2歳児向けの雨の日の遊び3選!保育園での遊び方は?梅雨の説明の仕方は?

保育園

2歳児はまだまだ遊びも教えるのが難しい年齢です。同じクラスでも、発達にばらつきがあるので、ゲームはとても難しいでしょう。なので、単純な遊びがぴったりです。

少しずつできることが増えていく2歳児にぴったりの、
クラスの子全員が楽しめるような遊びをご紹介します。

2歳児向けの雨の日の遊び3選!保育園での遊び方アイデア! その1:動物のマネっこ遊び

とってもシンプルなものです。動物のイラストなどを見せて、その動物のマネっこをして遊ぶと言うものです。動物の名前を連呼することで、動物の名前もいっしょに覚えられるでしょう。

ウサギなら、両手を耳のように頭の上に置いて、その場でジャンプするといいでしょう。ジャンプができていようがいなくても問題ありません。本人がやれていると思えばそれでOKです。

ゾウなら、手をゾウの花のように揺らしてみましょう。2歳児はマネっこも大好きなので、とっても楽しんでくれると思いますよ。

細かい動きはまだまだ難しい2歳児なので、分かりやすい動きで、ダイナミックなものがいいでしょう。鳴きまねをするのも良いと思います。

動物のまねっこ

動物のまねっこ

2歳児向けの雨の日の遊び3選!保育園での遊び方アイデア! その2:風船あそび

子供に絶大な人気を誇るのが風船ですよね。
風船を膨らませて、ポンポンと弾ませているだけで子供は喜ぶものです。

風船でバレーをしてもいいでしょうし、風船をタオルやハンカチの上に乗せて、2人で運ぶのも楽しいでしょう。落とさないようにゆっくりと歩くのも子供には楽しいものです。

風船はたくさんあっても困らないですし、意外と2歳児の力では割れないものです。手軽に遊べるのでおすすめですよ。

風船に画用紙やマジックで顔を描いて、紐を付けて散歩をさせて遊ぶのもいいですし、高いところから風船を落として、キャッチさせて遊ぶのも楽しいですよ。

風船あそび

風船あそび

2歳児向けの雨の日の遊び3選!保育園での遊び方アイデア! その3:電車ごっこ

皆で長い電車を作って教室中を歩き回るのも楽しいものですよ。ビニールひもで大きな輪っかを作って、その中に園児を入れて、電車を作るとそれだけで盛り上がれます。

クラスで2つの電車を作ってもいいですし、全員が入れる電車を作ってもいいでしょう。代わりばんこで先頭をやるといいでしょう。

最初は先生が先頭をやってもいいですし、いくつかの駅を作ってみたり、線路を作ってみても楽しいでしょう。他のクラスの教室まで行ってみるのもいいですね。

電車は段ボールで作っても楽しいですが、重たくなるので、紐で作るのが一番だと思います。ごっこ遊びの一種なので、子供たちの想像力が養われるように、電車がどんなものかを教えた上でやると盛り上がりますよ。

うさぎ組(1歳児)がみんなで電車ごっこ 11月のはちまん保育園(福井市)の日常

うさぎ組(1歳児)がみんなで電車ごっこ 11月のはちまん保育園(福井市)の日常

先生、梅雨って何?なんで雨の日ばっかりなの?と聞かれた時の答え方は?

 

2歳児が梅雨ってなに?と聞くことはあんまりないと思いますが、尋ねられたら、きちんと質問に答えないといけないものですよね。

でも、難しい説明もできるものじゃありませんよね。
なので、「雨の日が多いことだよ」くらいで良いと思います。

なんで雨の日ばっかりなの?と聞かれたら、「雨を降らせる雲がたくさん空に集まるからだよ」と答えるのはどうでしょう?梅雨前線がどうのこうのとは言えませんもんね。

2歳児なので、メルヘンな答えでも良いと思いますが、後にそれは科学的な理由で上塗りされてしまうのですから、分かりやすい言葉で事実を伝えた方がいいでしょう。

【最後に/まとめ】

2歳児はまだまだ難しいゲームが楽しめる年ごろではないですが、単純な遊びを永遠と楽しそうに遊べる年ごろなので、わりと扱いが楽ですよね。2歳児が分かりやすい遊びを考えてあげれば、何日でも飽きずに遊んでくれることでしょう。

室内遊びとはいえ、いっぱい体を動かせる遊びであれば、発達の手助けになるでしょうから、積極的に取り入れるようにしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました