部活の先輩がパワハラ・暴力をしている!指導とシゴキの違いとは?対処法や相談先は?




部活動……特に強豪校の運動部などに多いですが、部活の先輩からのパワハラや暴力がつらいという話をよく聞きます。

しかし強くなる、うまくなるための指導の一環であるという見方もあって、されているのがパワハラなのか暴力なのか、ただのシゴキなのか指導なのか分からないんですよね。

だからといって明らかに理不尽なパワハラや暴力に耐えているのが正しいとも思えないので、ここではこれらの違いについて、また対処法や相談先についてチェックしていきましょう!

スポンサーリンク

【部活動の先輩がパワハラ・暴力を行っている! 指導とシゴキの違いとは?】



部活動の先輩の行動がどう見てもパラハラや暴力にしか見えない、ただのシゴキであって指導ではない……こう悩んでいる場合、まずはそれぞれの言葉の意味を改めて見てみましょう。

パワハラとは、同じ職場(ここでは部活動)の人に対して、人間関係などの優位性を背景に適正な範囲を越えて精神的、もしくは肉体的な苦痛を与えたり環境を悪化させる行動のことです。

暴力はそのまま、乱暴に振るう力や無法な力のことを指し、近頃では心理的な虐待やモラルハラスメント、いわゆるモラハラも暴力と認知されるようになってきています。

こうして改めて見てみると、やっぱり部活動の指導を超えた理不尽なパワハラなどは明らかにおかしいことであり、間違っていますよね。

指導とシゴキについては更に難しく、例えば部活動で暴力が振るわれていたとしても「当たり前」という方、「暴力で服従させる方法は間違っている」という方、様々です。

これは指導やシゴキをしている上級生や教師などだけではなく受け取る生徒側、そしてその話を聞く保護者の中でも受け取り方が違います。

しかし指導というのは目的に向かって教え導くことであり、無意味なシゴキとは決して同じものではありません。

例えば「部活中の休憩時以外の水分補給は禁止」というルール、これは指導者にしてみれば方法が合っているかどうかはさておき、「鍛錬のひとつになる」と思っているわけですね。

しかし受け取る側からすればこれは喉がどれだけ乾いても「我慢する」ということにしかならず、我慢すれば努力したことにもなってしまうわけです。

「水分補給を我慢する」これが目的になってしまっていて、命令に従えば努力したことになる……これはどう考えても鍛錬でも何でもありませんよね。

またこのシステムが続いてしまうと指導者側としても「命令をして従わせる」という効果に目を奪われてしまい、これが目的となってしまいます。

部活動の伝統など言われているつらいシゴキは大体これが原因で、1年生は何でも命令を聞く、先輩の命令は絶対というシステムが作られてしまうわけです。

もちろん最初にお話した通りこれはただの我慢、そして先輩の命令が目的となってしまっている理不尽さの結果なので、決して暴力は認められるなんてことはありません。


【部活の先輩のパワハラ、どうやって証明をする?】


部活の先輩からのパワハラだとただ主張しても、「これが指導でありそんなことをいうのは甘え」と言われてしまうと、どうしても強く出られません。

しっかり証明をするためにはそれなりの根拠、そして証拠をつきつける必要があるので、まずはその方法を考えていきましょう。

確実なのは部活中の音声などを録音する、更に上の立場である先生に相談して部活中を見てもらう方法ですが、音声録音などは必要なもの以外を身につけるのが厳しいかもしれません。

もちろん一人で主張するよりも複数で主張するほうが説得力もあるので、まずは同じ学年の仲間と相談し、証人となってもらう方法もありですね。

【部活の先輩からパワハラや暴力、シゴキを受けた場合の対処法は?】


部活の先輩からパワハラや暴力、シゴキとしか思えない行為を受けている場合の対処法ですが、学校内に相談窓口があればその窓口を利用して相談してみましょう。

窓口がない、あるけれど頼りにならないのであれば部活の先生もしくはより上の先生に相談し、対応してもらう方法もありです。

先輩に言っても効果は薄いので先生などより上の立場の方に相談し、パワハラ問題に立ち入ってもらう方法がおすすめです。



威圧的な人(上司や先輩)から身を守る方法とは?パワハラで訴えられる?



親に相談・説明もやっぱりしておいたほうが安心ですし、つらいことを溜め込まず周りも巻き込んで解決に動いていきましょう。

先生も頼りにならない場合訴訟するなど大事にすることももちろん可能ですが、外部機関に頼るとどうしても対処に時間がかかるので、実効性という意味ではあまり期待できません。

【部活動からパワハラ、モラハラ、シゴキをなくすためにできることとは?】


特に運動部に多い先輩からのパワハラやモラハラ、シゴキは伝統という名の負のループに陥っていることが多く、自分が先輩の立場に立ったときに結局同じ行動を繰り返すということが多いです。

これをなくすためには横のつながりをしっかり持ち、自分たちからひとつ上の立場に立ったときに「もうパワハラやシゴキをやめよう」としっかり認識しあうことが大切です。

先輩からのパワハラやシゴキがトラウマになって高校以上では部活をしなくなってしまう、いつまでも恨みを持ってしまうなど、無意味なパワハラやシゴキには何の意味もありません。

自分たちがやられたから下の立場にやり返すのではなく、「自分たちの代で負の連鎖を断ち切り、健全な部活動にしていく」としっかり認識しておきましょう。

これを実践するためにはやっぱり同学年の方としっかり話し合っておくことが大切で、例え他の全員が断ち切ろうと思っていても一人が同じことをしていては解決しません。

もちろん後輩たちともしっかり話して「シゴキをやめよう」という意思を伝え、万が一シゴキがあった場合にはスムーズに知らせてもらえるようコミュニケーションを取るのも大切ですね。

【まとめ】

部活のパワハラやシゴキ、暴力問題は特に運動部や上下関係の厳しいところで多く、長年の伝統という負の連鎖に流されてしまっていることも少なくありません。

これを断ち切るためにはやっぱり横の繋がり、そしてコミュニケーションをしっかり取っていき、「ここでやめよう」と明確に意思表示することが大切です。

自分たちがやられたからやり返すのではなく、自分たちが先輩に持ってしまった恨みなどを持たれない、負の連鎖を続けないという強い意志を持ち、正しい「指導」をしていけるようにしましょう!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です