借り物競争のお題【保育園】の運動会向けアイデア集!盛り上がる借り物は?

スポンサーリンク


9月は運動会の季節ですね? 運動会での親子競技といえば、借り物競争です!


定番ともいえる借り物競争は、運動会でとても盛り上がる競技です。


見ている人たちも「何を借りるのかな?」と、興味しんしんで会場が一体となって楽しめるプログラムだと思います。


今回は保育園の先生向けに、保育園の運動会向けの借り物競争のアイデア集をご紹介します。


スポンサーリンク

【運動会の季節!借り物競争で盛り上がろう!】

■借り物競争って?

まずは徒競走と同じようにスタートし、コース途中に置かれた品物が書かれた紙を拾います。その紙に書かれた品物を観覧者や父兄たちに借りに行き、それを持ってゴールする競技です!


品物として書かれる、一般的な物は、誰でも身に着けているアイテムで、例えば、ハンカチや帽子、靴などです。


定番のお題は、次のようなことから選びます。


1. たくさんの人が持っているもの
2.持ち運びしやすく軽いもの
3.誰でも貸してくれそうなもの
4.手で持って走っても壊れないもの


借り物競争の醍醐味は、どんなお題を引くのかわからないところと、観覧客もいつ自分自身がお題になるかわからないという、会場全体に緊張感が生まれるところです。


借り物競争に足の速さは全く関係ないので、誰でも公平に参加できます。ただし、簡単なお題、難しいお題によって運命が別れます。


その変わりお題選びがいまいちだと、盛り上がらずに、終わってしまうかも知れません。


動画 借り物競争


【保育園児】

の借り物競争!お題アイデア!】

借り物競争をすることになったものの、借り物を何にしたら良いのか、結構悩んでいる先生もいるかもしれませんね?


保育園児は、なるべく持っている人が多いものを選びます。そして、あまり色などを限定しない方が選びやすいと思います。


また、「借り物競争」では、対象が「物」ではなく、「人」の場合もあります。


「人」「物」で分けると、人のお題のほうが範囲が広く、誰を選んでも正解になるパターンが多いです。また、「赤い色の物」「四角い物」なども、選ぶ範囲が広いので、保育園児には難易度が下がります。


保育園児は恥ずかしいとか、迷ったりしてその場で立ち尽くしてしまうことも想定できます。その場合、どうするかの打ち合わせも必要なのかなと思います。


1. お父さん、お母さん

恥ずかしがりやな子供でも、自分のお父さんやお母さんなら、迷わずに探せますよね?お父さん、お母さんたちもきっと自ら出てきてくれると思いますよ?


思わぬ人を連れてきてしまっても、おもしろい結果になります。


2.帽子をかぶっている人

運動会って、帽子をかぶった人が多いので、これも迷わずに探せると思います。子供がとまどっている場合は、うまく導いてあげて下さい。


3.お寿司のネタのかぶりものなど

紙に書いてあるお寿司のネタをかぶってゴールします。


先にご紹介した動画では、子供が他のネタが良いと、また紙を引きに戻りました。お父さんはなだめるのが大変ですが、こういうトラブルもつきもので見どころですよね?

スポンサーリンク

【園児の保護者】の借り物競争!お題アイデア!】

園児の保護者の場合は、ただ物を借りてくるだけではなく、アレンジして、「メガネをかけている人」「黒い帽子をかぶっている人」のように、特定の対象の人を連れてくることで盛り上がります。


観覧客が何を借りようとしているかわかるように、紙に書いてある指示をマイクで言ったり、物の絵を描いた紙を首からぶら下げるなどすると、会場と一体となって楽しめます。


1. 「きれいな女性」「かっこいい男性」「イケメン」

このお題を出されたら、迷わず自分の奥さん、または旦那さんを連れて行きましょう。誰も否定しませんよね?


2.体重〇〇キロのお母さん、お父さん

これはお母さんたちが嫌がるかもしれませんが、きっと和やかな雰囲気で終わるでしょう。


3.〇〇(芸能人)に似ている人

誰でも知っている芸能人でお題を決めます。全く似てない場合でも盛り上がること間違いなしです。


お題のネタは色々あると思いますが、定番のお題を半分、おもしろお題半分にした方が、借り物競争もスムーズにいくと思います。


【保育園の先生】の借り物競争!お題アイデア!】

保育園の先生には、是非笑いをとって会場を沸かしてもらえるようなアイデアが良いですね?保護者も、普段見られない先生の姿が見られて楽しめるかもしれません。


お題も1人だけではなく、何人と人数を増やすと大変ですが、会場が盛り上がると思います。


1.あり得ない人!?

「坊主で、眼鏡をかけて、水着を着ている人」のような、ここには絶対居ないでしょ?という人を設定します。その外見の人が出てきて、会場中がびっくり!と同時に爆笑の渦です。このお題は保育園側が仕込んでいました。


2.園長先生のアイテム

園長先生の身に着けているアイテムを借ります。眼鏡、帽子、靴など何でも無理やり借りてしまいます。ちょっとためらう先生もいるかも知れませんね?


3. 昭和〇〇年生まれの人

赤ちゃんからお年寄りまで、今まで見ていただけのおじいちゃん、おばあちゃんも大活躍です。


事前に会場で、どの位の年代の人が多いのかを、リサーチしておくと良いかも知れませんね?


【最後に】

「借り物競争のお題【保育園】の運動会向けアイデア集」をご紹介しました。保育園の運動会は子供たちのあまりのかわいさに、ちょっとしたハプニングもありかもしれませんね?


運動会で借り物競争は、特に盛り上がる競技です。


今回ご紹介したのは、


1.借り物競争のお題で一般的なのは、誰でも身に着けているアイテム


2.借り物競争の保育園児のお題は「お父さん、お母さん」「帽子をかぶっている人」「あらかじめ用意されているお寿司のネタのかぶりもの」


3.保護者の借り物競争のお題は「きれいな女性」「かっこいい男性」「イケメン」「体重キロのお母さん、お父さん」「(芸能人)に似ている人」


4.先生の借り物競争のお題は「あり得ない人!?」「園長先生のアイテム」「昭和年生まれの人


などをご紹介しました。あまりウケを狙ってしまうと、競技がスムーズにいかなくなってしまう可能性がありますが、楽しめるお題も少しは必要かなと思います。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です