インド・ムンバイガネーシャ祭り2019!どんなお祭り?ガネーシャとはどんな神様?

スポンサーリンク
8月のお祭り
スポンサーリンク

インドはかなり遠いですが、最近はちらほらとインド旅行に行く人を耳にしますよね。

まだまだ物価も安いインドなので、会社の移動で、インドへ転勤になる人も多いですね。

そんなインドで、毎年、開催されるガネーシャ祭りは、とても大きなお祭りです。

インド全土で行われるお祭りですが、特にムンバイが有名なようですよ。

スポンサーリンク

インドの太陽暦バードラパダ月といえば「ガネーシャ祭り」どんな祭り?

毎年、8月末から9月の初めに行われるガネーシャ祭り(ガネーシャ・チャトルティ)は、インドの三大祭りの一つであり、象の頭を持つインドでは有名な神様ガネーシャの降誕祭として知られています。

インド全域で行われるお祭りなのですが、特にマハラシュトラ州のムンバイプネーという地域は、この時期はどこでもお祭りムードとなります。

ガネーシャは商売の神様であるため、特に地域の商店街などでは、お祭りの数週間前から巨大なガネーシャ像を見ることができます

お祭りでは、粘土質の土で作ったガネーシャを寺院や家の中に運び入れて、9日間毎日、祈りを捧げます。

そして、最終日には、朝から大きな祈りを捧げて、ガネーシャを山車やトラックに載せて、地域の人たちで大行進をし、地域を練り歩きます。

インドミュージックが大音量で流され、お経を唱えながら男性陣が踊ったり太鼓隊のパフォーマンスが楽しめます。

車を先導する人々は、大きな音が出る特殊な爆竹に火をつけることもあります。これはガネーシャが行く道を浄化するためだそうです。

寺院にはステージが用意されて、さまざまなパフォーマンスを楽しむことができます。

そして、大行進は最後に海や川へと向かって、ガネーシャ像を水へと返します

ちなみに、上記にもあるように、ガネーシャ祭りは、太陽暦バードラパダ月に行われるのですが、太陽暦バードラパダ月は8月から9月を指します。

西洋の太陽暦であれば、通常は9月にあたりますよ。

お祭りはこの太陽暦バードラパダ月の新月から4日目になります。

インドでは、ガネーシャ・チャトゥルティー(ガネーシャ祭)の日として、2019年は9月2日(月)が祝日になっています。

【ライブ】インドのガネーシャ祭り

象の神様!?ガネーシャってどんな神様なの?

このガネーシャ祭りを楽しむためには、まずガネーシャについて知らないといけませんよね。

と言っても、インドに旅行に行けば分かるのですが、至る所にガネーシャがおり、インドでとても大事にされていることが分かります。

お土産店にも、ガネーシャのTシャツやグッズが並ぶほどですよ。

そんなガネーシャ神は、力、至福、英知の神様とされており、シヴァ神の長男です。

霊性修行者が行く道のすべての障害を取り除いて、霊的や世俗的な成功を与えてくれる神様です。

そのため、信仰者は何かを始める前に礼拝に訪れるのだそうです。

さらに、商売の神様とされているので、多くの商店がスポンサーになって大掛かりなガネーシャ祭りが行われるのです。

ガネーシャ祭り 初心者向けみどころ3選!

水中へ返っていくガネーシャ

最後の日の夜に、海に流されるガネーシャを多くの人が見送る際は、とても感動的です。中には泣いている人もいるんだそうです。

ガネーシャは海に流される際に、その周りにいる人々の悪い気もいっしょに持って行ってくれるんだそうです。

異国のお経や音楽を堪能する

最終日に、行進する際の人々の行列は、お経を唱えます。
インドミュージックを流すこともあるので、聞き慣れない異国の雰囲気を楽しむことができますよ。

また、指揮する人がいなくても、揃っているお経も見どころだと思います。

カラフルなガネーシャ像

ガネーシャはとってもカラフルな装飾が施されます。

異国らしい色遣いは、日本人にはとっても珍しいものに映ると思います。

そんなガネーシャ像を眺めて歩くだけでも楽しいものですよ。

India pune ガネーシャ祭

India pune ガネーシャ祭

日本人がガネーシャ祭りを見に行く時の注意点は?

当然ながら、宗教が絡むお祭りなので、調べられる限りの知識を得てから赴くのが礼儀でしょう。

ヒンドゥー教について、きちんと勉強してから行くようにしましょう。

他にも、インドの文化や考え方も事前に調べておきましょう

また、インドの水は日本人には合わないことが多いので、自分でろ過できる携帯ろ過装置を持ち歩いてもいいでしょう。

水あたりに効く薬も常備した方がいいでしょう。

インドでは日本語が通じない場合が多いので、最低限の日常英会話を身に着けてから出かけましょう。

無理だと言うのであれば、現地で通訳兼ガイドを雇うか、ツアーを組んでから出かけましょう。

もちろん、挨拶程度の言葉は、インド語を習得しておくべきでしょうね。

インドに限ったことではありませんが、事前に既定の予防接種は全て受けてから渡航するようにしましょう。

また、海外では、財布やデジカメ、スマホなどは人の多い場所でむやみに出さないようにしましょう。

スリの対象になりやすく危険です。

また、タクシーに関しても事前にぼったくりが多い車種や会社を調べて、利用しないようにしましょう。

南インド・ケララ州、ガネーシャ誕生日のお祭に行ってみました!|インド号

南インド・ケララ州、ガネーシャ誕生日のお祭に行ってみました!|インド号

まとめ

ガネーシャは、インドを紹介するテレビ番組などでも、よく目にしますよね。そんなガネーシャにまつわるお祭りなので、盛大に行われます。

インドに旅行する際は、ガネーシャ祭りに合わせて計画してみるのもいいでしょう。

異国のお祭りはその時期にしか楽しめない限定的なレア体験なので、ぜひ一度参加してみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました