練馬大鳥神社酉の市2018!初心者向け粋な歩き方・熊手の買い方完全ガイド!


関東の11月の風物詩、酉の市
といわれて、あなたはピンときますか?


都内生まれの方や、自営業や経営者の方はご存じかもしれません。
でも最近商売をはじめた方だったら、ぜひとも一度酉の市に行って頂きたい。
というのも、酉の市の名物でもある飾り熊手は商売繁盛に御利益があるアイテムです。


ここでは、はじめて酉の市に参加する人向けに
酉の市はどんなお祭りなのか
熊手が商売繁盛に効く理由
熊手の買い方~飾り方
特に練馬 大鳥神社の酉の市の2017年開催概要
練馬以外で都内のおすすめ酉の市

などについてみていきます。


スポンサーリンク

11月の風物詩:酉の市ってどんなイベント?由来は?

酉の市とは?

酉の市と聞いてもどんなものかピンとこない人のために。
酉の市は、現在の足立区にある鷲大明神でまつられている日本武尊(ヤマトタケルノミコト)に感謝して、その命日とされる11月の酉の日に収穫祭として始めたのが発祥とされています。


収穫祭が江戸市中へと移行するにつれて、飾り熊手などを縁起物とする都市型の祭へと形を変えてきて、今の酉の市へと至っています。


特に関東で日本武尊をまつる神社が多かったため、発祥である東京を中心に関東で酉の市が広まりました。今では酉をまつる西日本の神社でも酉の市を開催するところもあります。


農民が開いた収穫祭ということで、初めは収穫した農作物などと一緒に農具を売っていました。そのうち売っている農具におまけとして縁起物のおまけなどを付けるようになり、今では色々な装飾を施した熊手を販売するお祭りとなっています。


縁起物の熊手

当初は熊手以外の農具も販売されていましたが、そのうちに
熊手が鷲の爪に似ている→運を鷲掴み
熊手で落ち葉を集める →客をかき集めてくれる

ということで、開運招福、千客万来に御利益のある縁起物として熊手だけが残ったのです。


練馬大鳥神社では小さな竹熊手に神札と稲穂をつけた「開運熊手御守」を授与しています。また酉の市には、招福やおかめなどの縁起物で飾った「縁起熊手」を授ける露天がたくさん出ます。



練馬大鳥神社の酉の市、みどころ・歩き方!


練馬大鳥神社の酉の市は毎年数万人の人出のため、都内の酉の市の中では比較的ゆったりと見れるのが魅力です。


酉の市初心者の人が急に大規模な酉の市に行ってしまうと、雰囲気に圧倒されてしまいますので、筆者としては、初心者の方はまず練馬の酉の市でゆったりと見るのをおすすめします。


今年の開催日程

2018年は
11月1日(木) 11月13日(火) 11月25日(日)
の3日間の開催です。

御例祭(酉の市)は当日の午前0時、一番太鼓が打ち鳴らされる中始まり、24時間執り行われます。


また、神社での御祭儀は、宵宮祭(前夜祭)が各日前日の23時15分から当日祭が各日13時から行われるので参列を希望される方は早めに行って手続きを済ませたほうがよいでしょう。


・神楽の奉納の時間

14時 16時 19時 20時半
御神楽は演目によって時間が変わるので、ある程度の目安です。


・餅まき

21時半


おすすめの歩き方

毎年、練馬の千川通りに酉の市の日に飾られる奉納提灯は、練馬区の「地域景観資源」に登録されています。特に夜に明かりがついた約80個の奉納提灯は、酉の市の夜を幻想的に彩ります。


ですから、練馬の酉の市はぜひとも夕方~夜に行って頂きたい!
(ただし、境内は21時過ぎには屋台などの片付けをはじめるそうなので、あまり終了ギリギリには行かない方がいいかも・・・)


暗くなる18~19時頃に練馬駅に着くように行き、駅を出てすぐの千川通り沿いを提灯を見つつ屋台メシを食べながら大鳥神社へ歩く。
神社に着いたら、まずは本殿をお参り。
その後熊手を買って餅まきまでの時間を潰し、餅をゲットしたら帰る。


もっとお祭り気分を味わいたい!という方は、千川通り周辺の飲み屋で飲み直して帰るのもいいですね。


2015年の様子です。
20151129 練馬酉の市



ちょっと豆知識


神社の裏側に行くと御神水があります。
この御神水に浸したお守りを持ち歩くと、開運出世金融祈願に効くとされています。


つまり、会社員の場合は出世に、自営業の場合は資金調達に御利益があるということです。興味のある人は、神社でお守りを買ってみてください。


お守りのほかにも、練馬大鳥神社は通常は無人ですが、酉の市の日と8の付く日に境内右手の授与所で御朱印をいただくことが出来ます。初穂料は300円です。


はじめてでも大丈夫!練馬酉の市で熊手の買い方!選び方!

開運招福、千客万来の縁起物の熊手。酉の市に来たら必ずゲットして帰りたいですよね。酉の市初心者の人でも、安心して熊手を購入できるように、買い方~飾り方まで完全ガイドします!


熊手の価格

熊手は事業が大きくなったり出世できるように、年々大きく値段の高いものに買い替えるのがいいとされています。(2年連続で同じ大きさのものを買うのもアリですが)


最初の年にあまり高いものを買ってしまうと、あとで大変になってしまいますので、個人で買う場合は1,000円位の小さいもの会社や経営者の場合は5000円~1万円位までのものからはじめるのがいいでしょう。前年と同じ大きさのものを購入するのは大丈夫ですよ。


熊手の買い方

熊手には「粋な買い方」があります。


予算を決めて、お気に入りの熊手を探します。

お店の人に価格を聞きます

値切ります、更に値切ります

いい感じに値切れたと思ったら支払い
ただし!
ここで支払うのは、最初にいわれた価格です

差額はご祝儀としてお店に渡します
買った方は大尽気分、売った方は差額分儲かった気分を味わえます。
これが、粋な酉の市の楽しみ方です。


熊手の飾る場所

買った熊手は、家か会社に飾りましょう。
より多くの福を呼び込めるように玄関の入り口に向かって飾るのがおすすめ
でも、玄関が北向きにある場合はダメです。


家の場合は、神棚、仏壇、リビングの高いところに、
会社の場合は、従業員が多くいる事務所などに飾りましょう。


東京都内のおすすめ酉の市3選!新宿花園神社もおすすめ!

ちょっと練馬は家や会社から遠い、大規模なお祭りに行きたい、という方に都内で開催される酉の市から3つおすすめを紹介します。


新宿 花園神社

新宿三丁目駅からすぐです。
本殿の他に境内に小さい神社が2つあり、芸能上達、商売繁盛、縁結びなどたくさんの御利益があります。
日本で最後といわれる見世物小屋も出店しています。


浅草 鷲神社


都内で一番の人出、出店数を誇る酉の市です。
浅草にあるお店も多く出店するので、定番の屋台メシだけでなく、老舗の味も楽しめます


目黒 大鳥神社

江戸時代からの由緒ある酉の市です。
商売繁盛、火難除けの神様として地元から厚い信仰を受けています。


忙しくて酉の市に行けないよ・・という方はネットで!

・いつも縁起物で買っている熊手、
今年は酉の市開催の曜日に予定がギッシリで行けない。

・今年こそは酉の市で熊手を買うぞ!と意気込んで神社に行ったけど
あまりの人手の多さを寒さで心が折れた・・・・

・熊手は買いたいけど、荷物になるから持って帰るのが億劫・・・

・なるべくカードで支払いたい、ポイントをためたい!

という方は、楽天市場でも販売していますのでネットから購入をしてみるのもいいですね


色々なサイズが揃ってますし、ふるさと納税の返礼品として熊手があるようなので
今年のふるさと納税に間に合わせたい人にも使えますよね!










私は忙しくて行けなかったので小さいサイズをネットで買いました!
ご利益に期待♪


【まとめ】

酉の市は足立区にある鷲大明神に感謝した農民がはじめた収穫祭が起源
まつられている日本武尊の命日にちなんで11月の酉の日に行われる
熊手は商売繁盛、千客万来の縁起物


練馬 大鳥神社の2018年の開催は
11月6日(月) 11月18日(土) 11月30日(木) 10~22時まで
練馬の酉の市は、提灯の明かりがつく夕方~夜がおすすめ


昔からの風習が、今も脈々と受け継がれているというのは、とても素敵なことですよね。練馬・大鳥神社の酉の市も毎年大変な賑わいです。まだ酉の市に行ったことがないという方も、ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。


浅草や新宿などと比べると規模は小さくはなりますが、小さいお祭りだからこそ、地元の人との触れ合いも楽しめる機会が多い練馬の酉の市


毎年通えば顔を覚えてもらえるかもしれません。酉の市で出会った縁で仕事が成功することもあるかもしれません。地元に愛されるお祭りを楽しみつつ、いい出会いもあるかもしれませんよ。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です