オホーツクの流氷の見頃時期はいつ??流氷はどこからくるの?海明けとは?

スポンサーリンク

001 冬のオホーツク海といえば流氷。北海道の冬の風物詩として有名ですね。分厚い氷が海を覆う様は圧巻!一度はオホーツクの流氷を見てみたいですよね。
そこで今回はオホーツクの流氷について、見頃や、見どころ、流氷トリビアなど流氷にまつわるエトセトラ、ご紹介したいと思います♪


◎こちらの記事も読まれています!
・2月のお祭り・節分・バレンタイン・梅まつり特集!

スポンサーリンク

【オホーツク海の流氷、いつが見頃時期なの?】

オホーツク海の流氷が観測されるのは、1月中旬~3月中旬。2月から流氷が増え始め、見頃は2月中旬~3月上旬となります。かなり短い期間なので、予定は早めにたてましょう!


ちなみにオホーツク海とは、サハリン、クリル列島、カムチャッカ半島に囲まれた海で、北海道の北東に位置します。北海道の地図で言うと、右上の部分がオホーツク海沿岸です。


【オホーツク海の流氷時期の見どころ3選!】

流氷が見れるおすすめのエリアと見どころをご紹介します♪


◆1.紋別エリア

紋別では流氷クルーズで有名なガリンコ号に乗れます。ガリガリと音を立てて流氷を砕いて進むのは迫力満点!
他にも、紋別には360度オホーツク海が望めるオホーツクタワー、オホーツク流氷科学センターGIZAなどがあります。


また、2月には紋別流氷まつりも開催されるので、併せてチェックしてみては。


◆2.網走エリア

002

網走では大型の流氷クルーズ船おーろらに乗れます。大型船ならではの安定感があります。
他にも、網走ではオホーツク流氷館で流氷に触れることもできます。


さらに、網走駅~斜里駅までは流氷列車・流氷ノロッコ号が走っていて車窓から流氷を眺めることができます。


◆3.知床・斜里エリア

知床ではなんと、流氷ウォークを楽しむことができます!
流氷ウォークでは、ガイドと一緒にドライスーツを着て流氷の上を歩いたり、流氷と一緒に海に浮かんだり!と、かなりアクティブな体験ができますよ。


野生のワシや、運が良ければ流氷の天使といわれる“クリオネ”を見ることができるかも!?


また、知床は他のエリアよりも流氷の接岸確率が高く、他のエリアで見れなくても知床なら見れることもあるそうです。

スポンサーリンク

ちなみに、流氷クルーズは1月~3月のシーズン中は混雑しています。近年は海外からのツアー客も増えていて、予約は必須です!


2016流氷砕氷船「ガリンコ号Ⅱ」「おーろら号」の乗り比べ+ボンバルディアQ4A


【流氷トリビア!流氷はどこからくるの?】

003

ここでは流氷にまつわる「?」にお答えします!


◆・流氷はどこからくるの?

流氷は北海道から約1000キロ離れたロシア・アムール川からやってきます。
ロシアから次第に大きくなりながら流氷はオホーツク海沿岸に押し寄せてきます。


◆・夏になったら溶けるの?

流氷は海水が凍る1.8℃以上になると溶け始めます。だいたい3月中旬ごろから溶け始め、4月には全て溶けてしまいます。
夏といわず、春にはもう溶けてしまうんですね。


◆・流氷の大きさは?

流氷の大きさは大小さまざま。一番小さいものは、まだ出来たばかりの数ミリの氷晶。大きいものだと数十キロに及ぶものも!


ちなみに厚さは、オホーツク海北部で1メートル、北海道付近では40~50センチほどです。


【オホーツク海明けってどういう意味?】

004

「海明け」という言葉をご存知ですか?春になり流氷が沿岸から離れると、一斉に漁が始まることを「海明け」と言います。
海明けまでの間は海が流氷に覆われ、漁は出来ないんです。


そして、海明けの時期には極上の毛ガニがとれます!海明けの時期の毛ガニは、流氷に含まれる栄養満点の植物プランクトンを餌にしているため、身がぷりぷりでミソもたっぷりなんだそう。


う~ん、聞いているだけでよだれが…海明けの時期にしか食べれない毛ガニ、一度は食べてみたいですね!


【まとめ】

005

冬の風物詩、オホーツク海の流氷、実は限られた時期にしか見れない貴重なものです。しかも温暖化の影響で年々流氷は減ってきています。


まだ見れる今だからこそ、見に行っておきたいものです。海明けグルメの毛ガニもぜひ味わってみたいですね!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です