【大雪対策保存版】車の雪かき・除雪を傷つけず、すばやく行うコツとは?必要な道具は?


最近は異常気象のニュースばかりですよね。夏は猛暑が続いて大変でしたが、これからは本格的な冬が来ます。去年は都会でも大雪となり、暖かい地域でも積雪があって驚いた方も多いことでしょう。

いつまた大雪となるか分からないですから、雪かきの方法を知っておいて損はないですよ!

スポンサーリンク

車に積もってしまった雪かき・除雪の方法は?車を傷つけないやり方とは?

車は初めに行う場所です。雪かきをする際には、スコップやダンプを使い、ガラスなどにはスノーブラシを使うといいでしょう。必ず、車を傷付けないように、プラスチック製のスコップで慎重に行いましょう

車の雪かきをする場合は、まずは屋根の雪を車のサイドに下します。屋根に雪を載せたままだと、車を走らせている途中で、いきなり雪崩のように雪が落ちてきたら、とても危険です。必ず屋根の上の雪も全て下すようにしましょう。

その次に、車の前の雪をどかしましょう。どかす際には、左右や駐車場の端におくようにしましょう。道路や隣の家の近くに置かないに注意しましょうね。

フロントのガラスにはスノーブラシを使うといいでしょう。マフラーの周辺の雪もどかしたら、とりあえず、車の雪かきは終了です。

車の雪かきにお湯を使うとガラスが破損する恐れがありますし、お湯が大量に必要となるので、非効率的です。なので、お湯を使うのはやめましょう

車の雪かきはこの程度で充分




雪かきをすばやく行うために必要な道具や服装は?

雪かきには、道具が必要不可欠です。金属製のスコップもありますが、車にも使いやすいプラスチック製のものがおすすめです。雪かき用のスコップがあれば、とりあえずは雪かきができます。

しかし、広い範囲を行う場合は、ママさんダンプと呼ばれる雪を押し退けるような道具がおすすめです。雪かきをする際は、柄を短く持ち、腰を落としてやるようにしましょう。そうしないと、すぐに腰を痛めてしまいます。

ちなみに、最近は、スコップとダンプがいっしょになったダンスコが主流となっているので、こちらを一つ購入するといいでしょう。

雪かきの服装としては、まず長靴が必要です。裏には滑り止め、溝も深いものを選びましょう。靴下は2枚履きにすると良いですよ。

さらに、手袋です。水が染みて来ないような手袋がおすすめです。ただ、あまり分厚すぎないものを選びましょう。

服装に関しても、上下ともに防水加工がされているものがおすすめです。また、汗が外に逃げやすい素材がいいです。下着は水分を吸収できるものがいいでしょう。

雪かき自体は、早朝に行う場合は、いつもの起床時間の2時間前には始めましょう。もしくは、雪が止んだらすぐに行うのも重要です。遅くなると、雪が硬くなって、雪かきが大変になってしまいます。

自衛隊式! 雪かきの作法


駐車場の雪かき・除雪をすばやく行うコツとは?



車の雪かきが終わったら、次に駐車場の雪をどかします。車の後ろで、日当たりが良い場所や、排水ができる場所などを把握して、そこに集めるようにしましょう。

とりあえずは、車が出せるように車の前と左右、車の真後ろの雪をどけるように心がけましょう。

車の後ろは不要と思われがちですが、マフラーが雪でふさがっていると、エンジンをふかした時に、一酸化炭素中毒になりかねないので、きちんとマフラー付近も雪かきを行いましょう。

また、お家によっては駐車場には屋根があるところもあるでしょう。その場合は、10cmも積もったら、なるだけ早く雪を下すようにしましょう。雪国でないかぎり、雪の重さを想定していないので、すぐに割れてしまう恐れがあります。

無事に除雪完了!雪がつもらないようにするアイテムや智恵はある?


雪が積もりにくい場所ってありますよね。それは融雪剤を撒く道路ですよね。この融雪剤は、塩化カルシウムなんだそうです。つまり、塩です。

現在は、安く上げるために本当に塩を撒いている場合も多いんだそうです。なので、家の周りで雪が積もってほしくない場合は、ぱらっと塩を撒いておけば大丈夫なんです!とても簡単でしょう?

なぜ、塩を撒いただけで雪が積もりにくくなるのかというと、塩を撒くと、水を凍らせる凝固点が下がります。マイナス15度以下にならないと、塩水は凍らないんです。

なので、0℃前後くらいしか温度が下がらない地域では、塩を撒いておくことで、積もった雪が次々に溶けていくので、塩水が留まることとなり、いつまで経っても雪は積もらないんです。

ただ、塩を撒く方法は、庭など植物の近くでは行わないようにしましょう。植物を枯らせてしまいますよ。

【最後に】


雪かきは大変な作業です。さらに、慣れていないと、怪我をしたり、腰を痛めやすいので、少しでも積もったら、すぐに雪かきを行うようにしましょう。

高く積もった雪は重いし、古い家や車を潰してしまうこともあります。軽く見ないで、雪かきをきちんと行うようにしましょう。さらに、塩を撒いておく場合は、定期的に洗車して、車が錆びないように気を付けておきましょうね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です