愛猫が迷子になってしまった!探し方は?掲示板は有効?警察は相談にのってくれるの?


大切な猫ちゃんが迷子になってしまったら…考えるだけでも恐ろしいですね。


万が一愛猫が迷子になってしまった時にとるべき行動をまとめました
急な出来事でパニックにならないように、普段から頭に入れておくようにしましょう。


スポンサーリンク

愛猫が迷子になってしまった!飼い主がまっさきにとるべき行動とは?


時間が経てば経つほど見つかる確率は少なくなるので、出来る限り早めに行動することが大切です。迷子になった時にしなければいけないことはたくさんあります。


愛猫が迷子になったら飼い主がまっさきにとるべき行動とは?

まずは出て行った付近をしっかりと捜索しましょう。室内飼いの猫の場合、逃げた場所の近くに身を潜めていることが多いため、迷子になった付近を低い位置から探しましょう


驚いて逃げてしまわないように、名前を呼ぶ時は大声ではなく優しく呼びかけましょう。


隠れている場所がわからない場合には早めに届け出を出します。届けを出す場所は、保健所、最寄りの交番、近くの動物病院など、迷い猫の連絡が入りそうな場所は全て連絡しておくようにします。


やるべきことをリストとして書く

愛猫が迷子になった時にやるべきことは実にたくさんあります。
もれることのないように普段からリストアップしておきましょう。



警察や保健所は相談にのってくれる?ペットの探偵は頼りになる?


迷い猫が保護される場所でまず思いつくのが、警察や保健所ではないかと思います。
警察や保健所ではどのような対応をしてくれるのでしょうか。


愛猫が迷子になってしまった場合に保健所や警察はどのような対応をしてくれるの?

保健所や警察に届出を出しておいた場合、保護された時に連絡を入れてもらえることになっています。ただ必ず連絡を入れてくれる保証はなく、忘れられているといけないので定期的に確認を入れたほうがよいでしょう。


全国の保健所のホームページでは保護された動物の情報を掲載していますので、そちらも確認するようにしましょう。


ペット探偵に依頼をすると費用は?

自分でやるべきことは全てやったけれど愛猫が見つからなかった場合、ペット探偵に依頼するという選択肢もあります。ペット探偵とは専門的な知識をもとに迷子のペット探しを行う探偵のことです。


ペットの捜索費用はペットだから安いとか高いということはなく、かかった日数や各探偵社の基本料金から算出されることが多いようです。


見つかる確率は?

ホームページ上で捕獲率80%や90%とうたっているペット探偵も見られますが、何よりも大切なのはあなたのペット探しにその探偵社が適切かどうかです。エリア的なこともありますし、迷子になった時の状況などにもよります。


愛猫がいなくなった事をSNSや掲示板に書き込むのも有効


迷い猫の情報をできる限り多く得るためにはSNSで情報を募ることも大変有効となってきます。
また、迷い猫や保護した猫の情報を投稿する掲示板もありますので利用してみてください。


迷い猫掲示板その1:「ペットのきもち」




ホーム画面投稿メニューから「ペットの迷子情報を投稿する」→「猫の迷子情報を登録する」と進むと、情報を入力する画面になりますので投稿内容を入力してください。写真も添付できます


迷い猫掲示板その2:猫好きのためのSNSコミュニティ「ネコジルシ」


里親募集で猫との新生活を応援!日記や写真でユーザ交流できるSNS - ネコジルシ
ネコジルシは猫好きが集うSNSサイトです。猫の里親募集や日記、写真投稿、お友達機能、メッセージ機能などコンテンツ満載!


ネコジルシの会員登録が必要です。「迷い猫掲示板」→「新規投稿」から情報を入力します。入力したデータをもとにチラシを作成することができる機能もついています。


迷い猫掲示板その3:「迷子ペット.NET」


迷子ペットの総合情報サイト
愛するペットが迷子になってしまったら....。迷子犬・迷子猫の掲示板や迷子ペットの探し方などを紹介している迷子ペットの総合サイトです。


ホーム画面から「迷子猫」→「投稿する」に進みます。TwitterとFacebookに連動しているので、より多くの人に拡散することができます。


どれぐらいの確率で引き取り手がみつかるの?

掲示板経由で見つかる確率はそう多くはないと考えられます。ただ、目撃情報などが得られるかもしれないので、他の方法と併用して利用するとよいでしょう。


SNSで情報を拡散することは非常に有効な手段です。TwitterやFacebookのハッシュタグ機能を利用し、「#拡散希望」「#迷い猫」などより効果的に情報を得られる工夫をしましょう。


迷子の予防策として迷子札やGPSは有効なの?


猫は言葉を話せませんので、迷子になった時に連絡先や名前が書かれた迷子札は非常に有効になります。またGPS機能を利用して迷い猫を探すという方法も考えられます。


迷子にならないように迷子札をつくろう!

お値段も手頃でかんたんに出来る迷子札を作ってみませんか。手作りが得意でない方は、1000円前後からいろいろなデザインの迷子札が販売されていますので、お気に入りを探してみてくださいね♪


わんこの迷子札を作ってみた【300円クオリティ】


にゃんこにもよいと思います^^


GPSは有効?

猫が迷子になった時に居場所がわかるように、GPS機能が付いた首輪を利用する方法もあります。


海外製のものを使うときは、日本国内で利用可能な電波を使用しているか調べてから購入しましょう。また、すぐ壊れたりしないかなどよく調べてから購入するようにしてくださいね。


外飼いの猫の場合は、普段の行動パターンがわかって便利だという声も聞かれます。


【まとめ】


・愛猫が迷子になったときに取るべき行動
1. 出て行った付近を捜索
2. 保健所・警察・最寄りの動物病院などに連絡
  定期的に確認
3. ペット探偵に依頼する選択肢もある
4. SNSや掲示板への投稿

・迷子の予防策
1. 迷子札をつける
2. GPS機能のついた首輪などを使用


愛猫が迷子になった時にとるべき行動をまとめました。まず大切なのは出来る限り早めの対応をすること。そして何よりも大切なのは、迷子にならないように普段から気を付けることではないでしょうか。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です