運動会二人三脚のコツ!親子や身長差がある場合の必勝法とは?

スポンサーリンク
運動会・体育祭・文化祭
スポンサーリンク

秋に運動会がある地域は多いと思います。

そんな運動会の定番競技として二人三脚がありますよね。

いろんなシチュエーションがあると思いますが、一番難しいのが、背丈が違う親子での二人三脚ですよね。

そこで、今回は親子でやる二人三脚のコツをお教えしちゃいます。

スポンサーリンク

運動会の季節!二人三脚のルールとは?

二人三脚は二人一組になって、お互いの内側の足を紐や手ぬぐいで結んで、肩を組んだ状態でいっしょにゴールまで走るスピードを他の走者と競う競技です。

途中で転んだ場合は、その場から体勢を立て直して、最後までゴールすればOKです。

足を縛る紐はゴム製のものは反則になる場合があるので注意しましょう。

1番になりたい!親子での二人三脚のコツ・必勝法とは?

nininsankyaku

親子でやる場合は身長差がかなりある場合が多いでしょう。

そう言う場合は、紐を少し緩めに縛ってもよいでしょう。

ぴったりとくっついていなければ、歩幅の調整も効きます。

しかし、あまり緩いと転んでしまう原因になります。

きつく結んで親御さんが引っ張って走る形にするのも、一つの作戦だと思います。

1番になりたい!身長差があるペアでの二人三脚のコツ・必勝法とは?

身長差がある場合は、一番重要視したいのが、歩幅の合わせ方です。

練習する際にはこの歩幅を合わせることに時間を割きましょう。

身長が低い人の方が歩幅は小さくなりがちなので、低い方つまりお子さんの歩幅に親御さんは合わせてあげましょう。

お子さんの方もなるだけ歩幅を大きくするように心掛けることが大切ですよ。

親子競技で二人三脚をしている動画がありましたので、イメージがわくと思います。

親子競技 二人三脚

二人三脚で1位になるための効果絶大の練習方法とは?

練習する際はいきなり足を結んで走らずに、並んで同じ歩幅で歩く練習、さらに同じ歩幅で走る練習を行いましょう。

前を向いていっしょに走れるようになったら足を縛って歩く練習から行うと良いでしょう。

練習をする際は、掛け声をかけながらやるとより速く走れるようになると思います。

もちろん、どちらの足から出すか、きちんと事前に決めてくださいね。

まとめ

いかがだったでしょう?

親子でやる場合は、幼稚園児や小学生が多いと思います。

かなり身長差があるケースもあると思うので、なるだけ身長が同じくらいのご家族を探すのも勝つためのポイントなるでしょう。

でも、一番楽しいのは、お子さんと練習している時間だと思います。

ぜひ本番まで楽しんで練習して、よい結果を残せるように頑張ってくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました