらかがゴールしても、ゴールにはなりません。

幼稚園運動会~4 親子競技 障害物競走

幼稚園運動会~4 親子競技 障害物競走

盛り上がる年長さん向けの運動会親子競技4選! 4:フォークダンス

競技とはいえませんが、親子で楽しむのにとっても向いているのが、フォークダンスですよね。ただ、フォークダンスの場合は、事前に子供から踊りを教えてもらっていないとなかなか参加しづらいかもしれません。

なので、子供に事前にダンスを教えて、運動会までに親に教えておくように頼むといいでしょう。簡単な動きの繰り返しにしておくと良いと思います。

定番の曲でもいいですが、オリジナルで簡単な振り付けを考えても良いと思います。できれば、子供と手を繋いで親が踊れるような振り付けにしましょう。

2015/9/15運動会 フォークダンス

2015/9/15運動会 フォークダンス

【最後に】

親子競技はとにかく参加者が楽しめるものがいいでしょう。

親の中には普段、あまり子供といっしょに体を動かす機会が持てない人もいるでしょうから、子供といっしょに運動を楽しむ貴重な機会となります。ぜひ、参加者全員が楽しい思い出を作れるように工夫してくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました