カナダでフランス語が使われる地域は?フランス語習得にカナダ留学はあり!?

スポンサーリンク
海外旅行・国内旅行
スポンサーリンク

カナダと言えば、アメリカのお隣の国で、もちろん英語圏です。

普段、日本にいると、あまり意識されませんが、実はカナダの公用語は、英語とフランス語になっています。

カナダに旅行を予定している人は、突然フランス語は公用語だと言われても、「えっ?」と思ってしまいますよね。

カナダ旅行でフランス語ができないと困るのか、カナダでフランス語留学ができるのか、カナダの言語環境についてまとめてみました。

スポンサーリンク

カナダの公用語ってアメリカの隣の国だから英語じゃないの?

2FotorCreated

カナダの公用語は英語とフランス語です。

それは、カナダが昔フランスの植民地だったからです。

カナダは、その歴史上、イギリスとフランスの植民地でした。

ですから、カナダ人の中にも、イギリスを中心としてた英語系移民と、フランスを中心としてフランス語系移民がいます。

正式にカナダとして独立したのは1931年のことです。

と言っても、英語を話すかフランス語と話すかは、その州によってかなり差があります。

カナダにある10州のうち、8州は英語のみを公用語としています。

ニューブランズウィック州では英語とフランス語は公用語になっていて、ケベック州はフランス語が公用語となっています。

つまり、カナダ人ならだれでも英語とフランス語のバイリンガルというわけではありません。

カナダでフランス語が頻繁にとびかっている地域は?

5FotorCreated

ケベック州は、フランス語を公用語としていて、カナダの中でフランス語を第1言語としている人が多い州です。

中には英語があまり話せない人や、英語を苦手とする人も多くいます。

 

その背景には、フランスがカナダを植民地としていたころ、主にケベック州のケベックシティやモントリオールを中心に統治していたからです。

その後、フランスはイギリスとの植民地領争いに負けたため、1763年、ケベックは正式にイギリス領になりました。

しかし、イギリスがケベック州を正式に植民地とした当時、すでにフランス系住民がたくさんいたため、イギリスはケベック州に、カナダの他の州とは異なる、独自の統治処置をとりました。

この流れで、ケベック州は今でも、独特のフランス色を残しています。

ケベック州が、北米のヨーロッパと言われる所以もここにあると思います。

カナダの語学学校で英語と同時にフランス語も学べる?

6FotorCreated

カナダへの語学留学を考えている場合、嬉しいのは英語とフランス語の両方を学ぶことが可能なことです。

カナダでフランス語留学をするなら、ケベック州のケベックシティかモントリオールがオススメです。

ケベックシティは、1985年にはユネスコの世界遺産にもなっているくらい魅力的な美しい都市です。

ケベック州の州都で、モントリオールについで人口が多く、観光客も多い都市です。フランス語、フランス文化の中心です。

モントリオールは、冬季オリンピックが開催された都市として、日本人にもなじみがあります。

語学学校もたくさんあり、カナダで最も有名な大学マギル大学があるのもモントリオールです。

3FotorCreated

ケベック州は、日本人をはじめとするアジア人の人口が比較的少ないので、現地の人と交流してしっかり語学を勉強したいという人にはぴったりでしょう。

おすすめの語学学校:Ecole Quebec Monde エコール・ケベック・モンド

FRENCH IMMERSION QUEBEC CITY - french courses quebec, learning french in quebec city
Come to learn French with École Québec Monde right in the heart of Quebec City. Our French courses in Quebec City will allow you to learn French a...

おすすめの語学学校:GEOS Montreal Campus ジオス・モントリオール校

About Our Language (ESL/FSL) school | GEOS Montreal
Welcome to GEOS Montreal, one of the leading language schools in Montreal, Canada! GEOS Montreal offers a unique experience for learning English as a second lan...

おすすめの語学学校:EC Montreal イー・シー モントリオール校

EC English - learn English in exciting cities around the world
EC English offers tailored language course shaped to deliver the solutions you're looking for. Learn to work, to pass exams or just for the sake of it.

カナダのフランス語とフランスのフランス語の違いは?

1FotorCreated

フランスのフランス語と、ケベック州のフランス語は、アクセントや語彙にかなり違いがあります。

日本で、フランス語を勉強したことがある人が、ケベック州に行っても、街の人たちが話すフランス語は、すぐには聞き取れないことが多いようです。

ケベック州には、現在でもフランスから移民してくる人が多いのですが、ランス語を母国語とする彼らでさえ、ケベックのフランス語は分からないというのですから、私たちフランス語を学ぶ日本人が聞き取れなくても当然かもしれません。

でも、ケベック州でフランス語の語学留学をしようとしている人は、安心してください。

ケベック州の語学学校でも、レッスンでは(一応)フランスの正統派フランス語を教えてくれます。

ただし、街に出ると、周りの人たちが話しているフランス語を聞き取れるまでに時間がかかるかも知れませんが。

参考動画;Differences between French in Quebec and France: accent, attitude & curse words

両者の大きな違いは、アクセントや語彙にあります。

ケベックのアクセントは、フランス語を勉強したことがある人なら、「田舎くさい」と感じるかもしれません。

また語彙に関しては、英語の影響を、より強く受けている傾向があり、英語から輸入され、ケベックフランス語として定着したものが多いようです。

それらの語彙をフランス本国で使っても、あまりすんなり理解してもらえないこともあるようですよ。

4FotorCreated

さらに、ケベック州のフランス語の方が、宗教との関連性が強いとも言えるでしょう。人をののしったりするときに使う言葉は、その多くが宗教や教会に関連する言葉を使うようです。

ちなみに、ケベック州には、フランス語を第1言語としている人が多く、人によってはカナダ人なのに英語が話せなかったっり、苦手だったりします。

そのため、ケベックの人の話す英語は、カナダの他の地域に暮らす人の英語よりもゆっくりだと言えます。

案外、英語が苦手な人は、ケベック州の旅行では、「英語が聞き取りやすい」と感じるかもしれません。

まとめ

カナダは、フランス人やイギリス系の移民だけでなく、世界中からの移民が暮らす多民族国家です。

そのためか、外国人に対しても対応がスムーズでこなれているような気がします。

多少言葉ができなくても、比較的旅行しやすい国だといえるでしょう。とは言え、カナダは国土も広く、場所によって、一概に言えないのも確かです。

カナダに旅行や留学を考えている人は、言葉だけでなく多民族に対する許容力の広さのようなものも感じられるかもしれませんよ!

 

よく読まれている記事
海外旅行・国内旅行
スポンサーリンク
takatakaをフォローする
スポンサーリンク
フククル

コメント

タイトルとURLをコピーしました