クリスマスケーキは冷凍保存できる?冷凍クリスマスケーキの解凍方法は?




クリスマスケーキはどれも美味しそうで、またパーティーなどでつい大きなサイズを買ってきてしまうこともありますよね。

美味しくパーティーでいただければもちろん一番ですが、どうしてもクリスマスケーキを食べきれず残してしまいそうなことも……。

大きなデコレーションケーキは魅力的ではあるものの食べられる量には限界もあるしカロリーも気になる……できれば「保存してゆっくり少しずつ食べたい」と考えることもあります。

今回はそんなときにクリスマスケーキの冷凍保存はできるかどうか、また冷凍したクリスマスケーキをどうやったら美味しく食べられるかをチェックしていきましょう!

スポンサーリンク

【クリスマスケーキは冷凍保存できるの?】



まず最初に大前提として「クリスマスケーキを冷凍保存することができるかどうか」についてですが、結論から言うとできます。

市販のクリスマスケーキも冷凍で購入する場合もあるくらいなので、生クリームケーキからチョコレートケーキ、チーズケーキ、ブッシュドノエルなど、なんでも基本的に冷凍保存は可能です。

冷凍せずに保存する場合は書かれてある賞味期限、また通常のクリスマスケーキであれば4日ほどは日持ちするので、すぐに食べる場合は冷蔵保存でも大丈夫です。

冷蔵保存する場合のコツとしては購入時の箱にしまっておくと冷蔵庫の匂いを吸収してしまうので、きちんとタッパーなどにしまっておきましょう。



クリスマスといえばシュトーレン!日持ちは?保存方法は?アレンジレシピは?





どうしてもケーキが入るタッパーが見つからない場合はラップをかけ、できるだけ空気が入らないようにしておけば大丈夫ですよ!


【クリスマスケーキを冷凍して保存するコツは?ジップロックは必要?】


クリスマスケーキを冷凍保存する場合に最も重要なポイントとして、フルーツを冷凍保存することは避けましょう。

どうしても水っぽくなってしまうので、見た目はちょっと残念になってしまいますがケーキの上のフルーツは取り除いてから保存します。

できればケーキの間に入っているフルーツも取り除いたほうが美味しく食べられるので、冷凍保存の可能性がある場合は最初から取り除きやすそうなケーキをチェックしておくのもありですね。

クリスマスケーキを冷凍保存する際はできるだけ急速に冷凍することが大切なので、ホールのまましっかり冷やせる場所がある場合はそのままもありですが、できれば1切れずつ切り分けましょう。

結果的に小さくしたほうが冷凍する時間も早くなるので、より美味しさを残したまま保存しやすくなります。

クリスマスケーキを切り分けたらラップなどでくるむ方法が一般的なので、「空気が入らない」という意味ではジップロックも有効です。

とはいえラップで包んでもきちんと美味しく保存できるので、ご家庭にない場合は無理に用意する必要もないと思います。

また一番最初にお話した通り冷蔵庫の匂いを取り込まないためにタッパーを使う方法もおすすめで、さらにはタッパーの蓋を底にしてタッパーをかぶせる方法がおすすめです。

こうすることによってデコレーションを大きく崩してしまうことなくきれいなクリスマスケーキを保存することができるので、ぜひタッパーを使う方法もためしてみてくださいね。

【一度冷凍をしたクリスマスケーキの解凍方法は?レンジ?自然解凍?】


市販の冷凍クリスマスケーキを購入した場合にも書かれてあることが多いと思いますが、冷凍したクリスマスケーキを解凍する場合冷蔵庫に移し替えてゆっくり解凍がおすすめです。

室温で一気に解凍を進めるともちろん早く食べることはできるものの、どうしても生クリームが溶けてしまうなど、風味が落ちてしまうんですね。

冷凍したクリスマスケーキを解凍する場合は冷蔵庫でゆっくり、5~6時間かけて少しずつ解凍してからいただくと美味しく食べられます。

市販の冷凍ケーキの場合も基本的に冷蔵庫でゆっくり解凍が基本と取扱説明書などにも書かれてあることが多いと思うので、解凍時間などを参考にしつつゆっくり溶かしていきましょう!

ちなみに電子レンジで一気に解凍すればべしゃっとしないのではと思うかもしれませんが、電子レンジではどうしても解凍にムラがあったり逆に温めすぎてしまう可能性が大きくなります。

どうしてもすぐに食べたいという場合は確かに早くなるかも知れませんが、美味しく食べるためにもやっぱり冷蔵庫でゆっくり解凍が一番おすすめです!

【クリスマスチキンやクリスマスパーティーのピザは冷凍保存可能?】


クリスマスパーティーなどで残ってしまう可能性があるのはクリスマスケーキだけではなく、クリスマスチキンやピザなども残って困る場合もありますよね。

実はこういったチキンやピザなども冷凍保存は可能なので、どうしても食べきれない場合は冷凍保存し、ゆっくり食べていきましょう!

まず最初にクリスマスチキンを保存する場合ですが、切り分けてからフリーザーバッグなどに入れて空気を抜いておくのが美味しく保存するコツです。

また金属製のトレーにのせて急速冷凍させるとチキンの品質を落とさずに冷凍することができるので、出来るだけ早く冷凍できる方法を選びましょう。

冷凍保存の目安は2~3週間程度、解凍する際は一気に電子レンジで完全に解凍するのではなくアルミホイルで包んでオーブンで蒸し焼きにするか、少しだけレンジで解凍してトースターで加熱する方法がおすすめです。

またチキンはどうしても冷凍前よりは風味が落ちてしまうので、そのまま食べるよりはポトフやスープにいれるなどアレンジ調理がパサパサ感を感じることもなく美味しく食べられます。

次にピザの保存方法ですが、こちらも小分けにした上でフリーザーバッグなどに入れてしっかり空気を抜き、出来るだけ早く冷凍させましょう。

フリーザーバッグがない場合は、ラップでしっかり包んで空気に触れないようにしておけば大丈夫です。

解凍もチキンと同じようにすればOKで、冷凍保存した場合も大体2週間を目安に食べ切るようにしておきましょう!

ピザの冷凍保存の注意点としては、市販で購入した場合によく乗っているポテトのトッピングは冷凍前に取り除いておくことです。

ポテトは乾燥に弱くどうしてもパサパサになって干からびたり変色してしまうので、見た目はやっぱりちょっと残念になりますが取り除いておいたほうが美味しく食べられますよ!

【まとめ】

クリスマスパーティーにたくさんの食べ物を用意するのは楽しいものの、残ってしまったケーキやチキンはどうしても悩むところなんですよね。

冷凍保存を駆使すればこのように長く美味しく食べられることができるので、諦めたり無理して急いで食べてしまうよりは丁寧に保存し、ゆっくり美味しく食べることをおすすめします。

こうすることで少なくとも年内は美味しくゆっくり食べることが余裕でできるので、是非今年のクリスマスケーキなどが残った場合は試してみてくださいね!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です