ひらかたパークのプール2019!開催期間は?場所取りのルール、浮き輪などの持ち込みはOK?

スポンサーリンク
プール・じゃぶじゃぶ池・水遊び
スポンサーリンク

大阪にあるひらかたパーク(ひらパー)にあるプールエリア ザ・ブーンは、夏になると公開されます。

プール以外にもいろんなエリアが用意されており、総合的に楽しめるレジャー施設です。

まだプールに行ったことがない人は、ぜひ今年は遊びに行かれてみてください!

スポンサーリンク

ひらかたパーク(ひらパー)のあれこれ

アクセス情報

ひらかたパーク(大阪府枚方市枚方公園町1-1)

公共交通機関:京阪電車「枚方公園口」下車

駐車場情報

駐車場:普通車1,500円

プール ザ・ブーン2019!開催期間は?

開催期間:2019年7月6日(土)~9月1日(日)

休園日:7月10日(水)、7月17日(水)

プール ザ・ブーンは、子供向けの「わんぱくプール」、徐々に深くなっていく「なぎさプール」と巨大流水プールの「ドンブラー」展望を楽しみながらのんびりできるプール「シエスタ」があります。

ひらパーのプール、ザ・ブーンの混雑具合

スライダーには、2つが無料でキディースライダーとハリケンスライダー有料の2つキャニオンライドとクライングチューブのスライダーがありますよ。

「ザ・ブーン」の営業時間は10:00~17:00(または18:00まで、または19:00)、で土・日・祝日などカレンダーによって変わります。

料金は入場料とプール使用料が必要で、大人が2,300円、2歳から小学生が1,300円です。

ひらパーのプール、ザ・ブーン 公式サイト:

プール ザ・ブーン | ひらかたパーク
真夏の太陽に焼かれたお肌をザ・ブーンでひんやり潤してください!ひらかたパークは京阪電気鉄道が運営する遊園地です。通称「ひらパー」。

場所取りのルールは?シートやテントはOK?

テントやパラソルの持ち込みは禁止となっていますが、ひらパー側が用意したパラソルがたくさんあるので、問題ないと思います。

敷物を持参して場所取りをする方は多いので、シートの持ち込みはOKのようです。

とにかくパラソルの下の日蔭はすぐに埋まってしまうので、良い場所を取りたい方は、午前中の10時までには行くようにしましょう。

浮き輪の持ち込みはOK?持ち物は?

浮き輪やビーチボールの持ち込みはOKです。

お弁当の持ち込みもOKなので、多くの家族がお弁当持参で行かれているようです。

ちなみに、プールエリアは喫煙コーナー以外は全面禁煙となっており、油性のサンオイルや日焼け止めを使用しての遊泳は禁止となっていますので、ご注意ください。

お得に楽しむためには?クーポンはあるの?

 

チケットをお得に入手できる「ひらパーGO! GO!チケット」がおすすめですよ。

これを利用すれば、下記の日程で入場料と電車の乗り放題料金がセットになっています。

京阪線版は、2019年7月6日(土) 〜2019年9月1日(日)※屋外プール「ザ・ブーン」入場料割引もあり

大津線版は、2019年3月9日(土)〜2020年3月1日(日)

ひらパーGo!Go!チケット|おトクなチケット|電車・駅のご案内|京阪電気鉄道株式会社
こころまちつくろう KEIHAN。京阪電気鉄道株式会社のオフィシャルWEBサイトです。

このチケットは各駅で購入できます。

さらに、関西ではおなじみのPiTaPaカードを持参すると、5名様までひらかたパークの入場料が2割引きになるそうです。

まとめ

いかがだったでしょうか。

ひらかたパークは、電車で販売されているチケットやピタパカードなどで割引になるのを知っていると、かなりお得に遊びに行けるんじゃないでしょうか。

ひらかたパークは、関西ではUSJに次ぐ人気の遊園地なので、プールエリアが公開されたら、ぜひ遊園地エリアと合わせて行かれてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました