サントリーニ島【フィラ】島の中心でもあり交通の中心!全ての乗りものをここで体験できる

スポンサーリンク
海外旅行・国内旅行
スポンサーリンク

人々が集まる島の中心地「フィラ」。石畳の路地は迷路のように多数にあり、カフェやショップが軒を連ねています。イア程の人混みではないですが、中心地とだけあり人は多く賑わいのある場所。

スポンサーリンク

フィラの地図

これからご紹介するフィラの観光スポットやレストランの地図です。参考にしてみて下さい。
こちらをクリックすると拡大地図も表示されますので活用してみて下さい。

①バスターミナル

②ギリシャ正教会の大聖堂

③修道院

④ケーブルカー乗り場

⑤レストラン・バー Classico

⑥ZOTOS

①フィラバスターミナル

フィラは交通の中心でもあります。サントリーニ島の交通手段であるローカルバスのターミナルがあり、島南部のレッドビーチや島北西部のイアなどへのアクセスも便利。

  • フィラ→イア 約30分 片道€1.8
  • フィラ→レッドビーチ(アクロティリ) 約30分 片道€2.0

ばすの乗り方や詳細はイアはこちら、レッドビーチはこちらに載っています。

  • フィラ→空港(サントリーニ(ティラ)空港) 約20分 片道€1.8

②ギリシャ正教会の大聖堂

バスターミナルから西に真っすぐ石畳みになっている坂道を上がっていきます。道沿いにはお土産屋さんが並び、日本語の上手な定員さんが日本人だとわかると単語単語で話しかけてきます。裏路地のようなところを登りきると道が開け、目の前に海が広がります。

そこには真っ白な教会「ギリシャ正教会の大聖堂」が。ビザンツ様式のドーム屋根が象徴的。

入場は無料で中に入ることもでき、ドーム屋根の内側にはキリストが描かれています。

③修道院

サントリーニ島というとギリシャの国旗と同じ青&白のコントラストが有名ですが、カラフルな教会を遠目で発見!!この色合いも可愛い!

この建物を目指して、ひたすら直進してみました。

入り口らしきところを発見。教会へと繋がる階段も石畳になっていてオシャレ。

階段を登り切った先は教会の入り口です。入場は無料で中に入ることはできますが、「静かに!」という張り紙がされているだけあり、中は静寂で。外は猛暑で暑さがすごかったのですが、中はヒンヤリしています。

ここに辿り着けた目印にしてきた時計台は教会の裏手にあります。

時計台下の壁にあったフィラの地図。英語とギリシャ語ですがフィラにあるカトリック教会の分布図みたいです。

④ケーブルカー乗り場

ケーブルカー乗り場手前は、フィラの街を一望できるビュースポットです。

港(オールドポート)まで階段で下りていくこともできますが、約600段を登ってくるのは大変です。

  • ケーブルカー フィラ⇔港(オールドポート) 片道€6
  • ロバタクシー フィラ⇔港(オールドポート) 片道€5

オールドポートまで下ると港なので、船はここから乗れます。

⑤レストラン・バー Classico

海沿いの景色が良いレストランを探し飛び込みしたレストラン。

「レストランバーClassico」。地中海料理、シーフード・海鮮のお店です。

席は1階と2階に分かれ、1階は海沿いのオープン席&屋内席。2階はオープン席のみ。

予約なしでランチタイムに行き、1階が良いと伝えると階段下りて目の前の海沿いの席にしてもらえました。絶景で景色は最高。海沿いの日陰で風通しの良い席だった為、とても快適に食事ができます。

サラダにはギリシャと言ったらフェタチーズなので、焼いたフェタチーズが乗ってます。

シーフードパスタ、タコのグリルを注文しましたがタコは柔らかく全てシンプルに美味しかったです。

⑥ZOTOS

スイーツのお店「Zotos Family Pastry」。

焼き菓子やケーキもありますが

なんといっても売りは種類豊富なジェラート!!

見ているだけでワクワクし、多すぎて悩みます。 定番の味もあれば、聞いたことのない味も。

嬉しいのが試食ができるところ。「これ試したい」と伝えると小さなスプーンで1スプーン分もらえるのです。

シングルで€2。バナナ味はオススメです。

カップもサントリーニの景色がプリントされて可愛い!

フィラで1日も良いですが、サントリーニ島の滞在日数が少ないとき、他にも見どころが多い島なので行きたいところが多いとき。帰国前の数時間や午前ビーチに行ってからの夕方からの時間など、数時間でもフィラは楽しむことができます。

ちなみに今回は3時間ほどです。

フィラは交通網の中心でもある場所。ローカルバスの始発に、ケーブルカー、ロバタクシー、オールドポートからの船。全てを体験できる場所でもあります。

街を散策し乗り物を制覇するのもありですね。

よく読まれている記事
海外旅行・国内旅行
スポンサーリンク
yumiyumiをフォローする
スポンサーリンク
フククル

コメント

タイトルとURLをコピーしました