三重県尾鷲ヤーヤ祭り2022!垢離掻き(こきかき)とは?

2月のお祭り
威勢の良い「チョウシャジャ」の声や小太鼓、ほら笛も聞こえない中、令和4年2月1日(火)午前零時!に御扉開き式が行われました。
昨年同様にコロナウィルス感染症の現状を踏まえ、梼務町、神社総代、神職で慎重に検討を重ねた結果、今年も神事は御鎮座いただいている大神等に感謝申し上げるために執行!!
そして、この祭りの伝承伝統を保持するために大弓の儀・御獅子の出御・祷渡しを執り行う事と致しました。
しかし、第6派オミクロン株の影響もあり、残念ながらヤーヤ祭り(尾鷲神社例大祭)で賑わう氏子が中心となる祭事(練りや大名行列、道中手踊りなど)はソーシャルディスタンス(3密)が保つことや子ども達にも安心に参加できないと判断して取り止める事となりました。
今年の神事・祷渡しの大役を務める祷務町は、1番祷~大曽根町、2番祷~堀町です。(昨年から3番祷は休祷)
この梼務町と協力し、神職、神社総代有志の少数でヤーヤ祭りの神事を厳かに粛々と執り行います。
特に祷務町を務めている大曽根町・堀町は、他の手伝町(今年も不参加)の分まで大切な神事を担いますので、かなりプレッシャーもかかりますが、大神等の御神威を戴きながら楽しんで大役を務めてもらえたらと思います。
尾鷲神社公式サイトより

尾鷲ヤーヤ祭りをご存知ですか?

日本中にある奇祭の一つとして知られています。

毎年ニュースなどでも報道されるので、男性たちが裸で海に入るシーンを思い浮かべる方も多いかもしれませんが、実は見どころはそれだけじゃないんですよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました