お別れ会の出し物アイデア2016!小学校を巣立つ子供へのサプライズはこれで決まり!

スポンサーリンク

roses-142876_1280

お正月が過ぎるとすぐに、春から中学生になる6年生に向けて、学校では定番の6年生を送る会の準備が行われますよね。


保護者や、先生一同、低学年が贈れる出し物のアイデアをお探しの方は、ぜひこの記事をチェックしてみてくださいね。


スポンサーリンク

親から小学校を巣立つ子どもたちへ贈る「鉄板」お別れ会の出し物アイデア


6年生を送る会などで、親が余興に出てくることはほとんどないと思いますが、一部PTAなどで、劇やダンスなどの余興を行う場合もあるようですね。


ですが、多くの場合の定番は、思い出の写真を流すスライドショーです。6年間の思い出の詰まった写真を各家庭から出してもらい、スライドショーにまとめて、会の終わりの方で流してもらいます。


BGMに子供たちが合唱コンクールなどで歌った録音を流すのも、素敵な演出ではないでしょうか。


平成25年送別会



先生達から小学校を巣立つ生徒へ贈る「鉄板」お別れ会の出し物アイデア!

先生たちによる余興としては、職員一同による合唱や劇、楽器演奏などが定番のようです。楽器の演奏は特に人気があるようです。


教員の中には必ず、ギターを片手に弾き語りをしたい人がいるものなので、その人を中心にそれぞれが簡単な楽器を演奏し、音楽の先生にピアノの伴奏をまかせれば、ほとんどなんとか形になります。もしくは数人で演奏して、他の教員で歌うというのも多いようです。


学年末で忙しい時期なので、練習に時間を割けないため、気軽にできる合唱のみの場合も多いですね。各々の学校で印象深い曲をいくつかピックアップして、メドレーにするのも良いでしょう。


尾崎小学校 6年生を送る会 先生方による余興



2014 3 76年生を送る会職員合唱

スポンサーリンク


親がお別れ会の出し物をする場合に気をつけるポイントは?練習時間やリーダーなど

alphabet-313975_1280

スライドショーを作る場合であっても、やはりリーダーとなる人が、ほとんど一人でこなすことになりかねません。幼稚園の時のPTAとは違って、6年生のPTAともなると多くが共働きで、出し物の準備に付き合っていられない場合が多いです。


企画を立案した人が中心となって、数人のママ友に手伝ってもらって、スライドショーを作るケースが多いですね。


数回だけ放課後の学校で作業をする程度で、LINEを立ち上げて情報共有する場合も多いようです。連絡網がない時代なので、連絡が取れない家庭もちらほら出てきます。そこは、担任の先生に協力してもらう他ありません。


親や先生から小学校を巣立つ6年生に渡したい!感動するプレゼントアイデア!

ELLY95_hanatotegami

まず定番の低学年からのプレゼントが入場や退場でのアーチです。子供同士で手をつなぎ合って、アーチを作り6年生を送ったことがある人は多いのではないでしょうか。全校生徒全員でやれば、送られる6年生は、とても感激してくれると思いますよ。


また、卒業する6年生の親にそれぞれ子供宛ての手紙を書いてもらい、子供には内緒で回収して、当日の会の最中にそれぞれの子供に配布することで、その日が平日で来られない親もいっしょに祝うことができると、とても人気があります。また、数人の親に実際に子供に向けて手紙をその場で読んでもらう、というのもありですよ。


先生からと称して、途中で遠方に行ってしまった教員からのビデオレターや手紙というのも素敵ではないでしょうか。多くの場合、6年間同じ学校にいられないので、大好きだった先生からのメッセージなら、子供たちに喜んでもらえることでしょう。


【最後に】

bouquet-676691_1280

人生で一番長い学校生活をおくる場所こそ小学校なので、大人になっても忘れていないことは多いものです。そんな小学校を卒業することは、子供たちにとってとても大きな意味があることです。


6年間を締めくくる良い思い出ができるように、ぜひがんばって楽しい会にしてあげてくださいね。

スポンサーリンク