湯島天神梅まつり2019!300本の見頃は2月中旬!ライトアップは何時まで?

guardian-dogs-673048_1280
湯島天神と言えば、受験シーズンに合格祈願に訪れる学生で人気があるスポットですが、梅の名所としても有名な場所で、約1か月間に渡り、梅まつりが開催されています。合格祈願と合わせて、梅まつりを楽しまれてはいかがですか?

スポンサーリンク

湯島天神梅まつり2019!日程は?祭りの歴史は?

湯島天神は学問の神様を祀っていることで知られ、受験シーズンに多くの参拝客が訪れるスポットですが、江戸時代から梅の名所としても有名なんです。昭和33年から開催されている湯島天神梅まつりは2019年で62回目を迎えますよ。

湯島天神梅まつりは、例年2月中旬から3月上句に開催されており、2018年は2月8日から3月8日ごろに開催されました8:00~19:30の時間で開催され、入園料は無料で楽しめますよ。

祭り期間中は、週末や祝日を中心に野点茶会や神輿渡御、湯島白梅神太鼓、パレード、物産展、カラオケ、屋台などのイベントが開催されます。毎年、45万人を超える人が訪れていますよ。

湯島天神で梅まつり




300本の梅の見頃時期・開花状況/予想は?

境内にある梅園には、約20品種300本の梅の木が植えられており、樹齢70~80年の木が中心です。300本の内、8割が白梅である白加賀であり、見ごろは2月下旬から3月上旬になります。

ほかには、月影、豊後、寒紅梅、見驚、紋造、紅千鳥、南高、思いのままなどの種類がありますよ。

東京大衆歌謡楽団 2018 湯島天神 梅まつり


湯島天神の梅まつりといえば!ライトアップ・野点お茶会、合格祈願!

ライトアップ

まつり期間中、日没~20:00の間にライトアップがなされます。

野点お茶会

梅の香りを楽しみながら、600円でお抹茶とお菓子を楽しむことができます。日曜日や祝日に行われていますよ。



亀戸天神梅まつり!300本の見頃は2月中旬!江戸切子や名品市などイベント豊富!

合格祈願

学問の神様が祀られているので、ぜひ受験を控えている方や何かを勉強中の方は、学問成就を神社でお祈りしてみてはいかがですか?

湯島天満宮夜観梅ライトアップ


湯島天神梅まつりへのアクセスは?駐車場は?服装は?

駐車場は近隣にあるコインパーキングを利用しなくてはいけなく、33台分ほどしかないので、平日に行かれる場合は確保できるかもしれませんが、週末の場合は電車で行くことをお勧めします。

東京メトロ千代田線「湯島駅」から徒歩2分、銀座線「上野広小路駅」から徒歩5分など、他にも3路線の利用が可能なので、アクセスしやすい場所ですよ。

2月中はまだまだ寒い時期なので、温かいダウンジャケットなどを着て出かけられてくださいね。

平成30年 湯島天神梅まつり 神輿渡御

【最後に】

梅まつりと同時期に受験シーズンがやってくるので、合格祈願に訪れる人が梅まつりにも足を運ぶことが多く、週末ともなれば多くの人でにぎわっています。イベントもたくさん用意されており、ライトアップも長期間に渡って行われるので、とってもおすすめのスポットですよ。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です