長崎精霊流し2020!流し場は?歴史やみどころ完全ガイド!

8月のお祭り
令和2年度精霊流しのお知らせ 更新日:2020年7月13日
例年通り精霊船の流し場を設置します。
ただし、今後の国内、県内、または市内における新型コロナウイルス感染症の状況によっては、再検討の可能性もあります。
具体的な流し場については、こちらで確認ができます。
精霊船を流すにあたっては、人と人の間隔を確保することなど「新しい生活様式」を取り入れて、同感染症拡大防止に向けた必要な行動や対策を取っていただくようお願いいたします。
長崎市公式サイトより

精霊流し(しょうりょうながし)と言えばお盆に行われる死者の魂を弔い送る行事であるということは知っている方も多いですが、精霊流しは長崎の各地で行われていることをご存知でしょうか。

精霊流しは長崎市、また近辺など長崎各地で行われているお盆の伝統行事であり、佐賀県や熊本県の一部でも同じような風習が残っている場所もあります。

精霊流しという名称、そして死者の魂を送るという風習自体は知っているものの、具体的にどのような行事となるのかは知らない方も多いと思います。

長崎の精霊流しについてや具体的な場所など、事前に精霊流しについて詳しく知っておきましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました