雛人形専用の防虫剤と洋服の防虫剤の違いは?防虫剤をいれないと雛人形はどうなってしまう?

ひな祭り・桃の節句

女の子にとっては大切な雛人形。小さいころお内裏様とお雛様を飽きずに眺めていた記憶がありますよね。「ひな人形をしまい忘れると婚期が遅れる」なんて言い伝えもありますが、雛人形をしまうとき防虫剤は洋服用じゃダメなのかしら?なんて思ったことありませんか?

そこで今回は雛人形の防虫剤について調べてみました。

雛人形をしまうときに防虫剤は絶対に必要?防虫剤をいれないとどうなる?

防虫剤は防虫成分が、大切な人形やお道具類を繊維の虫から守ってくれます。でも防虫剤は「殺虫剤」ではないので、雛人形をしまうときに埃をしっかり除去することも大切です。

雛人形をしまう時の注意点

①埃をしっかりと取る

(害虫が保管中に侵入するより、しまう時に既に潜んでいる可能性があります)。
※埃を取った後のハタキを絶対に人形と一緒に保管しないこと!

②湿度の高い場所での保管を避ける。
(虫は湿気を好む)

③雛人形にあった防虫剤を使用する

④防虫剤は決まった量を投入する。

⑤防虫剤は複数の種類を使わず、単一の種類にする。

防虫剤の効能

①収納中のカビや湿気臭を消臭します。

②カビの発育を抑えます。

③人形保管中の黄ばみを防ぎます。

※汚れが原因の黄ばみには効果がありません。

④防虫に加え、ダニを寄せつけにくくする。

防虫剤をいれないとどうなる。

雛人形が着ている衣服や、お顔などに破れやシミ、黄ばみなどの被害が出る可能性があります。

雛人形に悪事を働く「虫」の正体は?

悪事を働く虫の正体は?

雛人形の衣類に被害をもたらす虫として
①ヒメカツオブシムシ
②ヒメマルカツオブシムシ
③衣蛾(イガ)
④コイガ

などの幼虫があげられます。

カツオブシムシ科の成虫は、テントウムシのような形で小さく茶色っぽい甲虫です。イガやコイガの成虫は、春先から初夏にかけて明かりによってくる?小さな我です。

これらの成虫は、外から家の中に紛れて部屋に侵入し、卵を産み付ける場所を探します。それが衣装タンスであったり、雛人形だったりします。そうすると、産み付けられた卵が孵り幼虫が布を食べ、被害をもたらします。

 

雛人形の片付けは3月3日の夜?いいえ!「啓蟄の日」がベストです!啓蟄の日っていつ?

 

これら衣類害虫として知られる4種は、幼虫のときだけ衣類などの繊維を食べます。雛人形にとって天敵ともいえる虫たち、1年の大半を幼虫(衣類に害を与える時期)で過したり、最近では冬でも部屋が暖かいため世代交代を次々と繰り返したり、季節にとらわれず襲ってきます

衣類害虫が収納する箱に一度入ってしまったら、あとは虫たちの飼育ケースとなってしまうのです。

雛人形専用の防虫剤のおすすめは?人形用の防虫剤と洋服用の防虫剤の違いは?洋服用で代用できる?

防虫剤に使われている成分の種類

●樟脳(しょうのう)

合成樹脂やプラスチックを溶かす・変形させる恐れがある
金箔・金糸・銀糸を変色させる恐れがある
・匂いあり

●パラジクロルベンゼン

合成樹脂やプラスチックを溶かす・変形させる恐れがある
金箔・金糸・銀糸を変色させる恐れがある
布の色を変色させる恐れがある
・匂いあり

●ナフタリン

合成樹脂やプラスチックを溶かす・変形させる恐れがある
・匂いあり

●ピレスロイド

銅や真鍮を変色させる恐れがある
金箔・金糸・銀糸を変色させる恐れがある
匂いなし

●ピレスロイド系の防虫剤エンペントリン

銅を含む物質は変色させる恐れがある
・金箔・金糸・銀糸は変色しない
匂いなし

どれもこれも問題だらけで使用できない感じがしますよね。
人形の手やお顔、小道具などにもプラスチックが使われている物があるのに、合成樹脂やプラスチックを溶かす・変形させる恐れがあるものが多いです。

しかし、合成樹脂やプラスチックを溶かさないピレスロイドでは、金箔・金糸・銀糸を変色させる恐れがあるので、これまた難しい。

そこでピレスロイド系の防虫剤成分エンペントリンを見ると唯一気を付けなければならないのが銅を含む物質です。濃度が高い場合に銅に影響があるようなので使用量を守っていればさほど問題はなさそうです。

すべての防虫剤成分の中ではこのエンペントリンが一番人形用の防虫剤成分として使われているようです。

【送料無料】ひな人形 防虫剤【日本人形協会推奨】人形用防虫剤ムシューダ 人形用 8個入

https://item.rakuten.co.jp/koubou-hokujyu/10000329/

成分:エンペントリン(防虫成分)スルファミド系防カビ剤

人形用と洋服用の防虫剤の違い

衣類用の防虫剤は一般的に、臭いが付くパラジクロロベンゼン系防虫剤か、または臭いが付かないピレスロイド系防虫剤が使われます。

もともとの洋服用の防虫剤は半年用とか数カ月用という試用期間が短いものが多かったですが、1年に1回しか出番のないひな人形用の防虫剤はゆっくり長く効き目が続くように作られているのです。

また、洋服用の防虫剤は香りが付いている物がありますが、人形用は無臭のものが多いです。

ひな人形に使う防虫剤の成分にも種類が複数あり、混ざってしまうと大変なことになる事もあります。去年まで使用していた防虫剤の成分がひな人形や段ボールに残っていれば、今年に別の種類(成分)の防虫剤を使用してしまうと成分が混ざってしまう可能性があります。

去年と同じ成分を使用している防虫剤を選び、変えないことが大切です。

もし防虫剤をいれずに雛人形が虫に食われてしまったらどうする?防虫剤の匂いをとるには?

食害を受けたら購入したお店に相談して修理を依頼できます

穴が開いてしまった場合は頭や、手、衣装であれば交換が可能です。胴体や袖部分だと交換は不可能です。着せ替えなどは一から作るより手がかかりますから新しく新調したほうが安くつきます。

修理費用は依頼するところで異なると思いますが概ねの価格は下記のとおりです。

汚れ・カビ落とし 2000円から(着物は7000円から)
キズ・欠け 4000円から
髪の結いなおし 一対10000円から
着物の取り換え 20000円から
上記以外にも部分で修理してくれると思います。

防虫剤の匂いが気になる場合、防虫剤の臭いの成分は揮発性があるので、風通しの良い場所に干しておくだけで自然に臭いが消えていきますのでご安心くださいね。

防虫剤は「人形用」を使う!

雛人形の防虫剤についてご紹介しました。
雛人形の防虫剤は人形用を使用しましょうね!
大切な雛人形を末永くきれいな状態にしてあげてくださいね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました