バレンタインチョコを彼氏にあげない・職場にあげないのはあり?なし?

スポンサーリンク


バレンタインチョコって毎年用意するのが面倒だと思う人も多いんじゃないでしょうか?


最近は特に友チョコが流行っているので、気になる男性や彼氏への本命チョコ、職場やクラスの男子への義理チョコ、友達や同僚の女子への友チョコなど、女性個人が用意するチョコの数は年々増える一方です


中にはバレンタインデーのチョコを一切やらない人もいますね。
でも、バレンタインデーと言えば、恋のイベントです。
彼氏や気になる人にあげないのは“あり”なんでしょうか?


スポンサーリンク

バレンタインチョコをあえて彼氏にあげないのは効果ある?

彼氏にあげないのは、相手が日本人であれば“なし”でしょう。


外国人の彼氏の場合は、別にチョコレートをあげずにメッセージカードを贈るだけでもOKです。一番大切なのはいっしょに時間を過ごすことです。クリスマスシーズンと同じですね、お互いの愛を確かめ合う時間なので、デートをドタキャンしないように気を付けましょう。


ただ、相手が日本人の男の子ならば、甘いものが嫌いならば別ですが、チョコレートをあげないのは、もう冷めてしまっているとサインを送っているように見えるので、NGだと思います。もちろん、別れたいのであれば、分かりやすいサインになるのでおすすめです!


チョコレートじゃなくても、プレゼントを贈るのが一般的なので、何かしらプレゼントを用意した方がいいでしょう。男性からすれば、女性から何かしらプレゼントをもらえる少ない機会なので、何ももらえないのは寂しいと思います。


普段のデートからちょっとしたプレゼントをくれる男の子の場合は、バレンタインのチョコレートは特に喜んでくれるんじゃないでしょうか?


長く付き合っていると、プレゼントが照れくさい時もあるでしょうし、ハート型や大きなチョコレートを贈りにくくなるものですが、不器用さんは不器用ながらも用意すれば、きちんと相手に伝わるものだと思いますよ。


バレンタインに本命チョコ💕 型抜きチョコレートの作り方 how to make bon bon chocolate




バレンタインチョコを狙っている彼にあげないのは効果あるの?


あえてチョコレートを渡さないのは大きな賭け

狙っている男性が、女性にモテる相手であれば、きっとチョコレートをたくさんゲットできることでしょう。そんな相手であれば、普段からアタックしておいて、チョコレートも当然くれると思わせておき、あえてあげないで素っ気ない態度を取れば、こちらを気にかけてくれるかもしれません。


ただ、相手が自分の勘違いだったのかと思い、振り向いてくれない可能性もあるので、大きな賭けですね。バレンタインデーはライバルが増えるので、あえてスルーして、日常で猛アタックする方がいいと思います。


チョコレートをあげる場合は?

チョコレートをあげる場合でも多くの女子が義理チョコを渡しているタイミングで渡すのはNGです。チョコレートはあくまでも口実で、いかに相手に印象を残すかが肝心です。バレンタインデーの夜に渡すのもいいですが、呼び出したりせずにスマートに渡すようにしましょうね。


相手がモテるタイプじゃないと思うなら、チョコをあげて告白するのが手っ取り早いでしょう。告白せずとも、相手が自分に気があると気付いてくれればOKなので、ちゃんと手渡しするといいでしょう。


この時に義理チョコだと思われないように、ハートの形が入っているものをチョイスするといいと思います。また、彼氏ではないので、手作りではなく(怖がられるから)、市販のインパクトがあるチョコがいいでしょう。


バレンタインチョコをあげないことの駆け引き、成功する?


バレンタインデーにチョコをもらえるかどうかは、意外と男性側はシビアに考えていると思います。チョコの数も大事ですが、年齢が上がってくると、一つ一つの価値が重要になってきます。


義理チョコがたくさんもらえても嬉しいものではなく、本命チョコがいくつ貰えるかが重要でしょう。なので、相手が大人の男性ならば、本命チョコを渡すことで気があることのサインを送れるので、大いに活用すべきです。


告白してもいいですが、女性は相手から告白してもらいたいものですよね。
チョコレートを渡すだけでもいいでしょう。


モテる男性が相手であっても、積極的にアピールしている相手になびくものなので、チョコレートを渡しておくに越したことはないと思います。その他大勢に入ってしまっても、直接手渡せば土俵に上がることができますからね。


チョコレートをあげないという選択肢普段からとても仲がいいのに、バレンタインデーにモテモテになっている男性に対してのみ効果があるものだと思います。


バレンタインの義理チョコを職場であげないことの弊害は?


職場では、バレンタインデーともなると、女子会でお菓子やチョコレートを配るのが一般的ですね。そこに職場の男性が加わることはないでしょう。なので、女性に友チョコをあげないのはNGですが、男性にあげないのは一般的です。


もちろん、職場にいろんな業界がありますし、会社それぞれの空気があるでしょう。女性同士でも友チョコが必要ない職場も多いかもしれません。年齢が近い若い人の集まりであれば職場全体がバレンタインデー一色染まり、男女関係なく友チョコが飛び交うことでしょう。


逆に年齢に幅があり、同じ世代が少なく上が50代ともなれば、義理チョコも友チョコも不必要でしょう。同期だけで友チョコを贈りあうにとどまると思います。40~60代くらいの人の中には20~30代の女性からちまちまとしたチョコをもらっても困る人が多いでしょうし、普段から接点がない場合はあげる側もあげにくいでしょう。


そもそもバレンタインデーは恋のイベントなので、彼氏や旦那、想い人ではない人にはチョコをあげなくてもなんら弊害はないので、気にしなくてよいと思います。


【最後に】


恋が絡んでいるチョコレートは、やはりあげた方がいいでしょう。最近は義理チョコも友チョコも溢れているので、そういったチョコを一切配らずに、本命だけにチョコレートを渡せば相手に気持ちが届きやすいのでおすすめです。


クラスでのチョコは禁止になっている学校も多いですし、職場でも仕事に支障が出ることがあるので、あまりやらない方がいいでしょう。朝の忙しい時間に女性が配り歩けば、メールチェックの邪魔になります。朝が一番集中できる人も多いので、チョコを配る方が弊害となるでしょう。なので、職場でのチョコは控えた方がいいです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です