少年野球でずっと補欠の息子。親は息子にどんな対応をすればいい?


誰よりも上手になりたいと始めた大好きな野球。チームに所属し、選手として活躍したいと努力しても、勝負の世界ではレギュラーに選ばれなかったということは良くある話です。

でもそれが自分の息子の話だったら、どうやって励ましたらいいのか、モチベーションをあげるにはどうしたらいいのか考えてしまいますよね。
今回は親として補欠になった子どもにどう対応すればいいのか一緒に考えていきましょう。

スポンサーリンク

少年野球で頑張る息子はずっと補欠・・・ その理由は?


少年野球も勝負の世界です。戦力になる子どもが選手に選ばれることは仕方のないことです。監督の求める事が出来なければ、選手に選ばれない事は良くあることだと思います。

息子さんにレギュラークラスかそれ以上の実力があっても、監督の求める戦術に合わなかったり、相手チームによっては技術よりも足の早さが優先されたり理由は様々あると思います。

決して息子さんが頑張っていないとか、技術がないという単純な理由ではないということです。

レギュラーに上がるためには監督がそのポジションで、どんな選手を必要としているのか把握して、それを実現することだと思いますが、少年野球をしているお子さんが監督の言葉からそれを読み解くのは難しいかもしれません。


ずっと補欠の息子がレギュラーになれないことを抗議するのはアリ?理由を監督に聞くのは?


息子さんがいつも補欠でベンチを温めていれば、「どうして、うちの子を出してくれないの?」と腹を立ててしまう気持ちも当然分かります。

でも、まず冷静になって考えてみてください。抗議をすることを息子さんは望んでいますか?息子さんがどう感じているのかが一番大切なことです。

親は監督やコーチの不満や悪口を言ってはいけない

親が子供の前で「あの監督はダメだ!」など監督やコーチの不満や悪口を口にしてしまうのは問題です。うまくいかない理由を他人にすり替えてしまえば、息子さんの成長はそこで止まってしまいます。

むしろ「問題は常に自分にある」「解決できるのは自分自身だ」と子どもには教えてあげなければなりません。周りは変えられません。周りではなく、自分自身を変えることにフォーカスすることが大切なのです。

子どもを信じて応援する

子供が不満を口に出しても、親はその子の不満を聞いてあげる。決して同調しないことです。「そうなんだね。」と相槌を打って「じゃあ、あなたはどうしたい?」と聞いてあげてください。

辞めたいと言うかもしれません。頑張ると言うかもしれません。子どもが自分で決めたなら「あなたならきっと大丈夫よ」と信じてあげてください。

親は子どもが考えて決めたことを応援してあげるだけです。落ち込んだら話を黙って聞いてあげるだけです。子どもが進む道をひとつひとつ敷いてあげるのが親ではありません。見守りながら、子どもが立ち止まったら笑顔で「大丈夫」と言ってあげてください。

とはいえ、体罰などの耐え難い苦情は絶対にするべきです。
子どもに悪影響な指導だと感じたら子どもを守ってあげてください。

チームを選びなおすのも一つの方法

少年の時期を大切に思うのであれば、楽しく試合に出られるチームを選びなおすという事もあると思います。息子さんがどんな環境で野球をしたいのか、一度話してみるとどうしたらいいのか見えてきますね。

ずっと補欠でも頑張る息子に親はどう接するのが正解?


人はだれでも期待をされれば、無意識にその期待に応えようとするものなのです。でも過度な期待をするあまりに自分の理想を子供に押し付けるのは間違っています

お子さんの性格などを一番知っているのがお父さん、お母さんです。
大きな夢を見させる方がいい子も、一歩ずつ進むのが適している子どももいます。それを考慮してあげてください。

そして何より自分のお子さんの可能性を心の底から信じてあげることが1番大切なことです。

ペアレントトレーニング

ペアレントトレーニング」というプログラムをご存知でしょうか?もともと発達障害の子どもを育てる保護者への「子育て支援」と、子どもの「発達支援」を目的として生まれたものです。

親が子どもの行動への対応を身につけることで、親が子育てのストレスを減らし、子どももストレスを減らすことができます。このペアレントトレーニングは発達障害の子どもだけではなく、定型発達の子どもにも応用できるプログラムです。

人間には人の良いところよりも悪いところをみる癖があります。そのために問題点ばかり指摘してはいませんか?ペアレントトレーニングは簡単に言えばあたりまえにできることを褒める方法です。

子どもに対して「あれもできない、これもできない」ばかりに注目するのではなく、「できること、できていること」に注目してれば自然と「褒める」ことが見えてきます。それは自己肯定感を高めることにつながります。認めてもらえると人は頑張れるのです。

結果が出せず落ち込んでいる子には…

結果がでないことももちろんあります。スポーツをやっていれば、誰もが通る道です。スポーツだけに限らず何でもそうですよね。

結果をだせなかった時、子供は落ち込んでいるはずです。そんな時に大人まで結果で一喜一憂せずに、お子さんを受けいれてあげてほしいのです。「厳しい練習をよく頑張ったね!」と努力を誉めてあげてください。

何でもかんでも褒めていたら、図に乗ってやらなくなるんじゃない?と思う人もいると思います。だからこそ結果ではなく努力を誉める事が大切なのです。

補欠で出れない試合は見に行かなくてもいいです。練習を見に行ってあげるほうがよっぽど良いと思います。出れなかった試合の日には美味しいごはんと笑顔で待っていてください。帰ってきたお子さんが試合の事を話すなら最後まで言い返さずに聞いてあげてください。見守ってあげることも大切です。

補欠からレギュラーを目指す息子に親が支援できることは?


練習に付き合ってあげる美味しいお弁当を作ってあげるという事だけでも充分気持ちが伝わると思います。過度な期待を感じさせるような事をするとプレッシャーにもなります。

プロの試合を観戦に行って一緒に応援してみてはいかがでしょうか。
勉強にもなるし、憧れの選手を見て鼓舞してくれると思います。

また、応援することもチームのパワーになるんだという事を伝えられると思います。出場している選手だけがチームに貢献しているわけではないですよね。

子どもが立ち止まったら見守ることも必要


いつも補欠でベンチを温めているお子さんを見ていると胸を締め付けられる様な気持ちになると思います。でもスポーツを通して現状を打破する努力をしたり、場合によってはどんなに努力しても報われないことがあったり、そういうことを学んで子どもたちは成長していきます。

どうか辛抱強く温かくお子さんを見守ってあげてください。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です