資福寺のあじさい見頃2017!開花予想は?あじさいとカタツムリの関係は?

スポンサーリンク

「資福寺(しふくじ)」は仙台の中心部から少し北に位置する、北山というエリアにある伊達氏ゆかりのお寺です。あじさいが綺麗なお寺で「仙台のアジサイ寺」と言われているお寺です。こじんまりとした情緒ある小さなお寺で、毎年あじさいの見頃の時期には、1200株のあじさいを見学に来る人たちが絶えません。

そこで今回は資福寺のあじさいの開花状況、見どころや駐車場情報などをまとめてみました。

スポンサーリンク

【1200株のあじさいが圧巻!資福寺のあじさいがすごい!】

資福寺のあじさいの色は白、青、ピンクなどが多く、「がくあじさい」などもあります。中でも白いあじさいは早咲きで、あじさいが満開の時期には花びらが落ちてしまうようです。また、資福寺の本堂の中にはステンドグラスが使われていて、全国ではここだけだそうです。

資福寺とは?

「資福寺」は宮城県仙台市青葉区にある臨済宗妙心寺派のお寺で、正式名称は「慈雲山 資福禅寺」と言います。仙台の北山に並ぶ禅寺「北山五山」の一つです。6月末の紫陽花の時期になると資福禅寺境内の小書院にはお抹茶の席が用意されます。枯山水の庭園(拝観無料)もあり、とても風情があり、参道にあじさいが植えられています。

資福寺境内は山門を入ると本堂までの小路にアジサイが植えられ、休憩しやすいベンチが並んでいます。とてもきれいに整備されたお寺です。それだけ多くの観光客が来るということですね?

場所

資福寺 宮城県仙台市青葉区北山1-13-1(TEL 022-234-5730)
地下鉄南北線、JR仙山線北仙台駅から徒歩約12分 JR仙山線北山駅出口から徒歩約15分のところにあります。

見学時間

明るい時間であれば、いつでも入れます。

混雑状況

あじさいの見頃時期は、平日でも車の渋滞が出来るほど混雑します。満開の時期は境内の階段を埋め尽くすほどの観光客であふれかえります。混雑を避けるには、早朝に来る方が良いかもしれません。

期間限定の「お休み処」

境内には1年のうち、3週間だけオープンするお茶屋さんがあり、抹茶をいただくことができます。禅寺の雰囲気も味わえますし、オススメです。1服400円。
(2016年の営業時間は午前9時半~午後4時まで 6月25日~7月15日)

≪参考≫ 仙台寺社巡り

【仙台資福寺のあじさい見頃・開花状況予想2017!】

資福寺のあじさいは6月下旬から7月中旬の比較的遅い時期に見頃を迎えます。ちなみに2016年の見頃は6/26~7/中旬で、例年通り、気候の変化で時期が多少前後しますが、特に7月の第1週目が見頃で狙い目のようです。

輪王寺の花菖蒲

資福寺の近くに花菖蒲で有名な輪王寺というお寺があります。花菖蒲の見頃もあじさいと一緒で6月下旬から7月上旬頃です。輪王寺へのアクセス方法も資福寺と同じなので、1日で両方見る事ができますね。オススメです!

【資福寺へのアクセス/駐車場・混雑予想・あじさい鑑賞の注意事項は?】

資福寺のあじさいが見頃の時期は、お花が綺麗な時期です。北仙台界隈はお寺が多く、お寺巡りにはちょうど良いですし、和菓子屋さんなどもあります。車もサクッと行くのもいいですが、できれば最寄駅から散策しながら資福寺に行くのがオススメです!

アクセス

当日は、できるだけ車は避けて最寄駅から徒歩かバスを使用したほうが良いと思います。

〈電車〉地下鉄南北線、JR仙山線北仙台駅北1番出口から徒歩約12分 JR仙山線北山駅出口から徒歩約15分

〈バス〉仙台駅バス9番乗場から仙台市営バス乗車、「輪王寺(りんのうじ)前」下車(料金は大人220円、子供110円)

仙台駅前からは次の3路線に乗れば、「輪王寺前」まで行けます。
1.999系統 循環バス 24番乗り場
2.800系統 桜ヶ丘七丁目行き 13番乗り場
3.815系統 西中山行き 14番乗り場

〈車〉東北道仙台宮城ICよりR48号線経由で約20分

駐車場

お寺の北側に駐車場がありますが、道が狭く50台分のスペースしかありません。交通量も多いので、駐車場への道も混みあうと予想されます。周辺にコインパーキングはありますが小さく、お寺からも離れています。

→資福寺周辺駐車場

混雑予想

あじさいの見頃時期は、平日でも車の渋滞が出来るほど混雑します。満開の時期は境内の階段を埋め尽くすほどの観光客であふれかえります。混雑を避けるには、早朝に来る方が良いかもしれません。

お寺参拝でのマナー

1. 撮影が禁止されていなくて、他の参拝客に迷惑にならなければOKです。撮影が禁止の場所ではそれに従いましょう!

2. 仏様の撮影が禁止されていなくても、撮影許可も取らず、仏様に手を合わせることもなく、普通にカメラを向ける人が多いです。許可も得ずに勝手に撮影するのは辞めましょう!

3. 三脚を使用不可にしている寺院もあります。仏様にフラッシュの光を当てることも厳禁です。

4. 最近では「ポケモンGO」の人気から、様々な寺院で使用禁止やマナーの呼びかけなどを行っています。注意しましょう!

5. 境内にゴミ箱がある場合は、分別などのルールを守り、神聖な場所にゴミを投棄するのは辞めましょう!

【6月の風物詩、あじさいとカタツムリの関係は?】

カタツムリとあじさいの関係は?

あじさいの葉にかたつむりを見かけても、あじさいの葉っぱを食べた形跡は無いようですし、かたつむりは何を食べて生きているのでしょうか。かたつむりはあじさいの葉の裏などをねぐらにしているだけなのでしょうか。

なぜ梅雨の風物詩なの?

あじさいの花が咲く時期とカタツムリが活動する時期が同じだからではないでしょうか。かたつむりは水分が好きなので、雨期など水が無い時は、隠れた場所で殻の中に入ってしまっているので、目立たないのでしょうね。梅雨時期なら近所の公園のあじさいではない植物の葉っぱの上でも見かけます。

かたつむりは何を食べて生きてるの?

コケや葉っぱを食べるそうですが、あじさいの葉には毒があるので、食べないようです。あとブロック塀などで、カルシウムを補給するそうです。外国には肉食のかたつむりがいて、貝類やミミズなどを餌にしている種類もいるらしいです。

【最後に】

資福寺のあじさい見頃2017!はいかがでしたか?資福寺では山門で写真を撮るのが定番のようです。あじさいは比較的開花時期が長いので、長く楽しめるのもいいですよね?また、資福寺では10月に「珈琲参杯(COFFEE SANPAI)」と題したイベントも境内で行われるようです。趣のあるお寺なので、是非足を運んでいて下さい!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です