看護師になりたいけど血が苦手・・・血には慣れるもの?克服方法は?


誰にでも苦手なものがありますよね。
私の場合は、「高所」なのですが、それは特に日常生活で影響はありません。


しかし、看護師を目指している人の苦手なものが「血液」だった場合は?
確実に仕事に支障が出ます。
でも、夢は諦めたくないですよね。


そんな看護師にとって致命的と言える「血液恐怖症」。
その原因を知り対処することで、夢を諦めずに済むかもしれません

今回は、その血液恐怖症について、詳しくお話したいと思います。


スポンサーリンク

血を見ることが苦手・・・ 血が苦手な人の理由は?


血液恐怖症の症状がある人の割合は、人口の5%程度と言われています。
20人に1人の割合と言われたら、結構多く感じませんか?


血液恐怖症の原因として、

・幼少期に大きなけがをして、多量の血を流した。
・事故や怪我をして出血している人を見た。

などのトラウマによるものの他に、
何の原因かもわからずに突然気分が悪くなるということがあげられます。


そして意外にも血液恐怖症は、男性に多いのも特徴
男性は、女性の生理のように定期的に血を見る機会がなく、「このくらいのことで気分が悪いと言えない…。」と、物事をギリギリまで我慢する傾向があるためです。


血液恐怖症と我慢することって関係ないじゃんって思いますよね?
それが、大いに関係あるんですよ。


迷走神経反射」という言葉をご存じですか?
実は、何らかの恐怖症の人が訴える症状には「迷走神経反射」が影響しています。
迷走神経反射は副交感神経の中のひとつで、生命の維持に欠かせない活動の調整を担っているんですね。


それは、

・精神的ストレス
・過度な疼痛
・臓器内疾患

によって刺激されます。


簡単に説明すると、

血液を見て、ストレスを感じる⇒嫌な気分になり心拍数が上がる⇒迷走神経が過剰に反応して心拍を抑えようとする⇒急激な徐脈、血圧低下⇒全身に血液が回らなくなる⇒脳が虚血状態になる⇒ふらつきや失神を起こす

こんな感じです。


迷走神経反射は、誰が起こしてもおかしくない症状です。
だから自分だけがおかしいのかも…。と悩む必要はありませんよ。



看護師になりたいけど血を見るのが苦手・・・ そんな私でも看護師になれる?


私は手術室で働いていました。
時々看護学生が見学実習に来るのですが、やはり何人か「気分が悪い」と言って休憩室で横になる人や、ひどいときにはその場で倒れてしまう子もいました。


聞くと大抵、「なんともないと思っていたのに、急に気分が悪くなって…。」という返答が帰ってきました。
慣れない環境での実習というストレスに対して、過剰に迷走神経が反応した結果起こった症状です。


同じ看護師の仲間でも、「小さいころは血が苦手だった。」という人は結構います。しかしみんな、「いつの間にか慣れていた」と言っていました。


確かに、血が苦手なままで看護師の仕事を続けるのは困難ですからね。
常に血を見る状況に置かれると、慣れて平気になるものです。


でも、中にはどうしても慣れることが出来なかった友人もいて、今はリハビリ特化型のデイケアで働いています。このように働く場所を選べば、看護師を続けていくことは出来ますよ!


血を見るのが苦手な人が看護師になるために、どうやって克服する?


血液恐怖症が不安だけど看護師になりたいという人は、それを克服する努力が必要ですね。


<血液恐怖症の克服方法>

1. 誰かと一緒に、あえて血液の画像や映像を見る。
(リラックス出来る場所で)


2. 誰かに血液が苦手になった原因を話す。


3. 迷走神経反射が起こらないような状況を作る。

・1日2ℓの水分摂取。
・適度に塩分を摂る。
・トイレを我慢しない。
・少しでも体調に異変を感じたら、すぐに座るか横になる。


恐怖症の人にとっては荒療治になりますが、一番の克服方法は「血液に慣れること」で、迷走神経反射を起こさないことです。挑戦してみるのもいいと思いますよ。


看護師あるある・・血液以外で最初は抵抗があったけど、慣れてしまったものとは?


大抵の人がそうだと思いますが、私は人の排泄物や吐物が苦手でした。
嘔吐している人につられて気分が悪くなることもよくありました。


しかし看護師として働いていると、嫌でも他人の吐物を片づけたり、排泄物の観察をしなければなりません。臭いも強烈だし、他人の排泄物が自分についてしまうという大惨事になることもしばしば…。(涙)


もちろん、最初は辛かったですよ。
でもね、慣れるんです


いつの間にか、今日は便の色がおかしいね~とか、消化出来ていないね~などとしっかり観察出来るようになるんですよ。おかげで、自分の子供の吐物や排泄物なんて、何とも思わなくなりました。


むしろ臭いすら感じない。
ある意味、麻痺です。(笑)
子供が体調不良で吐いても常に平然としているので、いつも家族に感謝されていますよ。


【まとめ】


血液恐怖症は過去のトラウマが大きく関係し、それをストレスに感じるために迷走神経が過剰に反応して起こることがわかりましたね。


急激に気分が悪くなるのはもちろん、冷や汗やあくびが出たり視界がぼやけてきたときも迷走神経反射の前兆ととらえて、すぐに横になりましょう


そして、その血液恐怖症を克服する方法として、

1. あえて血液の画像や映像を見る
2. 血液が苦手になった理由を話してみる
3. 迷走神経反射を起こさないように、トイレを我慢しない、脱水予防をする。

ことを実行してみるのもいいですね。


看護師になりたいのに、血液が苦手だと不安に思う人も多いと思います。
しかし、多くの看護師がそれを克服しているように、血液恐怖症は克服できる症状なのです


それでも、どうしても克服できずに悩んでいるのなら、
企業内看護師やデイケアで働くことも出来るので安心してくださいね!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です