行列必至!カタネベーカリーのおすすめパンは?狙い目の時間帯は?

スポンサーリンク


代々木上原駅から徒歩10分の距離にある「カタネベーカリー」というパン屋さんをご存知ですか?地元の人に愛されており、行列ができてしまうほどの人気店なんです。こじんまりとした店内には、お手頃価格のおいしいパンがびっしりと並んでおり、目移りしてしまうほどです。


地下にはカフェが併設されており、おいしいパンと紅茶が楽しめるモーニングも人気だそうですよ!近くにお住いの方はぜひチェックしてください。


スポンサーリンク

シュトーレン・食パンが人気!カタネベーカリー!なぜ人気?


カタネベーカリーは、片根さんご夫婦で経営されている町の小さなパン屋さんです。2002年に閑静な住宅街の一角にオープンしました。その5年後の2007年に地下のカタネカフェもオープンし、地元の人に愛される人気店として、週末には遠くからもお客さんが訪れます。


カタネベーカリーの住所は東京都渋谷区西原1-7-5です。
代々木上原駅から坂道を上がる徒歩10分の距離です。


ベーカリーは7:00-18:30、カフェは7:30-18:00までの営業となっています。
月曜日と第1・第3・第5日曜日は定休日となっているので、気を付けてください。


カタネベーカリーの魅力

カタネベーカリーが人気なのは、まずおいしくてラインナップが豊富なのに、どれも160円から220円くらいで購入できるお手頃価格な所です。安いですが、小ぶりというほど小さいサイズ感でもなく、女性なら2つも食べればお腹いっぱいになることでしょう。


白い壁の建物はシンプルだけどおしゃれで、居心地の良い雰囲気です。そんなカタネベーカリーが目指しているのは、パリのパン屋さんだそうです。日常に欠かせない場所を目指しており、必要最小限でおいしいパンが売りなんだそうです。


定番のパンや季節のもの

食パンやバゲットは、そんなカタネベーカリーのこだわりの代名詞です。バゲットは重すぎず、軽すぎず程よい塩気が後を引く味です。小ぶりでお手頃なバゲットも用意されているのが、嬉しいポイントです。


食パンは舌触りがなめらかで、ふわふわなのに、しっかりとした歯ごたえもあり、甘くもしょっぱくもなく、サンドイッチやジャムが合う程よいバランスです。


季節ものである、ドイツのクリスマス菓子シュトーレンも人気があります。しっとり系とカリカリ系の2種類が用意され、価格も1400円とお手頃価格です。


カタネベーカリー
カタネベーカリーでのいろいろなこと



カタネベーカリー待ち時間情報!

カタネベーカリーは、平日であればほとんど行列を作ることはないようですが、土曜日になれば7~8人ほど並んでいるのはよくあることです。10分も待てば購入可能なので、さほど待ち時間を気にすることはないでしょう。土曜日の午後12時頃に行くと、10人ほど並んでいることもありますが、それでも15分ほどしか待たないようです。


ほとんどの人がテイクアウトをしていくのですが、地下のカフェで購入したパンを食べることもできます。その場合はワンドリンク制なので、400円程度のコーヒーでも購入してください。


カタネベーカリーでゆっくりとお買い物を楽しみたい方は、早朝がおすすめですよ。開店時間が早いので、早朝を狙ってみてください。


カタネベーカリー『毎日のパン』予告編



焼き立てが食べたい!カタネベーカリーの焼きあがり時間は?


カタネベーカリーの人気であり、定番パンであるフランスパンは7:00、10:30、16:30に焼きあがります。クロワッサンは7:30、13:30、17:30だそうです。パンアングレ(山形食パン)は9:45パンドレ(角型食パン)は13:30、そのほかの日替わりパンは13:00だそうですよ。


これらの時間を目安に出かけるとお目当てのパンが購入できるかもしれません。平日でも15時半を過ぎると、売り切れのパンが目立つそうなので、豊富な品揃えの中でパンを選びたい方は、午前中の来店がおすすめです。


電話して取り置きをお願いすることもできるそうなので、どうしても食べたいものがある場合は問い合わせてみてはいかがですか?


ちなみに、過去も含めて販売されているパンの名前を挙げてみます。


ミルクスティック、クロワッサン、シナモンロール、スコーン、イングリッシュマフィン、カレーパン、ガトーショコラ、レモンタルト、チーズタルト、アプリコットクリームチーズデニッシュ、アーモンドチョコデニッシュ、アンパンなどがありました。


期間限定で販売されているものも多いので、どんな商品が並んでいるのか、訪れた時のお楽しみです。


カタネベーカリーは店内で食べれる?席の予約は可能?


カタネベーカリーには、店の外にテラス席が3つほど並んでいます。購入したパンをその場で食べたい方はそこで食べることができるようです。予約をするような席ではないので、空いていれば利用する程度だと思います。


ほとんどの人はテイクアウトをして自宅で楽しむようですが、カフェでドリンクといっしょに楽しんだリ、そもそもカフェで料理と共に楽しむ人も多いようです。


オムレツや日替わりランチなどもメニューにありますが、一番の人気メニューは朝食として出される「パリの朝食」だそうです。ブリオッシュ、バゲット、クロワッサン、ノワゼット・エ・レザンなどのパンの盛り合わせとバター、フルーツジャム、紅茶などを楽しむことができます。


食事メニューの場合もバゲットのおかわりが自由となっており、カタネベーカリーのパンを存分に楽しむことができますよ。


カタネカフェ
カタネカフェでのいろいろなこと


【最後に】

カタネベーカリーは、フランスのパリにある小さなパン屋さんをモチーフにしているので、ご夫婦は毎年、1か月のバカンスを取って、フランスに家族旅行に行っては、新しい刺激を得ているんだそうです。


常に進化を続けているなんて素敵ですよね。おしゃれでおいしくて人気があるのに、気取っていない店の雰囲気なので、訪れた人はまた来たいと思うそうです。あなたもぜひ一度足を運んでみてくださいね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です