親子遠足のバスや終わりの言葉挨拶例文集!保育士・役員向け!

例文・言い方・伝え方

もうすぐ保育園の親子遠足!そもそも親子遠足の狙いは?

保育園の親子遠足は定番のイベントです。皆さんも子供の時に行った記憶があるでしょう。

子供にはとっても楽しいイベントですが、親にはとってもハードなイベントです。

遠足なので、ちょっとした山登りもあるでしょうし、一日中、子供やママ友といっしょに過ごさなければなりません。

なぜ、こんな大変なイベントがあるの!?と思う人もいることでしょう。

親子遠足の一番の目的は、ママ友たちの交友の場を提供するためなんだそうです。

園のママ友たちが円滑に情報交換をできるように、友達作りをしましょうということなんだそうです。

なので、子供が普段、仲良くしている子の親と話してみたり他の子の親と友達になったりするつもりで参加するといいでしょう。

もちろん、参加する子供側は親との遠足が最大の目的なので、子供との楽しい思い出作りも忘れないようにしましょう。

親子遠足では、必ずレクリエーションの時間があります。

普段は子供とやらないようなゲームにチャレンジするのも楽しいものですよ。

親子遠足2016.6/青森大谷幼稚園

親子遠足の挨拶例文!バスの中での保育士の挨拶はどうする?何を伝える?

子供たちも一緒にいるので、親御さんにきちんと挨拶をしないといけないのですが、長さには注意しなくてはなりません。

まずは子供たちに挨拶をして、その後に親御さん向けの挨拶をするといいでしょう。

皆さん、おはようございます。今日は楽しい親子遠足ですね。お母さんやお父さんといっぱい遊びましょう。向こうに着いたら、ゲームがありますよ。楽しみですね。

お母さん、お父さん方も今日は参加いただきありがとうございます。多忙の中、時間を作っていただいて、感謝しております。

今日は、日ごろの園での生活から離れての親子遠足と言うことで、お子さん方は何日も前からとっても楽しみにしておられましたので、どうぞ、お子さんと一日楽しく過ごされてください。皆さん、怪我に気を付けて、思いっきり楽しみましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました