琵琶湖開き2018!今年の1日船長は誰?みどころ完全ガイド!

スポンサーリンク

日本で一番大きい湖が「琵琶湖」であることは広く知られていますが、そんな琵琶湖で春を告げるイベント、「びわ湖開き」が毎年開催されていることをご存知でしょうか。


びわ湖開きイベントの歴史は長く、2018年でなんと63回目にもなるほど繰り返されています。


またびわ湖開きでは毎年芸能人の方が「一日船長」を務めるなど、イベントとして見てもチェックしておきたい魅力があります。

ぜひ2018年のびわ湖開きがいつなのか、一日船長は誰なのかなど、現在出ている情報をチェックしておきましょう!


スポンサーリンク

【3月の琵琶湖といえば「琵琶湖開き2018!」



びわ湖開きは毎年3月の第二土曜日に開催と決まっていますので、次回2018年のびわ湖開きは


3月10日(土)


だと思われます!


もちろん変更の可能性もないわけではありませんので、びわ湖開きが近づいたらもう一度チェックしておいてくださいね。


琵琶湖の歴史は古くなんと400万年もあり、そんな大切な琵琶湖の湖上の安全、そして環境保全を呼びかける大切な行事が「びわ湖開き」なんです。

もちろん「びわ湖開き」の名前通り、観光シーズンがはじまるという意味合いもあります。


琵琶湖の環境保全は地元の方にとってはもちろん、琵琶湖と関わる全ての方が大切にしなければならないものです。

そういった意味、そして観光的な意味でも、びわ湖開きは大切なイベントだということが分かりますね!


びわ湖開きでは朝の9時半から開会式、そして遊覧船「ミシガン」にて一日船長となったゲストに「黄金の鍵」と呼ばれる近江神宮でお祓いを受けた神聖な鍵を渡し、琵琶湖の春の扉を開くというイベントが開催されます。


黄金の鍵の長さはなんと170cm、人の身長ほどもある大きな黄金の鍵を琵琶湖に投げ入れることで春の扉を開き、一年の湖上の安全を祈願します。




【琵琶湖のことどれぐらい知ってる?琵琶湖トリビア】



琵琶湖が日本で一番大きな湖というのは有名ですが、そもそも琵琶湖がどんな湖なのかを知っている方はあまり多くないのではないでしょうか。


琵琶湖は日本最大の面積、そして貯水量を誇る湖で、その湖水は瀬田川、そして京都の宇治川、大阪の淀川と流れていきます。

琵琶湖の面積は滋賀県全体の1/6と広く、周囲の山地から水が流れ込んでいるんです。


また昔から水上交通路としても利用されていて、主な港だけでも10以上の港が存在しています。

琵琶湖が作られたのは約400万年前、現在の場所となったのは100から40万年前という古代湖でもあり、50種以上の固有種、1000種を超える動植物が存在しています。


代表的、有名なものとしてはビワコオオナマズ、ホンモロコやビワヒガイ、ビワマスなど、またビワミジンコなども存在しています。

水草も固有種としてサンネンモやネジレモ、琵琶湖固有のプランクトンなど、琵琶湖はたくさんの生き物の住処でもあるんですね。



しかし近年はブルーギルなどの外来種の侵入や内湖の消失などの要因によって消えつつある種も増えており、滋賀県では外来種の駆除や生態系に配慮した水位など、環境保全のためにも積極的に活動しています。


琵琶湖の南のほうは見た目にも正直足をつける気持ちにならない水となってしまっていますが、上のほうまであがるときれいな水になり、泳げる場所もあります。

近江舞子の水泳場マキノサニービーチ、北比良水泳場など駅から徒歩10分圏内で泳げる場所がありますので、ぜひ夏のお楽しみにしてはいかがでしょうか!


【琵琶湖開きの楽しみといえば「1日船長」!今年は誰?】



びわ湖開きで最も盛り上がる黄金の鍵を投げ入れるイベント、これに欠かせないのが「一日船長」です。


一日船長は芸能人からと言いましたが、毎年主に選ばれるのはNHK連続テレビ小説に出演する女優さんからとなっているんですね。

2017年の場合は「べっぴんさん」に出演されていた「土村芳さん」が任命されていました。


2016年は吉岡里帆さん、2015年は柳ゆり菜さんとやはり連続テレビ小説に出演していた方が一日船長に任命されていますので、次回も同じように選ばれると思います!


船長を近くで見るには、びわ湖開きの湖上パレードに参加する観光船などのチケットを手に入れることが一番だと思います。

チケット販売や申し込みなどはびわ湖大津観光協会事務局(077-528-2772)にお問い合わせくださいね。


また乗る船「ミシガン」ですが、これは琵琶湖の南側を周遊する外輪船で、船上でも様々なイベントが開催されている船なんです。


滋賀の方にとっては馴染みの深いミシガンですがとても大きな船で、乗るだけなら予約も必要ありません。

ぜひ機会があればびわ湖開き以外の日にも遊びにいってみて、ぜひミシガンに乗船してくださいね!


【その他 琵琶湖開きのみどころ3つ!】



びわ湖開きがどんなイベントなのか、ミシガンとは何かも大体分かりましたので、次にびわ湖開きの見どころもチェックしていきたいと思います!


◎見どころ1:開会式

やっぱりイベントは最初から見ておきたいもの、船長の帽子が渡されるなどびわ湖開きの開幕を感じられる開会式は見どころです!


びわ湖開き



近くで一日船長の姿を見るのももちろん良いですし、ちょっと離れたところから噴水やミシガンの出向を見届けるのもまた違った楽しみがありますよ!


◎見どころ2:黄金の鍵

びわ湖開きで最も盛り上がる一日船長による黄金の鍵を琵琶湖に投げ入れるイベントは、やっぱりできればチェックしておきたいところです!


びわ湖開き



こちらの動画ではびわ湖開きの幅広い紹介、そして動画の3分ほどの場所に黄金の鍵を投げ入れていますので、ぜひ見ておきましょう!


◎見どころ3:ライトアップ

昼間でも見て楽しめる噴水ですが、夜になるとライトアップされたひと味ちがう噴水を見ることが出来ます。

ライトアップはびわ湖開き当日でなくとも見ることができますし、びわ湖開き当日は花火も打ち上げられますので、ぜひ昼間だけではなくできれば夜まで楽しんでいただければと思います!


【まとめ】

琵琶湖自体は広く知られているものの、毎年行われているびわ湖開きについてはあまり知られていない部分があります。

琵琶湖の春のおとずれ、そして一年の安全と環境保全を祈る大切なイベント、地元の方はもちろん、遠くの方もぜひ一度ご自分の目で見ていただければと思います。


今年の春はぜひ琵琶湖へ、そしてびわ湖開きを一日楽しんでみてはいかがでしょうか!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です