群馬の新年といえば!「少林山のだるま市」2017の見どころ総まとめ

スポンサーリンク

01

群馬県高崎市で新年の風物詩として人気のあるお祭り、それが「七草大祭だるま市」です。


だるまは選挙や受験などの必勝祈願に使われることが多い縁起物です。そんなだるまが大量に売られているのがこのお祭りです。大小色とりどりのだるまが大量に売られているので、行くだけでもパワーがもらえそうですよね。


そんな七草大祭だるま市の
歴史や2017年の開催概要
アクセス方法や駐車場情報
みどころ

などについて紹介していきます。


スポンサーリンク

【群馬の1月といえば!少林山のだるま市2017ってどんなお祭り?】

02

◆だるまの一大産地

だるまといえば、小林山の達磨寺といわれるほど高崎はだるまの産地としても有名です。


高崎がだるまの一大産地となったのには理由があります。江戸時代の半ば、天明の大飢饉という約6年もの間冷害によって農作物の不作が続きました。この飢饉で苦しんでいた農民を救うべく、当時の達磨寺の住職が農民の副業となるように達磨の作り方を教えたのが高崎の達磨の発祥とされています。


現在でも高崎市内に50以上のだるま工房があり、年間120万個のだるまを出荷しています。


◆だるま市とは

日本の福だるま発祥の小林山で毎年1月6~7日に行われる達磨寺のお祭りです。達磨寺の御本尊である霊符尊光臨の吉日が1月7日で、前夜祭の6日から毎年この2日間に行われています。その中でも7日の午前2時が一番御利益がある時間とされる為、だるま市は夜通しで営業しています。全国各地でだるま市は開催されますが、小林山のだるま市は日本最大の規模で、露店は約200、20万人以上の人出で賑わいます。


少林山のだるまは、眉がツル、髭がカメを表していて、とても縁起がいいと評判を呼んでいますが、お店によっても少し顔が違いますから、お気に入りのだるまを探す楽しみもあります。


出典:群馬 高崎 少林山 七草大祭 だるま市 Takasaki Gunma Japan Daruma market


◆開催概要

名称:七草大祭だるま市
日程:2017年1月6日(金)正午~7日(土)14:00頃まで
場所:少林寺達磨寺 (群馬県高崎市鼻高町296)
人出:20万人以上


◆アクセス方法

・<車の場合>

関越自動車道 前橋IC約20分、藤岡IC約30分
上信越自動車道 高崎IC約30分、松井田妙義IC約35分


・<電車・バスの場合>

・JR高崎線 高崎駅
タクシー 約15分
バス ぐるりん小林山線 「小林山入り口」下車
   群馬バス 安中車庫行き 「八幡大門前」下車


・信越線 群馬八幡駅
徒歩 約19分
タクシーで 約5分


◆駐車場

だるま市の際に使用できる有料駐車場です。この他にも駐車場はありますが、当日交通規制が敷かれていますので、事前に通行できる道にある駐車場か確認してから行きましょう。

スポンサーリンク

・八幡小学校 200台
・ファーストゴルフクラブ 150台
・児童公園 332台
・観音山ゴルフクラブ 60台


だるま市交通規制図


【少林山のだるま市2017のみどころ その1:だるまだらけのお祭り】

03

達磨寺のだるま市というだけあって、本当にいたるところ「だるま」だらけです。露店のだるま屋さんでは、大きさも色も様々なだるまが売られています。達磨寺の売店では巨大だるまが出迎え、お守りや絵馬もだるまの絵・形をしています。


最近は人気のキャラクターのだるまもあったりするので、子どもと行っても楽しめるお祭りですよ。ただし、達磨寺に行くまでには153段の石段があるので、子ども連れの場合は昼間に行った方が良いでしょう。

 

【少林山のだるま市2017のみどころ その2:星を見ながら高崎グルメ】

もともとだるま市は「七草大祭」と呼ばれるお祭りです。達磨寺の御本尊である霊符尊は、北極星と北斗七星を神格化した神様で、だるまを売る前は、星を見ることがメインのお祭りでした。
お正月が明けたばかりの高崎市の夜はとても寒いですが、その代わり空気が澄んで星を見るには最適です。達磨寺の星祭りとしても楽しんでみてはいかがでしょうか?


飲食系の屋台もたくさん出ていますので、高崎のB級グルメ「焼きまんじゅう」を片手に冬の星空を見上げてみましょう!

 

【少林山のだるま市2017のみどころ その3:御朱印】

04

最近は、お寺の御朱印を集めるコレクターもいるほど、御朱印が人気を集めているそうです。


達磨寺でも御朱印を頂けますが、最近はマナー違反のコレクターも多いのだとか。本来御朱印は写経を収めた証明として頂くものですから、必ず写経をしてから境内の寺務所に持って行きましょう。
ちなみに、写経せずに御朱印をもらおうとすると、ご住職から説教を頂くことになりますので、ご注意を!こちらは御朱印の本来の意味を大事にしているお寺なのです。


達磨寺で販売している御朱印帳は、表紙に達磨が描かれていて可愛いので、おすすめですよ。

 

【さいごに】

小林山だるま市は
群馬県高崎市にある小林山達磨寺のお祭り
江戸時代の飢饉の後に当時の住職が農民の副業にだるまの作り方を教えたのが福だるまの発祥
現在では日本のだるま生産量80%を占める

2017年の開催は1/6(金)正午~1/7(土)14時頃まで


達磨寺の御利益を一番もらえるのは7日の深夜なので、他のお祭りとは違い、深夜でも人の波は引きません。混雑はしますが、せっかくの星とだるまのお祭りですから、ぜひ夜に楽しんでいただきたいものです。

スポンサーリンク