日焼けでヒリヒリ!何日で治る?水分補給と保湿が大事!

スポンサーリンク
健康・美容・ファッション
スポンサーリンク

暑い日差しが照りつける真夏!

外に出かけることになると、気になるのは紫外線ですね。

海や山などのレジャー、お祭り、普段のちょっとしたお買い物でも、容赦なく紫外線が降り注いできます。

こんな時、うっかり日焼けをしすぎてしまってヒリヒリ!なんてことありますよね。

赤くなってヒリつく日焼けは、お風呂も洋服を着るのも一苦労です。

このヒリヒリは何日ぐらいで治るのでしょうか。

今回は、日焼けのヒリヒリ!少しでもやわらげる方法をご紹介していきます!

スポンサーリンク

日焼けのヒリヒリは何日で治るの?正しい処置・治し方とは?

2

日焼けのヒリヒリは何日で治る?

主に日焼けは3段階に分かれます。

軽症…痛みが無く皮がむけない

中程度…赤くヒリヒリする、皮がむける

火傷…強い痛みと炎症、水ぶくれ

肌がヒリヒリするなら中程度の日焼けです。

痛みを最も感じるのは1日~2日程度。

その後は徐々に落ち着いてきますが、日焼けの程度や正しい処置をしたかによって変わってきます。

3日ほどで治まる場合もあれば、1週間以上かかる場合もあります。

正しい処置・治し方とは?

日焼けをしたら、とにかく肌を冷やしてあげることです。

日焼けは火傷と同じです。

ヒリヒリしているなら特に、肌は炎症を起こしている状態なので、適切な処置をしてあげることが大切です。

日焼けをしたら、すぐに肌を冷やす

保冷剤をタオルで巻いて患部にあてる、冷たいタオルをあてるなど。

肌の炎症を抑えるアロエジェルを塗る。

昔から火傷にはアロエと言われるほど、効果抜群です。

日焼けをした後すぐに塗るのが最も効果的です。

当日のお風呂は、湯船につからない。

少し冷たく感じる程度のシャワーにしておきましょう。

ゴシゴシ擦るのもNGです!

水分を与え保湿する

日焼けした肌は炎症を起こしているので、肌は徐々に砂漠状態になっていきます。

しっかりと保湿し、肌にうるおいを与えてあげることが大切です。

ヒリヒリにすぐ効果あり!おすすめジェル・薬・保湿グッズ3選

3

日焼けのヒリヒリは、なによりも肌を沈静化させることと、保湿が一番大事です。

とにかく効果のあるおすすめケアグッズをご紹介します。

アロエベラスージングジェル

アロエ成分を92%も配合し、伸びの良いテクスチャーと保湿感で人気のジェルです!

アロエジェルの中には、金額が高くても突っ張り感が残ったり、アロエの含有量が少ないものがあります。

使い心地の悪い高価なものよりも、安値のジェルを気にせずたっぷりと使うのがオススメ!

日焼けをした後、すぐに肌にたっぷりと塗って下さいね!

薬用シーウォーター

細かい霧状ミストで優しく肌に噴きかけられる化粧水です。

ヒリヒリしているときに、手の平で化粧水をつけるのは、肌の摩擦にもつながるのでNG!

マッサージも絶対にNGです!

ミストタイプの化粧水ならふわ~っと肌に優しく、コラーゲンなどの保湿成分もたっぷり入っているので、水分補給はこれでバッチリです。

お出かけにも持ち歩いて、気になった時にシュッとかけて下さいね。

薬用アクアコラーゲンゲルスーパーセンシティブ

顔にも全身にもコレひとつで保湿のお手入れができます!

本来は敏感肌用のゲルですが、日焼けをしてヒリヒリしている肌には、ノンアルコールで肌に必要な成分だけを配合しているシンプルなものがおすすめ!

ゲル状で伸びが良いので、肌を擦らないように優しく伸ばしてください。

冷蔵庫で冷やしておけば、ひんやりとした感触になりますよ!

ヒリヒリで眠れない、子供のヒリヒリ、唇のヒリヒリ、こんなときはどうする?

4

ヒリヒリで眠れない場合

肌がヒリヒリして眠れない!そんな時は、白色ワセリンが効果的です。

痛みのある部分に白色ワセリンを塗り、ガーゼを貼ってみましょう。

布団との接触部分が一番傷むので、背中などにやっておくと良いですね。

子供がヒリヒリで痛がる場合

子供の場合は、大人よりも注意が必要です。

知らない間にひっかいてしまったり、皮膚炎になってしまう場合もあります。

痛む箇所をよ~く冷やしてあげて下さい。

痛みが止まらない、具合が悪くなる、赤いポツポツがある、水疱ができたなどの場合は、日焼けでも皮膚科にかかることをおすすめします。

唇が日焼けでヒリヒリする場合

敏感肌用や赤ちゃんでも使える保湿化粧品、なければ白色ワセリンなどをたっぷりと塗りましょう。

ラップでパックするのも効果的です。

女性の場合、ヒリヒリが治まるまで口紅は避けた方が良いですね。

日焼けのヒリヒリにならないために!ヒリヒリ対策・予防策は?

5

治るのに何日かかるかわからない日焼け。

一度ヒリヒリ肌になると、もう二度とこんな風になりたくない!と思いますよね。

最後にヒリヒリ肌にならないための対策・予防策をご紹介します。

PA値の高い日焼け止めを使う

日焼け止めにはPA++、PA+++などPA値がどのくらい高い日焼け止めなのかを記載しています。

屋外に長時間いるようなレジャーでは、「PA++++」が最も好ましいです。

最低でも「PA+++」を使用しましょう。

日焼け止めはこまめに塗りなおす

SPF値が高いものを使っても、沢山汗をかけば日焼け止めのバリアは崩れます。

その隙間から容赦なく紫外線が入り込んできますので、こまめに塗りなおしをしましょう。

また。SPF値の目安は、屋外レジャーなら50以上日常生活なら35といわれています。

サングラス、日傘、長袖など

これらのグッズは、もちろん日焼け対策にバッチリです。

絶対に焼けたくない!という場合は完璧に用意することですね。
6

まとめ

日焼けのヒリヒリは3日~1週間程度!

正しくアフターケアを行うことが大切です。

アフターケアは、「肌を冷やす」「水分補給」「保湿」の3ステップ!

体内からも水分を補給するために、お水をたくさん飲むのも良いですよ。

おすすめケアグッズはアロエジェル!

昔から日焼け(火傷)にはアロエと言われるほど、効果があるんです。

なってから気付くことがほとんどですが、日焼けのヒリヒリ肌って地味に辛いですよね。

赤くなったり痛みがあるなら、ただの日焼けと侮らずにきちんとしたお手入れをしてあげましょう。

皮膚科で薬を処方してもらうのも得策ですよ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました