タイ「ロイクラトン祭り2019」!初心者向けみどころガイド3選!

スポンサーリンク
11月のお祭り
スポンサーリンク

毎年秋にタイで行われる人気のお祭りとして、「ロイクラトン祭り」という行事をご存知でしょうか。

ロイクラトン祭りは夜空に数え切れないほどの天燈(コムローイ)を放つとても幻想的な行事で、タイのチェンマイ各地にて年に一度開催されるイベントです。

夜空に天燈(コムローイ)を放つという内容を聞いただけでわくわくするロイクラトン祭り、具体的にどのようなお祭りなのか、どんな見どころがあるのか気になりますよね。

ぜひタイのロイクラトン祭りについて詳しい内容を把握し、今年のロイクラトン祭りへの準備を整えておきましょう!

スポンサーリンク

11月のタイといえば「ロイクラトン祭り」!どんなお祭り?

タイで行われる幻想的なコムローイを夜空に放つロイクラトン祭り、これは元々仏教のお祭りであり、仏陀への感謝、そして厄払いの意味を込めて夜空に放つものでした。

現在は外国人旅行者が北部タイの伝統文化に気軽に親しめるフェスティバルといった印象も強くなっていますが、本来の意味である感謝や厄払いももちろんなくなってはいない、大切な行事です。

元々地元の方向けのお祭りでもあるので、大きく注目されるようになった今ももちろん、地元の方にとって大切な行事がロイクラトン祭りです。

ちなみに今年のロイクラトン祭りの日程や場所についてもすでに情報が発表されているので、忘れないようにチェックしておきましょう!

開催概要

日程:​2019年11月11日開催

場所:Northern Study Center

ロイクラトン祭りの会場には5000人以上が来場すると見込まれているので会場の面積も広く、これだけの会場に来た方々が打ち上げるコムローイを考えるだけで楽しくなりますね!

ちなみにタイのチェンマイとはタイ北部にある「ムアンチエンマイ郡」のことで、かつてはラーンナータイ王国の首都として建造され、現在も北部の文化や経済の中心地である地域です。

人口的に見ると他にも大きな都市はあるものの、タイの方々からみてもバンコクに続くタイ第2の都市といえばチェンマイなんですね。

そのような場所で開催されるあまりに幻想的なロイクラトン祭り……ぜひ一度見てみたいと思わせてくれる魅力があります!

タイ「ロイクラトン祭り」みどころ3選! その1:屋台など

夜空にコムローイを放つロイクラトン祭り、本番はもちろん夜からなので、会場についたらまずは屋台などをめぐって腹ごなしをしつつタイの文化を味わうのがおすすめです!

タイ チェンマイのローイクラトン祭り

タイ風の焼きそばやタイのスイーツなど食べきれない様々なローカルフードを楽しめるのもロイクラトン祭りの魅力なので、ぜひ屋台も回ってお好みの食べ物を見つけてくださいね!

タイ「ロイクラトン祭り」みどころ3選! その2:イベント

本番のコムローイを放つタイミングはもちろん大切ですが、会場ではステージなどで様々な色鮮やかな伝統衣装やタイの伝統的な音楽、伝統舞踊などにも触れるチャンスです。

ロイクラトン・パレード眺める・・・イーペン祭り(チェンマイ)

このようにタイの文化に触れて気持ちを高め、さらに現地のお坊さんのお手本に従いながら瞑想をしてリラックスするような時間もあります。

コムローイだけを楽しみにするのではなく、瞑想などで気持ちを高めて本番を迎える……せっかくロイクラトン祭りへ行ったのなら、より良い状態でコムローイを放てるようにしておきたいところですよね!

タイ「ロイクラトン祭り」みどころ3選! その3:コムローイ打ち上げ

ロイクラトン祭りの本番はやっぱりこの時間、夜空にコムローイを放ってたくさんのコムローイが夜空に舞う姿を堪能しましょう!

【タイ・チェンマイ】ロイクラトン祭り 2

動画で見ているだけでも見惚れてしまうこの幻想的な光景は、現地に行った方の感想として「涙が出るほど感動した」という言葉も見かけるほどです。

またこのコムローイは一人で打ち上げられる大きさではなく3~4人で準備し放つことになるので、協力して見られる光景というのもさらに魅力的に見せてくれているのかもしれませんね。

まとめ

動画を見るだけでも思わずため息が出てしまう、幻想的なコムローイが夜空に舞う姿を実際に見ることが出来るロイクラトン祭り、今回はじめて知った方も「是非見てみたい!」と思ったのではないでしょうか。

動画で見ているよりももちろん現場で見るコムローイはさらに幻想的で素敵なものになっているので、ぜひ機会を見つけてご自身の目で見てみてくださいね。

人気行事なのでチケットなどは競争率が高く、また朝晩は冷え込むことがあるのではおれるものを用意するなど、事前にしっかり準備を整えて見に行くようにしましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました