ひな祭り製作2017!保育園児向け動画付きアイデア3選!保管方法も!

スポンサーリンク

3月3日の桃の節句、この日に向けて保育園やおうちでもひな祭りの製作を考えていらっしゃると思います。
小さな子どもは個人差も大きく、どんな製作をすれば子どもが楽しめるのか悩みますね。
どうせならこの季節、そしてひな祭りにピッタリの製作を考えていきたいところです。


というわけで、保育園児向けのひな祭り製作のアイデアをいくつかご紹介します!
アイデアをそのまま使っていただくのも良いですし、このアイデアを参考に、より子ども達に向けた製作を考えるきっかけになれば幸いです。


また、せっかく作った完成品や絵などの保管に困っているおうちの方もいらっしゃると思います。
おすすめの保管方法などもご紹介しますので、ぜひ参考にしてくださいね!


スポンサーリンク

【保育園ひな祭り製作アイデア3選! その1 おだいりさまとおひなさま】

001

ひな祭りの製作といえば、やっぱり「おだいりさまとおひなさま」になりますよね!


用意するものはピンクとブルーの不織布や紙などを半円に切ったものをそれぞれ1枚、それより少し小さめに切った和柄(着物部分になります)の紙、そして顔のパーツもそれぞれ用意します。
頭の飾りなどの小道具も切り抜いて用意しておきましょう!
さらに画用紙、桜や梅などの花柄のスタンプをいくつか用意します。


製作部分としては画用紙にスタンプでポンポンと花柄を押し、それぞれのパーツで作ったおひなさまたちを糊で貼り付けていくだけです。
大きい年齢の子どもにはパーツ作りや切り取るところからやってもらうのも良いですね。


どこまであるもので済ませるか、どこまで下準備をするのかで大分時間や費用も変わってしまいます。
とはいえ見本さえ用意すれば同じように揃えていくだけなので比較的短時間で準備も進められると思います!


「自分で貼り付けてそれぞれ違ったおひなさまを作る」というのはそれぞれの個性も光り、子どもたちも喜びます。
完成品は並べて壁に貼るのも良いですし、おうちで作成の場合はひな壇に合わせて飾っておくのも良いですね!


こちらの動画が参考になりますので、ぜひご確認ください!


ひなまつり製作【保育士が子どもと作る製作】


【保育園ひな祭り製作アイデア3選! その2 紙コップのおひなさま】

002

次に同じく「おだいりさまとおひなさま」ですが、紙コップを使って作る方法をお話します。


準備するものは


紙コップ(おだいりさまとおひなさまそれぞれ2ついるので、合計4つ)
お花紙(着物部分になりますので、ピンクと青、その他カラフルな色合いがあると楽しいです)
顔を描くもの(クレパスやマーカー、シールなど何でも良いです)


になります。


まず最初に、紙コップの真ん中に線を引いてはさみで切ります。
小さいクラスの場合、この部分は先にやっておきましょう。
次に「顔を描くもの」で用意したクレパスなどを取り出し、顔を描いていきます。
この場合も小さい子どもは紙コップに絵を描くのが難しいので、小さいクラスの場合はシールなどにしたほうが良いですね。


頭の飾りを色紙などで準備して、糊で貼り付けます。
小さなクラスは事前に準備して貼り付けるだけだとスムーズに進められます。


顔が完成したら、もう一つの紙コップの上にお花紙を何枚か重ねます。
おだいりさまとおひなさまに合わせるのももちろん良いですし、好きなきれいな色を重ねても楽しめるポイントになります!
重ねた上から顔をぎゅっと乗せれば完成です!


こちらの場合、事前に準備するものがほとんど工作に使うものだけなので準備は簡単に進められます。
お花紙は楽天やアマゾンで1色100枚入り200円程度で販売されています。


子どもも自分で好きな色を選べるということ、立体的なおひなさまが作れるという嬉しいポイントもありますので、ぜひ作ってみてくださいね!


【保育園ひな祭り製作アイデア3選! その3 ゆらゆらひな人形】

003

こちらも紙コップを使って作るひな人形です。
ゆらゆらゆれるので見た目にも楽しく、子どももつついて遊ぶことが出来ます。


用意するものは紙コップふたつと紙で作ったひな人形の顔だけです!
顔部分を子どもに描いてもらう、紙コップに着物の模様をつけるなど細かく作ることも可能なので、年齢に合わせて考えてあげてくださいね。


作り方は紙コップの広がっている部分を半分に折り、両端を内側に折り曲げてテープで止めます。
止めた部分を裏側にしてテーブルに置くと……ゆらゆら揺れていますね!
この状態で顔や扇子などを貼り付ければ完成というお手軽さです。
物足りない場合は画用紙で簡単なひな壇を作り、そこに飾るのも良いと思います!


買う材料は紙コップくらいなので、100均で買えば安く済みます。
ゆらゆら揺らして子どもも楽しめますので、こちらもぜひおすすめします!


参考になる動画がありますので、こちらもぜひご確認くださいませ。


紙コップでつくるゆらゆら雛人形


【保育園で製作したもの・子供が描いた絵、どうやって保管している?】

004

保育園ではたくさんの絵や製作を行い、その絵はもちろんいずれおうちで保管することになります。
とはいえ毎年たくさん持ち帰ってきますし、どうやって保管すれば良いのか悩みますよね。


先輩ママもよくやっている方法として、保管しきれない絵や製作物は「写真に撮っておく」という方法があります。
どうしても家に置ききれないもの、大きすぎるものに関しては写真を取って保存し、現物は諦めて捨てます(もちろん子どもに見つからないよう、忘れる頃までは一時的にでも保管しておきましょう)。
大きな製作物に関してはこの方法が一番多いですね。


絵に関しては年度末にまとめてもらうことも多いと思いますし、製作バッグなどがある場合もあり、比較的保存しやすいです。
とはいえこれも大量になると困るので、余裕がある場合は大きなファイルを買ってきてファイリングしておくと良いですね。
どうしても保管しきれない、置き場がないという場合はやはり写真に撮ってから処分します。


子どもが頑張って作ったものを捨てるのはどうしても忍びなく、また親としても出来れば取っておきたいものです。
とはいえどうしても置き場のない、保管場所が足りない場合はあります。
そんなときはこのように写真に撮って、成長の1ページと一緒に残しておきましょう!


【まとめ】

ひな祭りの製作をいくつかご紹介してきましたが、いかがでしたか?
同じ紙コップを使うにしても紙コップに着物を描いたり貼り付けていく方法もありますし、折り紙で作る方法もあります。
アレンジして年代や子どもに合わせ、みんなで楽しく作っていけるようにしていきましょう!


また保管方法についても本当に悩むところです。
どうしても置き場所のないものに関しては仕方ありませんが、しばらく家に飾っておくなど子どもも親も喜べる方法を考えていきましょう!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です