セントル・ザ・ベーカリー待ち時間まとめ!平日は?焼き上がり時間は?

スポンサーリンク

buttered-18641_640

銀座にあるセントル・ザ・ベーカリーという食パンの専門店をご存知ですか?カフェも併設されており、こちらではこだわって焼いた食パンを使った本物志向のサンドイッチを楽しめます。ここで焼かれる食パンはとってもおいしいと評判で、開店前から行列ができるくらいなんですよ。あなたも食べてみたくなったでしょう?いつ行けば確実に食パンをゲットできるか、詳しくご紹介したいと思います!


スポンサーリンク

食パンといえばセントル・ザ・ベーカリー!なぜ人気?

セントル・ザ・ベーカリーは、2013年6月21日にオープンした食パン専門のパン屋さんです。カフェも併設されており、食パンを食べ比べしたり、出来立ての食パンを使用したサンドイッチを楽しむことができます。


セントル・ザ・ベーカリーへのアクセス

お店は、東京都中央区銀座の東京高速道路紺屋ビル1階にあります。複数の店を展開しているわけではないので、銀座に遊びに行かれた際にぜひ立ち寄ってください。

東京メトロ有楽町線銀座一丁目駅の3番口から徒歩3分の距離なので、アクセスも便利です。お店に駐車場はないので、注意してくださいね。お店の食パン販売は、10:00~19:00ですが完売次第終了となります。また、月曜日(祝日の場合は翌火曜日)が定休日となっています。


セントル・ザ・ベーカリーでは、3種類の食パンが販売されています。国産小麦使用の角食パン、アメリカ産・カナダ産小麦使用の角食パン(プルマン)、北米産の小麦使用のイギリスパンがあります。どの食パンもこだわって作られており、そのまま食べるのがおいしいパンや薄くスライスして焼くのがおいしいパンもありますよ。




セントル ザ・ベーカリー




セントラルベーカリー待ち時間情報!

注文の仕方やお値段は?

セントル・ザ・ベーカリーでは、1本が2斤となっており、3種類で1日3本まで購入可能となっています。行列に並んでいると、店員さんが注文を聞きに来てくれ、整理券を渡してくれます。注文後の商品や本数の変更は不可なので注意してくださいね。イギリスパンは1本756円ほどで、他の2種類はどちらも1本864円ほどです。支払いは現金のみとなっています。


いつから並べば買えるの?

午前10:00が最初の食パン販売です。この10:00からの販売のみ3種類の食パンから選ぶことができるので、平日・土日関わらず開店の1時間半前から行列ができます。もしも、3種類すべてをゲットしたいなら、平日の朝、開店の1時間半前から並ぶと良いでしょう。


3種類なくても構わず、とにかく食パンをゲットしたいと思われるならば、平日の午後2時以降にお店に行かれると良いでしょう。運が良ければ行列も短く、なおかつ待ち時間も15分程度で購入できると思います。


土日はどうしても多くなりがちですが、こちらも運次第です。自分の運に任せて、適当な時間にふらっと覗くのもよいかもしれません。


【CENTRE THE BAKERY】角食パン、最高!



セントル・ザ・ベーカリーの焼きあがり時間は?

bread_syokupan

セントル・ザ・ベーカリーでは、イギリスパンのみ1日1回の製造となっており、午前10:00から販売が開始され、なくなり次第終了となります。


ほかの2種類の食パンは、開店10:00以降は、焼きあがり次第販売されますが、きっちりと時間が決まっているわけじゃないので、運次第です。大体、1時間に1回焼き上がりますので、開店時間に行かない場合は、行列の長さと待ち時間で並ぶかどうかを考えた方が良いでしょう。


セントル・ザ・ベーカリーの食パン、予約は?店内で食べられる?

どんなに頑張って開店前に並んでも、自分の番が来る前に整理券がなくなって、完売になってしまう食パンもあることでしょう。そんな時こそおすすめなのが、カフェスペースで56席あります。ただ、食パン販売とカフェの行列は別になっているので、もう一度並ばないといけないので注意してくださいね。


カフェスペースの席は予約可能!

カフェの営業時間は、10:00~20:00までですが、ラストオーダーは19:00までです。カフェスペースの席は、予約することができます。確実に席を確保したい場合は、事前に予約しておくのも良いでしょう。予約用の番号は、03-3567-3106です。ただ、休日でも並ばずに入れることが多いようです。ちなみに、食パン販売の方は予約不可です。


気になるカフェのメニュー

カフェのメニューには、セントル・トーストセット(1050円~1575円)というものがあり、販売されている3種類の食パンを店内で食べ比べることができます。ジャムセットやバターセットなどがあり、約10種類のトースター20台も用意されているので、自分でトーストにして食べることもできますよ。また、厨房の手前にある炭火グリルで焼くことも可能です。


カフェメニューには、他にもフレンチトーストやクラブハウスサンドイッチ、フルーツサンドイッチ、黒毛和牛A4ランクのひれ肉を使ったビフカツサンドイッチなどもありますよ。


銀座「セントル ザ・ベーカリー」 食べログ東京「うどんが主食」の食べ歩き日記



【最後に】

toast-759670_640

セントル・ザ・ベーカリーの食パンは、他のお店の食パンに比べて、一回り大きいサイズであり、1本が2斤からでちょっと値段も高め、さらに行列に並んで買うしかないとハードルが高いのですが、そこまでしてでも買いたくなるほど、とってもおいしい食パンです。

リピート率も高いので、開業して数年たちますがまだまだ行列が消えることはない人気です。カフェのメニューも絶品が多くて、食パン販売よりも利用しやすいので、合わせておすすめですよ。ぜひ、一度食パンを買いに行ってみてくださいね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です