石川県七尾青柏祭2021!巨大な山車「でか山」の巡行中止・1基を展示!!

5月のお祭り
今年も巡行を中止 でか山1基を展示へ 七尾・青柏祭の曳山行事
高さ十二メートルの山車「でか山」三基がまちを練り歩くことで知られる七尾市の「青柏祭の曳山(ひきやま)行事」(5月3日~5日)で、毎年でか山を運行する青柏祭でか山保存会は、新型コロナウイルス感染予防のため今年も昨年に続き三基とも運行中止と決めた。一方、でか山一基だけは組み立て展示することを決定。「せめて展示だけでも」との市民らの声に応える。
例年でか山を運行する三町のうち、鍛冶町と魚町は運行、展示ともすでに中止を決定。府中町は可能性を探りながら県や市などと検討を続けてきたが、運行時の感染リスクを下げるのは難しいと判断した。しかし、市民らから町の活気を維持するためにも展示を求める声は多く、多くを自前で制作する府中町として展示を決断。重さ約二十トンのでか山本体を組み上げ、5月3日、4日に同市府中町の印鑰(いんにゃく)神社で展示する。
中日新聞より

七尾四大祭りの一つと言われ、石川県最大規模の祭りと称される青柏祭(せいはくさい)は、GW期間中に開催されることから、毎年、県外からも多くの観光客が集まります。

でか山と呼ばれる巨大な曳山が一番の見どころである青柏祭は、ぜひ祭り周辺に宿をとって数日に渡って、祭り見物してほしい見ごたえがあるお祭りです。

GWの予定がまだ決まっていない方は、ぜひ青柏祭を検討してみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました