第65回航空自衛隊防府南基地開庁記念行事の楽しみ方!ブルーインパルスはくる?!

スポンサーリンク
6月のお祭り
スポンサーリンク

中関にある防府南基地で2019年、第65回航空自衛隊防府南基地開庁記念行事が開催されることが決定しています。

防府南基地は飛行場施設がない航空自衛隊の基地で、空士として採用された隊員や初任空曹に対する教育が行われている場所なんです。

第65回航空自衛隊防府南基地開庁記念行事では観閲式や観閲行進はもちろん、体験試乗やアトラクション、売店なども計画されています。

たくさんのイベントが計画されている第65回航空自衛隊防府南基地開庁記念行事、ぜひどんな内容なのか、何が見どころなのかを事前にチェックしておきましょう!

(防府北基地)防府航空祭2019見どころ完全ガイド!ブルーインパルスは?シャトルバスは?
「防府航空祭2019」は、2019年6月2日(日)9:00~15:00に開催されます。 生で見る航空機は迫力満点でしょうね! 普段なかなか見られない航空ショー、初めて観る人も驚きの連続です。米軍の航空機も展示され、たくさんの航空機を見ることができます。 そこで今回は自衛隊のイベントを楽しみにしている人へ、防府航空祭2019見どころなどをご紹介します。 防府航空祭2019とは? 防府北基地は山口県の中南部にある防府市(ほうふし)にある基地で、航空祭も毎年似たような時期の開催となっています。 飛行展示や地上展示を中心に、航空機好きからファミリー向けまで毎年様々なイベントなどで私たちを楽しませてくれるんです! そんな防府航空祭は、2019年6月2日(日)9:00~15:00に開催予定です。 2018年の防府航空祭ではブルーインパルスが参加し、他にもたくさんの航空機の飛行展示が見れたほか、防府北基地では退役した航空機が保存されているので、こちらの見学も楽しみの一つですね。
スポンサーリンク

【第65回航空自衛隊防府南基地開庁記念行事とは?】

防府南基地は航空教育隊などが配置されている航空自衛隊基地で、空士として採用された隊員の初等教育、そして初任空曹に対しての教育が行われている場所です。

1943年(昭和18年)に防府海軍通信学校として開設され、昭和51年から一般空曹候補学生の教育が始まりました。

このような歴史があるため航空教育隊司令部庁舎の正面は海を向いていて、これは基地がもともと海軍の通信学校だったことを後々にも伝えるためとされています。

航空自衛隊にとっても隊員の教育を行う大切な場所であり、ここを卒業した後術科学校を経由し、防府北基地で働く隊員も多くいるんですね。

そんな防府南基地で毎年開催されているのが開庁記念行事で毎年5月下旬頃に行われ、航空機に興味がある方はもちろん、多くの方が訪れ楽しんでいます。

今年2019年の第65回航空自衛隊防府南基地開庁記念行事概要については以下のようになっているので、今のうちにメモしておきましょう!

◎開催概要

日程:2019年6月1日(土)

時間:8時から15時

主催:防府南基地

場所:山口県防府市但馬無番地

電話:0835-22-1950

◎アクセス

電車の場合:防府駅南口5番バス乗り場「中浦行き」に乗り「南基地前」で下車(およそ25分)、もしくはタクシーで「自衛隊南基地まで」

車の場合:広島方面からは防府東インターチェンジ、福岡方面からは防府西インターチェンジで下車し、国道2号線から県道190号線へ。

◎駐車場

一般来場者の駐車場は基地の南側、総合訓練場になり、入り口が東門になるのでご注意ください。

【第65回航空自衛隊防府南基地開庁記念行事見どころ3つ!】

第65回航空自衛隊防府南基地開庁記念行事では多くのイベントが計画されているので、その中でも特におすすめしたい見どころを紹介します。

多くのイベントがある航空自衛隊防府南基地開庁記念行事へ行くのですから、とくに押さえておきたい見どころは事前にチェックしておきましょう!

◎観閲式・観閲行進

航空自衛隊の基地イベントに来たという印象が強く残る観閲式、観閲行進は見ているだけでもかっこよく、ぜひチェックしておきたい見どころです。

#観閲行進 #第64回航空自衛隊防府南基地開庁記念行事 #防府市 #山口県 #記念行事 #航空自衛隊 #防府南基地 #自衛隊情報 #yamaguchi(陸上自衛隊・海上自衛隊・航空自衛隊)
https://youtu.be/yhFpNwTqOMk

少し長い動画ですがこのような観閲行進が間近で見られる貴重な機会なので、ぜひ見逃さないようにしておきましょう!

◎ファンシードリル

ファンシードリルとは集団行動の軍隊版のようなもので、音楽に合わせ隊員がひとつになって美しい統率を見せてくれる、自衛隊基地イベントではの見逃したくない行事のひとつです。

#ファンシードリル #第64回航空自衛隊防府南基地開庁記念行事 #防府市 #山口県 #記念行事 #航空自衛隊 #防府南基地 #自衛隊情報 #yamaguchi(陸上自衛隊・海上自衛隊・航空自衛隊)
https://youtu.be/el08TKhw6z0

動画を見るだけでもその統率された動きに魅了されるのがファンシードリルで、ぜひ当日はご自身の目と耳でご確認ください!

◎体験アトラクション

航空自衛隊防府南基地開庁記念行事は見て楽しむイベントだけではなく、体験型アトラクションや自衛隊車両の体験車両、その他多くの体験イベントが用意されています。

自衛隊車両に乗ることができる貴重な機会でありお子様でも楽しめるイベントが多く用意されているので、体験アトラクションなどもぜひ見逃さないようにしておきましょう!

【第65回航空自衛隊防府南基地開庁記念行事にブルーインパルスは飛ぶ?】

航空自衛隊基地でのイベントで期待されている出し物として、航空機ファンの間で人気があるアクロバット飛行チーム「ブルーインパルス」の飛行があります。

ブルーインパルスは航空自衛隊の航空祭や大きな行事などに出演して青と白に塗られた6機の機体でアクロバットな飛行や美しい編隊を披露してくれる、とても魅力的なチームなんですね。

そんな多くのファンがいるブルーインパルス、第65回航空自衛隊防府南基地開庁記念行事でもしかしたら飛ぶんじゃないか……とも期待している方もいらっしゃるかもしれません。

実は2019年のブルーインパルスのスケジュールを見ると、第65回航空自衛隊防府南基地開庁記念行事が掲載されているので、ブルーインパルスも期待できるんです。

第65回航空自衛隊防府南基地開庁記念行事がスケジュールに入っている以上の情報は今のところ分かりませんので、今後の情報を待ちつつ当日をぜひ楽しみに待ちましょう!

ちなみにブルーインパルスは多くの基地開放イベントや記念行事、航空祭で飛行しているので、毎年見かける場所でも「毎年必ず来る」と言い切れるわけではありません。

それでも多くブルーインパルスが飛ぶ航空祭や基地開放イベントはいくつかあるので、次のイベントを見かけたらぜひチェックしてみましょう!

・エア・フェスタ浜松
・小松基地航空祭
・千歳基地航空祭

【子連れでも安心!第65回航空自衛隊防府南基地開庁記念行事の楽しみ方とは?】

今年は6月初めに開催となった第65回航空自衛隊防府南基地開庁記念行事、やっぱり大きなイベントであるからには混雑なども気になります。

基地開放イベントはどこも人気で混雑が予想されるので、第65回航空自衛隊防府南基地開庁記念行事についても多少混雑はあると考え、早めの行動を心がけましょう。

お昼は売店もあるので現地でも大丈夫で、防府南基地開庁記念行事ではベビーカーの制限などもされていないので安全に注意しながら使うようにしてください。

混雑がひどい場合はベビーカーだと逆に危険かもしれませんので、場合によっては抱っこできるよう抱っこひもなども持ってきておくと安心ですね。

第65回航空自衛隊防府南基地開庁記念行事では元々子どもが楽しめるようなアトラクションも用意されていて家族連れで楽しまれている方も多く、子どもでも安心して楽しめます!

この時期の山口件防府市の気温は25℃/19℃ほどとかなり暖かくなっていて、外のイベントでも気持ちよく過ごすことができる頃です。

暑すぎることも考えられるので重ね着などで温度調節がしやすい服装を心がけ、しかし梅雨が近づいている季節でもあるため薄手の上着なども用意しておくと安心ですね!

【まとめ】

第65回航空自衛隊防府南基地開庁記念行事について、イベントの詳細、アトラクションなどをまとめました。

防府南基地の開庁記念行事では毎年多くのイベントが計画されているので、何か迷うことがあったら現地でも隊員さんに尋ねてみてくださいね。

またブルーインパルスのスケジュールに第65回航空自衛隊防府南基地開庁記念行事が記載されているなど、航空機ファンの方にとっても見逃せない日となっています。

ぜひ第65回航空自衛隊防府南基地開庁記念行事へ遊びに行き、航空自衛隊に触れつつ一日楽しんでみませんか!

コメント

タイトルとURLをコピーしました