フジバカマ(藤袴)の花言葉や見頃・育て方は?源氏物語との関係は?

スポンサーリンク
四季の花・植物
スポンサーリンク

日本でも古く……万葉の時代から親しまれている秋の植物として「フジバカマ」があり、夏の終わりから秋の初めにかけてその花を楽しむことが出来ますね。

かつては河原などで気軽に見ることが出来ていたフジバカマですが現在はその数も減ってしまい、環境省のレッドリストで「準絶滅危惧種」に指定されているんです。

現在もフジバカマは市販されているので気軽に見ることはできますが、この市販されているフジバカマの多く「サワフジバカマ」という、フジバカマとサワヒヨドリの雑種です。

本当のフジバカマを見る機会は減ってしまいましたが日本で古くから愛されていたフジバカマ、ぜひこの機会にどのような花なのか、花言葉なども確認してみましょう!

スポンサーリンク

【10月といえばフジバカマ(藤袴)!開花や見頃時期は?】

フジバカマ「秋の七草」(オミナエシ・ススキ・キキョウ・カワラナデシコ・クズ・ハギ・フジバカマ)のひとつである、キク科ヒヨドリバナ属の多年生植物です。

原産は中国だと言われていますが日本でも本州から四国・九州にかけて幅広く分布していて、8月の終わり頃から10月にかけて咲く花を楽しめます。

夏の終わりに咲きますが10月頃まで残り花があるので、フジバカマを見つけたら長く楽しむことも出来るんですね!

【フジバカマ(藤袴)の花言葉は?】

このように小さな花を夏の終わりから秋にかけて咲かせるフジバカマ、花言葉は「遅れ」「ためらい」「躊躇」、そして「あの日を思い出す」となっています。

フジバカマは少しずつ小さな花を咲かせるという性質があるため、このような花言葉がつけられたというのがその理由です。

花を見るとつい花言葉が気になって調べる方も多いと思いますが、そもそもこの花言葉はいつから使われているのか、気になりませんか?

花言葉の発祥は17世紀のトルコと言われていて、トルコでは恋人への贈り物として「花に思いを託して贈る」セラムという風習がありました。

これがヨーロッパに広まってそれぞれの国の花のイメージから花言葉が作られ、花言葉の書籍などが流行し、日本にも伝わってくることになったんです。

日本に花言葉が伝わってきたのは明治初期だと言われていて、当時は伝わってきた花言葉をそのまま使うというところから始まりました。

その後日本独特の風習や歴史に合わせて日本の花言葉が作られ、現在も使われています。

ですから花言葉はそれぞれの国で違いますし、実は野菜に咲く花にもゴボウ=人格者、ほうれんそう=健康など、きちんと花言葉が作られているんですよ。

【フジバカマ(藤袴)は家の庭で育てられる?ベランダのプランターでは?】

市販されているフジバカマは実はフジバカマではない可能性が大きいですが、ともあれ市販されているほど育てやすい花でもあります。

日当たりの良い場所で水はけの良い土を使い、地下茎もぐんぐん伸びるので地植えの場合は周囲に他のものを植えない、仕切りを埋めるなどの対策をしておきましょう。

プランターや鉢植えでも育てられますが、フジバカマは地下茎がぐんぐん伸びるので1~2年に一度は株分けをして植え替えるようにしてくださいね(地植えの場合は3~4年に一回)。

日当たりの良い場所で極端な乾燥を避け、地下茎がぐんぐん伸びて広がることに注意すればフジバカマは比較的簡単に育てられておすすめですよ!

【フジバカマ(藤袴)と源氏物語の関係は?】

フジバカマは秋の七草として万葉集に詠まれているのはもちろん、あの有名な源氏物語にも登場します。

「匂宮」で薫中将や匂宮の薫香の表現にフジバカマがあり、これはフジバカマは乾燥させると桜餅のような芳香を放つからという……香りのための花でもあったんですね。

源氏物語では香りの例えとして植物を挙げられていることが多く、フジバカマはそのひとつとして登場しているんです。

このように古い文学から登場しているフジバカマの香りを現在でも知ることが出来るというのは、昔を知るきっかけにもなりうれしいですね。

【まとめ】

フジバカマは日本の文学を見ても古くから親しまれ、身近にある花として知られていました。

現在は準絶滅危惧種に指定されているほど本来のフジバカマは少なくなってしまったものの、市販されているフジバカマなどでその雰囲気を楽しむことは出来ます。

またフジバカマは地下茎が伸びやすいことに注意すれば比較的育てやすい花で、鉢などで育てることも可能です。

ぜひこの興味を持った機会にフジバカマをじっくり鑑賞し、またおうちでもフジバカマを育ててみてくださいね!

よく読まれている記事
四季の花・植物
スポンサーリンク
takatakaをフォローする
スポンサーリンク
フククル

コメント

タイトルとURLをコピーしました