水天宮で初詣2019!元旦の混雑状況は?安産祈願は?

e0021_1024x768
安産祈願で人気がある東京水天宮は、立地がよいので元旦に初詣に行くのにぴったりですよ。

アクセスが良い場所なので、元旦の混雑もすごいので、2019年の初詣場所に水天宮を選ぼうとしている方は、混雑回避などの情報もご紹介しますので、ぜひ事前にチェックしてくださいね。

スポンサーリンク

2019年は水天宮で初詣!元旦の混雑状況は?

現在はロイヤルパークホテルにある「子宝いぬ」の像が有名な水天宮は、毎年多くの妊婦さんでにぎわう神社です。安産祈願の御利益があることで知られ、「子宝いぬ」の像に埋め込まれた12の玉のうち、子供が生まれる数の玉を触ると安産になると言われています。
そのため、元旦の日でも安産や子宝の御利益を得ようと訪れる参拝客で混雑します。長い行列ができるほどで、境内は人で溢れかえります。妊婦さんは人込みが危ないので、元旦を避けてお参りすることをおすすめします。

安産・子授け 水天宮|トップページ
水天宮は中央区日本橋蛎殻町のお宮(神社)で、安産・子授け・七五三・初宮・芸能祈願・水難除けなどのご利益で知られています。


パワースポット / 水天宮(東京)




水天宮で初詣!混雑回避するならこの時間!

N825_ohirunojikan
3が日は大変混雑するので、お昼頃に行くのは、やめた方がいいでしょう。お昼に行って2時間待って祈祷したという方も多いようですよ。

また、2019年は元旦が戌の日でもあるので、大混雑が予想されます。

それでも、元旦に行かれる際は、朝の9時には着いているようにスケージュールを組むとよいでしょう。境内の開門は午前7時なので、9時より早い時間でも、もちろんOKですよ。

お正月三が日でも安産のご祈祷はできる?

元旦に初詣にくるお客さんの多くは、安産祈願をメインに訪れていますし、2019年は1日が戌の日あたりますので大混雑が予想されます。元旦でも待ち時間を覚悟すれば、安産祈祷も可能だと思いますが、やはりおすすめは、戌の日である1月13日か1月25日に訪れることです。混雑は必須ですがご利益がありそうですよね。

基本的に正月でも安産祈願を行っていますが、不安な方は事前に神社に問い合わせてくださいね。

水天宮・仮宮の戌の日(日曜日・大安)混雑


水天宮の初詣、周辺に駐車場はある?

sports-car-633291_1280
水天宮にも駐車場がありますが、30分で200円で、最大収容数が40台なので、初詣の時期にはあっという間に埋まってしまいます

駐車できない場合や駐車できたとしても、参拝のために列に並んでいるうちに2時間経ち、高い駐車場料金を払わないといけない場合もあるので、公共交通期間を利用することをおすすめします。

東京メトロ半蔵門線の「水天宮前駅」からは徒歩1分の距離ですよ。都営地下鉄浅草線の「人形町駅」からなら徒歩8分です。

【最後に】

戌の日にとても混雑する人気の神社は、お正月の初詣ではさらに多く人が訪れるので、早めにお出かけになることをおすすめします

子宝や安産祈願を目的とされる方は、ぜひ水天宮の「子授御守」や親子犬がかわい「福絵馬」がおすすめなので探してみてくださいね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です