一年生の夏休み工作アイデア4選!動画付き!親子で一緒に作ろう!

スポンサーリンク

夏休みの宿題の自由工作は、子供本人よりも親のほうが、何を作ったらいいのか悩みますよね?自由って言われると余計難しく感じてしまうかもしれません。


でもまだ一年生なら、簡単な貯金箱1つだけでも手作り出来たら、達成感を持ってくれるかも知れません。


また、簡単なおもちゃでも作れた時は、子供も工作が好きになってくれると思います。


たとえ夏休みが残り少なくなってしまった時でも、絶対も間に合うようなアイデア工作もたくさんあります。親御さんも一緒に楽しみながら作ってみて下さい。


そこで今回は一年生のお子さんを持つ親や、夏休みの宿題の自由工作、自由研究のネタを探しているに、ぴったりの工作をご紹介します。

スポンサーリンク

【一年生の夏休み工作アイデアその1:鉛筆立て】

あまり工作が好きでない子や苦手な子でも、サクッと作れちゃう牛乳パックでの鉛筆立てです。


牛乳パックはどの家にもあると思いますし、パックを切るだけであとは包装紙や色紙で箱の周りを飾ったら、立派な貯金箱が出上がります!


<材料>牛乳パック 好きな包装紙 はさみ のり セロハンテープ


<材料費>包装紙代のみ、家にあるなら材料費はなしです。


<製作期間>1日


製作のステップ

1. 牛乳パックをカットします。これがそのまま鉛筆立ての本体になります。


2.好きな包装紙を貼ります。千代紙でもかわいいです。


3.牛乳パックの残り部分をカットして、中の仕切りを作ります。対角線の長さに2枚カットしてください。 互い違いになるように切込みを入れて、2つをあわせます。


「牛乳パックの鉛筆立て」

参考サイト:
牛乳パックの鉛筆立て|簡単手作りおもちゃの作り方 工作図鑑
牛乳パックの鉛筆立ての工作の仕方、作り方を紹介します。小学校低学年の夏休み工作におすすめの鉛筆立て、ペン立て。




【一年生の夏休み工作アイデアその2:紙皿で作るこま】

紙皿をコマに使えば、すべりやすくて回りやすいコマが出来ます。マーカーして、はさみでチョキチョキして、折るだけの作業なので、何個でも簡単です。


シールを貼るのが好きな子や、色の付け方や、使い方もその子ならではの個性が出て、楽しいと思います。


<材料>小さい紙皿 マーカー はさみ


<材料費>家に紙皿があれば、材料費なしです。


<製作期間>1日


製作のステップ

1. 紙皿を半分に折ります。
2. 紙皿のふちのギザギザ部分に線を入れて切り落とします。
3. 切ったお皿を開いて、半分に折ります。
4. 2で切ったギザギザの中の輪の4カ所に線を入れて、切れ目を入れます。
5. 4で切った間に線を入れて、4カ所切れ目を入れます。
6. さらに5の間の8カ所に線を入れて切れ目を入れます。
7. 切れ目が三角形になるように折ります。(全部同じ方向へ)
8. 三角部分を軽く上に折ります。
9. 模様を入れます。どんな模様でも大丈夫です。(動画参照)
10. 9をストローで上から吹いてみると、コマが回って模様が綺麗に見えます。


「紙皿でつくる「コマ」」


【一年生の夏休み工作アイデアその3:動くぱっくん貯金箱】

貯金箱はペットボトルでも作れますが、パタパタ動く貯金箱が簡単でかわいいと思います。


箱さえ作れば、自分の好きなように箱にフェルトを付けたり、色紙や女の子なら千代紙などを貼ったりして、オリジナルの貯金箱の出来上がりです!


<材料>牛乳パック、ストロー、竹串、マーカー、はさみ、セロテープ


<材料費>家にあるものを使うので、材料費なしです。


<製作期間>1日


製作のステップ

1. 底から8センチのところにマーカーで線を引きます。線にそってはさみで切ります
2.箱の方の1つの角から、下に1.5センチくらい切ります。もう一つの角も同じように切ります。今切った2カ所の切り口をつなぐように切ります。
3.横がななめになるように角から切ります。反対側も同じように切ります。横がななめの箱になりました。
4.箱の方は置いておき、もう1枚の紙のほうを折り目に沿って切ります。4枚になるように3回はさみを入れます。
5.4を1枚取り、はじから5ミリくらいで切ります。
6.牛乳パックの口だったほうからまず7ミリくらいで折り、そのあと5回折り、そこをテープではがれないようにしっかり止めます。
7.折った紙を短くし、牛乳パックの横を使い印をつけて、印をつけたところをはさみで切ります。
8.6にストローを貼り、紙パックの幅で切ります。真ん中をテープで貼ります。
9.竹串をストローに通します。ストローを下にして、箱にふたをします。竹串をテープで固定します。
10.顔を作ります。(動画参照)


「ぱっくん貯金箱の作り方」

【一年生の夏休み工作アイデアその4:ビー玉迷路】

最近は工作キットも販売されていますが、難しい迷路じゃなくても、家にあるもので、簡単な迷路でも作れたら「自分でおもちゃが作れた!」という達成感が得られると思います。


途中で曲がる迷路の作り方はちょっと難しいので、親が動作チェックをしてあげながら、頑張ってチャレンジしてみて下さい!


<材料>15センチ四方のふた付きの箱(高さがビー玉より高いもの)
両面テープ マスキングテープ ビー玉 はさみ サランラップ


<材料費>両面テープ(500円) マスキングテープ(1,000円) ビー玉(500円)


<製作期間>1日


製作のステップ

1.設計図を作ります。簡単な迷路を考えて紙に書きます。
2.厚紙で仕切りを作ります。箱の高さ×2倍+2センチで厚紙を切り、半分に切り、端を2カ所折ります。壁部分は両面テープで貼りつけます。
3.箱の中に両面テープで固定します。後は考えた迷路通りに合う幅に厚紙を切って仕切りを作ります。
4.箱の中に固定したら、仕切りの上部分にマスキングテープを貼ります。これで迷路が見やすくなります。
5.全部出来たら、サランラップをゆったり目にかけて、少しひっぱりながら箱の裏で留めます。
6.箱の裏に、元の箱の蓋をかぶせたら完成です!


参考サイト:「ビー玉迷路の作り方」
「ビー玉迷路」の作り方|微妙な手先の感覚を養うおもちゃ
最近ビー玉が大好きなヒー。毎日のように色分けをしたり、数を数えたり、私が作った似非ピタゴラ…

【最後に】

「一年生の夏休み工作アイデア4選!動画付き!親子で一緒に作ろう!」はいかがでしたか?これなら夏休み最終日でも、間にあう工作を集めてみました。


始めての夏休みの自由工作は子供が興味や好奇心をもってくれたら、それだけでも大成功です。


まだ、一年生だと自由工作の宿題が出ても、設定が自由なだけに、「何をすれば良いの?」状態ですよね?


そんな時は家にある牛乳パックやペットボトルで、何か作れないかと考えると、結構ネタがあったりします。


また、工作だけでなく、牛乳パックやペットボトルなどを使って、リサイクルやエコを教えてあげる良いチャンスかもしれません。是非参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です