亀戸天神梅まつり2019!300本の見頃は2月中旬!江戸切子や名品市などイベント豊富!

js745_umemacro
亀戸天神梅まつりはこじんまりとしていますが、江戸切子の実演やお茶会、亀戸天神手作り市などイベントがたくさんありますよ。最近、人気がある御朱印集めも祭り期間中は特別仕様なので、とってもおすすめですよ!

スポンサーリンク

亀戸天神梅まつり2019!日程は?祭りの歴史は?

例年2月上旬~3月上旬(2018年は2月4日(日)~3月4日(日))にかけて開催される亀戸天神梅まつりは、東京都江東区にある亀戸天神社で開催されます。亀戸天神社は菅原道真公の子孫である菅原大居信祐公によって1662年に建てられました。菅原道真公を祀っていることから梅の木が300本植えられており、梅の名所として知られているんですよ。

梅祭り期間中でも、2月25日は多くのイベントが開催されます。午前10時から14時までの時間に、甘酒、お茶会、江戸切子実演販売、亀戸名品市などを楽しむことができますよ。

20180217 【動画】 亀戸天神 香取神社 梅まつり




300本の梅の見頃時期・開花状況/予想は?

境内にある300本の梅には、早咲きの梅も遅咲きの梅もありますが、見ごろは2月の中旬から3月の上旬です。早咲きの梅を見るなら、1月の中旬がおすすめですよ。3月の上旬が一番賑わっていると思います。

品種としては、思いのまま、月影、白加賀、紅筆、紅干島、呉服枝下などがありますよ。

亀戸天神 梅まつり 2018  plum blossom


亀戸天神の御朱印はおまつり期間中でもいただける?

亀戸天神の御朱印帳は1000円~で購入できます。梅と藤、太鼓橋が描かれた藤色の生地が気品がありますよ。御朱印の初穂料は300円で、社殿右手にある授与所でもらうことができます。

梅まつり期間中には、梅まつりの押印が増えるので、ちょっとレア感がありますよ!

亀戸天神社


亀戸天神梅まつりの楽しみといえば!お茶会・切子実演・名品市!

切子実演

江戸切子の実演販売が開催されます。亀戸天神境内本殿前で職人さんの実演を見られますよ。なかなか見れるものではないのでおすすめです。



亀戸天神鷽替え(うそ替え)神事2019!時間は?当選する確率は?

お茶会

梅の花を眺めながら、ゆったりとお抹茶とお茶菓子を楽しむことができます。ぜひお花見に活用してください。

名品市や亀戸天神手作り市

亀戸名品市では、江戸切子はもちろんのこと、商店街からの出店もあり、洋菓子や和菓子も販売されます。

また、亀戸天神手作り市では、オリジナルのアクセサリーや雑貨が販売され、ワークショップやセミナーも楽しめますよ。

【最後に】

elfa86_shidareume
いかがでしたか?亀戸天神梅まつりでは、イベントが開催されるのはたった一日ですが、梅の観賞は祭り期間中ならいつでも楽しむことができます。様々な品種の梅が植えられているので、数回訪れて変わる景色を楽しむのも楽しいと思いますよ。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です