犬に人間用蚊取り線香の影響はある?もし食べてしまったら?

スポンサーリンク

夏場の虫除けとして便利な蚊取り線香ですが、ペットを飼っているご家庭の場合はペットへの影響も気になりますよね。


実際に蚊取り線香はペット用なども別に販売されていますので、「それならペット用を使ったほうが良いのでは?」とも思ってしまいます。


とはいえ、どこにでも売っている普通の蚊取り線香のほうがやっぱり便利なことに違いはありません。
人間用の蚊取り線香はペットにとって有害なのかどうか、万が一食べてしまった場合などについてもまとめてみました!


スポンサーリンク

【犬を飼っているけど蚊取り線香は害はないの?】

最初に答えを言いますと「害はなし」で、ペットがいるご家庭も安心して使えます。
蚊取り線香に使われている有効成分の元は「ピレトリン」というもので、昆虫に対する殺虫効果が高く、逆に人やペットに対する毒性は低い成分なんです。


似た構造の化合物をピレスロイドと言い、ピレトリンを元に様々な特徴を持つピレスロイドが作られています。


蚊取り線香はこのピレスロイドが使われていますが、人やペットは分解酵素の働きによってすぐに代謝されて体外に排出されるようになっています。
哺乳動物への安全性は高く、気にせず使って大丈夫です。


安全性については一安心ですが、蚊取り線香のにおいは人間でも好き嫌いが別れるにおいですよね。


動物は嗅覚が優れているので、より強く反応して嫌がることはもちろんあります。
猫は特に嫌がることが多い、犬は平気なタイプもいる……なども言われますが、このあたりはそれぞれの性格や個性などによるところが大きそうですね。


「犬フィラリア症ってどんな病気?」



【蚊取り線香をもし犬が食べてしまったらどうなる?どうする?】

こういうアイテムを置いておくとどうしてもありえる誤飲……犬が蚊取り線香を食べてしまったら、うろたえてしまいますよね。


まず最初に蚊取り線香は植物由来の成分が元ですので、ほんの少量の場合は問題なく体外に排出されることもあります。


しかし口の中を火傷してしまっていないかどうかは、やっぱりチェックしたほうが良いですね。
もちろん口の中に蚊取り線香が残っていた場合は、身体に良いものではありませんので取り出しましょう。


問題は大量に食べてしまった場合で、この場合は中毒症状を起こしてしまう危険があります。
念のため蚊取り線香、もしくはパッケージを持参の上、速やかに動物病院を受診してください。

スポンサーリンク

【ペットと同居をしている時の蚊取り線香の使用について注意点】

ペットと同居しているときは、やっぱりそれなりに気をつけなければいけない注意点というものがあります。
これからお話する注意点を確認しておき、万が一の危険もないようにしておきましょう!


①ぶら下げるタイプを使う

床に置いてあるとやっぱり食べてしまう危険がありますので、床置きタイプを使うのではなくぶら下げるタイプを使っておくと安心です。
また使用前の蚊取り線香などもうっかりビスケットだと思ってしまう可能性がありますので、触れない場所に保管しておきましょう。


②しばらくは体調に注意

基本的に害はありませんがアレルギー反応が全く可能性がないというわけではありませんし、嫌なにおいを嗅ぎ続けることによる体調の崩れなどもありえます。
しばらくは注意深く観察し、体調が悪いようであれば使い方を考え直すことも必要かもしれません。


③換気をこまめに

締め切った環境で長時間使ってしまうとどうしても煙がこもっていきますので、環境としてもよくありません。
こまめな換気、窓やドアを開けての使用、またケージのすぐ側では使用しないなど、強いにおいがこもらないように注意してあげてくださいね。


【ペット用の蚊取り線香と人間用の蚊取り線香、何が違うの?】

ペットにも人間にも害がないのなら、どうしてそもそもペット用の蚊取り線香があるのか、何が違うのかも気になりますよね。


実は認可する場所が人間用の場合は厚生労働省、ペット用の場合は農林水産省という違いがあるだけで、中身はほとんど同じものなんです。
違う部分を探して見比べた場合、見つけられるのはおそらく大きさ……つまり、持続時間だと思います。


ペット用は外で使うことが多いから長時間用となっているだけですので、一緒に使う場合は人間用を一緒に使えば大丈夫なんですね。
ペット用と人間用の成分的な違いはほとんどありませんので、気にせず使っていきましょう!


【まとめ】

蚊取り線香は基本的に哺乳動物への害はないこと、食べた場合もごく少量で元気であれば問題ないこと、これだけでもちょっとは安心して使えますね。


とはいえ大量に摂取して身体に良いものではありませんので、誤飲させない環境や煙がこもらない環境を作ることは大切です。


換気、締め切った部屋での使用を避けるなど、あまりに煙が濃くなりすぎないように調整していく必要はあります。
注意しておけば安全に蚊から守れる方法でもありますので、上手に使っていきましょう!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です