三重県尾鷲ヤーヤ祭り2020!垢離掻きとは?混雑状況は?見どころ総まとめ!

スポンサーリンク
2月のお祭り
スポンサーリンク

尾鷲ヤーヤ祭りをご存知ですか?

日本中にある奇祭の一つとして知られています。

毎年ニュースなどでも報道されるので、男性たちが裸で海に入るシーンを思い浮かべる方も多いかもしれませんが、実は見どころはそれだけじゃないんですよ。

スポンサーリンク

三重の2月の風物詩!尾鷲ヤーヤ祭りってどんなお祭り?

尾鷲ヤーヤ祭りは、尾鷲北浦町の尾鷲神社が拠点として、毎年2月1日から5日までの5日間で開催されます。

開催日:2020年2月1日(土)~2月5日(水)

約300年前から続いているお祭りとして知られていますが、起源は不明だそうです。

20ほどの町から集まった白装束を着た男性陣総勢600名が「チョウサじゃ!」の掛け声とともに激しくぶつかり合って町を練り回るのが、異様な雰囲気を醸し出すお祭りです。

無事に年を越えて、15歳以上の一人前の若者になったことを祝うお祭りでもあるようです。

最近は、他県の方でも、申し込みをすればお祭りに参加できるそうですよ。

尾鷲神社 公式HP:

尾鷲神社 天下の奇祭 ヤーヤ祭り
宗教法人尾鷲神社は、三重県尾鷲市にある、東紀州の古郷、天下の奇祭ヤーヤ祭が行われる神社です。

白装束の男がぶつかり合い 三重・尾鷲でヤーヤ祭り

尾鷲ヤーヤ祭り~手踊り~

尾鷲ヤーヤ祭りといえば「垢離掻き」!どんなことをするの?

尾鷲ヤーヤ祭りの一番の見せ場は、5日目の午後6時ごろから始まる「垢離掻き(こりかき)」です。

わりと海の飛び込むお祭りって日本中にあると思うんですが、尾鷲ヤーヤ祭りがすごいところは、2月という真冬に全裸で飛び込むことです。

尾鷲港魚市場に脱衣所が設けられるそうです。

「垢離掻き」は清めの儀式だそうで、海で清めた後は、提灯を受け取ってお祈りをするそうですよ。

2019年 平成最後のヤーヤ祭り 垢離掻き

その他、尾鷲ヤーヤ祭りの見どころ3つ!

練り

このお祭りの目玉の一つである「練り」は、2日目晩から4日までの毎晩行われます。

20の町から選ばれたその年の3つの祷務町の祷屋前で、各町の若者が喧嘩のようなもみ合いを仕掛けますよ。

壱番祷・堀町での練り(2月4日)~平成28年尾鷲ヤーヤ祭り

大名行列・道中踊り

5日目の昼12時ごろから、大名行列と各町から出された道中手踊りが林町通りをスタートし、旧熊野街道を通って、尾鷲神社まで練り歩きます。

大弓の儀

5日目の午後7時頃に、尾鷲神社境内の弓場で3つの祷務町の弓射3人が紀州小笠原流の古式作法の弓射を見ることができます。

アクセス情報、混雑予想は?避けるべき日時は?駐車場はあるの?

尾鷲神社

公共交通機関:JR紀勢本線「尾鷲駅」から徒歩約20分。

5日間と長めのお祭りであり、2日目から5日までは同じ内容が行われるので、さほど混雑するお祭りではないようです。

ただ、最初の日と最終日はイベントが多いので混雑することもあるので気を付けてください。

周辺には有料のパーキングエリアがありますが、数が少なめなので電車などで行かれた方が良いでしょう。

lampion-671734_1280

まとめ

いかがでしたか?

自分の街にはない奇祭って珍しくて、興味をそそられますよね。

2月に行われるお祭りであり、夜にも見どころがあるので、しっかりと防寒対策を行って出かけてくださいね。

男性は他県でも参加できるので、興味がある方は体験してみてはいかがですか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました