高尾山ゴールデンウィーク混雑予想2017!服装は?混雑状況・駐車場は?

スポンサーリンク

高尾山は都心から近く、初心者にもチャレンジしやすい山として、また観光地として人気があります。
そして人気がありすぎて「ゴールデンウィーク時期は混雑がひどい」ということも有名です。


高尾山の登山にチャレンジしようと思っても、実際はどの程度の混雑なのか、またやっぱり登山する際の服装など気になるポイントがたくさんありますね。
また、混雑するからには車で行く場合の駐車場があるのかどうかもチェックしておいたほうが良いです。


ゴールデンウィークの高尾山の気になるポイントをチェックしていきましょう!


スポンサーリンク

【ゴールデンウィークの高尾山の混雑状況がすごいことに・・・】

001

都心から近い・初心者にもチャレンジしやすい……この2つだけでも、少なくとも人気になることは想像できます。
それに加え、「ミシュランガイドの日本観光ガイドで三ツ星認定された」というのが、混雑の大きな理由となっています。
その人気の高さは「日本で一番登山客が多い山」と言われるほどで、お休みの方が多いゴールデンウィーク時期に混むのも納得ですね。


具体的には高尾山の観光客は年間300万人という凄まじさで、特にお休みであり気候の良いゴールデンウィーク時に集中しています。
普段の週末でもかなりの人混みなのですが、ゴールデンウィーク時は普通に歩くのも大変なレベルの混雑です。
具体的な混雑具合は動画でご確認いただくのが一番だと思いますので、動画を見てみてくださいね。


第105回GWの高尾山の混雑ぶりがヤバイ・・・ 山田店長のどうでもイイ話し


通常時も観光客の多い高尾山ですが、ゴールデンウィーク時はやっぱりものすごい混雑ですね……。
トイレもかなり余裕を持っておかないとつらいとのことで、もしこの時期に向かうなら混雑は覚悟しておかないといけなさそうです。


ちなみに冬の高尾山はこんな雰囲気だそうです。


高尾山 冬の高尾山ハイキング 1月【山コミュ!週末登山部#003】


冬でもガラガラというわけではなく、年間を通して観光客・登山客の多い山だということがここからでも分かりますね……。


【2017年の混雑状況は?早朝から混んでいる?】

002

毎年確実に混む高尾山ですが、今年のゴールデンウィークの日程を確認してみましょう。


◎4月
29日(祝・土)
30日(日)


◎5月
1日(月)
2日(火)
3日(祝・水)
4日(祝・木)
5日(祝・金)
6日(土)
7日(日)


こうして見ると、平日で学校のある5月1.2日は比較的混雑が少ないかもしれませんね。
逆に3~6日は長期休暇中ですので、確実に混むことも予想できます。
7日は休み最後の日なので登山など疲れる行動は止めようと思う方も多少いらっしゃるとは思いますが……高尾山は都心からも近いですし、油断できるほどではありませんね。


高尾山はいつでも混んでると思っておいたほうが良いですが、やはりお昼時の山頂などは混雑がひどくなります。
もし可能であれば少し早めに登山を開始し、早い時間に山頂でご飯を食べてお昼時に下山開始する……というように一般的なスケジュールと多少ずらしておくと、多少の混雑回避にはなるかもしれません。

スポンサーリンク

【ケーブルカーや駐車場の混雑状況は?】

003

高尾山はケーブルカーもあるので、体力の自信がない方や膝が悪い方はこちらを利用するのも良いですね。
とはいえただ登るだけでも混雑する高尾山のゴールデンウィーク、ケーブルカーも混雑は避けられません。
ひどい場合は一時間以上待つこともありえますので、「だったらその時間を使って自力で登ってしまったほうが早かった……」ということにもなりかねないんですね。
せっかくの登山ですし、基本的には徒歩で登ることをおすすめします!


ただ、足腰の弱い方、膝が弱い方はもちろん無理はいけません。
登山の場合辛いのは登りだと思っている方も多いのですが、実際に負担がかかるのは山を下りるときです。
こういう場合は早めの登山を心がけ、下りのケーブルカーの混雑がひどくない間に利用し下りてしまうのもありだと思います!


また登りでケーブルカーを利用したい場合、一番の狙い目は最初のケーブルカーになります。
とはいえ基本的にケーブルカーは朝8時からの運行なのですが、混雑具合によっては前倒しで運行開始する可能性もあります。
最初を狙いたい場合、やはり少し早めに現地へ到着しておいたほうが安心ですね。


駐車場についてですが、ゴールデンウィーク中の高尾山口にある駐車場に止めようと考えるのはあまりに危険な混雑具合です。
おすすめは高尾駅周辺にもパーキングがありますのでそこで停め、電車で高尾山口に向かう方法です。


明らかに人の少ない早朝に狙うのであれば高尾山口周辺もありかもしれませんが、登山は日が登ると早くから行う方も多くいます。
無理せず少し遠くても安心出来る場所に停め、電車で移動したほうがスムーズだと思いますよ!


【ゴールデンウィークの高尾山の注意事項や服装は?】

004

高尾山は観光地ですから服装や準備もあまり気にしなくて良い……ということはもちろんありません。
目的は登山だということを忘れないよう、しっかり準備を整えてから向かうようにしましょう!


山頂には飲み物や食べ物が売られていますが、ゴールデンウィーク中の混雑はもう何度もお話した通りであり、ここで手に入れられる可能性は低いと思っておいたほうが安心です。
飲み物はもちろん、山頂でお昼を食べようと思っている場合は昼食も事前に準備をして持っていくようにしましょう。


登山はもちろん身体を動かすので、水分補給は絶対に必要です。
とはいえゴールデンウィーク時期は気温の変化が激しく、早朝から向かう場合は肌寒い時間もあるかもしれません。
一枚軽く羽織れる上着があれば良いと思います。


逆に汗かきの方は、登りだけでもう汗まみれという可能性もあります。
そのままの格好でいると風邪を引く危険もありますので、下着の替えを用意しておくことをおすすめします!


また道中休憩して軽く食べられる軽食(チョコレートなどがおすすめです)、山は天気の変化もありますので雨具、そしてハンカチやタオルは多少多目に持っていきましょう。
汗拭き用としてはもちろん、怪我した場合の保護にも使えるので数枚用意しておくと便利ですよ!


服装は動きやすい服装であれば大丈夫ですし、靴も本格的な登山靴などが必要な山ではありません。
履きなれた運動靴スニーカーが一番だと思います!


荷物はまとめてリュックサックに入れ、両手が空くようにしておきましょう。
あまり「あれもこれも準備しよう」と詰め込みすぎると荷物が膨らみ、登山中のすれ違い時などに困ってしまうことにもなりかねません。
家族で行く場合は自分の分は本人に背負ってもらうなど、分散しておくと良いですね。


【まとめ】

高尾山は登山場所としても有名で、山登りの難易度も低いのでこどもからお年寄りまで楽しむことができます。
その結果の混み具合なので、どうしても空いている時期……というのであればゴールデンウィークを外すしかないかもしれませんね。


とはいえせっかくの長期休暇、どこへ行っても混むのですから自然と触れ合える高尾山へ行くのは全然ありだと思います。
程よく暖かい季節の高尾山を、たっぷり満喫してきてくださいね!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です