秋の七草の覚え方は歌と語呂合わせで!サクっと覚えよう、秋の七草!

9月のお祭り

一般的に「七草」と言えばまずせり、なずな、ごぎょう、はこべら・・と春の七草が思い浮かぶのではないでしょうか?

七草粥を食べる風習は現在も定着しています。

実は秋にも七草はあるのです。

しかし、秋の七草といっても何を指すのかピンと来ない方も多いと思います。

秋の七草についての知識とともに覚えやすい語呂合わせをご紹介させていただきます!

秋の七草の覚え方はとても簡単!秋の七草とは?

秋の七草とは、女郎花、尾花、桔梗、撫子、藤袴、葛、萩の七種のこといいます。

桔梗や萩など聞いたことのあるものもありますが、あまり聞きなれない植物もあるので一つずつ特徴をご紹介します。

・女郎花(おみなえし)

8月~10月頃に黄色い小さな花を複数咲かせる多年生植物。
生薬として利用され解熱、解毒効果もある。

・尾花(おばな)

現在のススキ。
日当たりのよい野原に生息し、十五夜の月見の際に飾ることも多い。

・桔梗(ききょう)

山野の日当たりの良いところに生息するが、絶滅危惧種であり自生する数は減っている。
星型の青紫の花が特徴。

・撫子(なでしこ)

現在はカワラナデシコ。
四国九州に広く分布。日当たりのよい草原に生育。
淡い紅色の花弁は先が糸状にひらひらと分かれているのが特徴。

・藤袴(ふじばかま)

キク科の多年生植物。
8月~10月に淡い紫紅色の花をつける。
準絶滅危惧種であり自生しているものは数を減らしている。

・葛(くず)

マメ科のつる性多年草。
葉は手のひらよりも大きく茎は食用の葛粉や漢方薬に用いられる。
8月~9月には濃紺紫色の穂状の花が咲く。

・萩(はぎ)

マメ科の落葉低木。
茎も細く背も低いため草のように見える。
秋には枝の先に赤紫色の花を咲かせる。
放牧地や、火事跡など荒れ地に生えやすい。

秋の七草の覚え方 その1:歌で覚えよう!

2

春の七草は五・七・五・七・七のリズムにして唱える覚え方が有名ですね。

秋の七草については七草が出てくる童謡が見つかりました。

幼稚園では秋になると習うそうです。

小さい女の子が歌う動画があったのでご紹介します。

秋の七草

歌詞

秋の七草、美しい 色とりどりに美しい
背高のっぽの おみなえし 萩  葛  桔梗  藤袴
かくれんぼうの 撫子さん すすきがみんなを呼んでいる
秋の七草、美しい 色とりどりに美しい

七草の特徴を織り込んでいて、メロディも優しく秋のお散歩に口ずさみたくなってしまう歌だなとほっこりした気分になりました。

秋の七草の覚え方 その2:語呂合合わせ

3

秋の七草は頭文字をとった語呂合わせでも覚える方法があります。

有名な所ですと「ハスキーなお袋」があります。

「ハスキーなクフ王」というのもありましたが、クフ王がとっさに思い出せるか微妙だったのでお袋で覚えましょう!

・・萩
・・すすき
・・桔梗

・・撫子
・・女郎花
・・藤袴
・・葛

他には「お好きな服は?」というのもあります。

4

・・女郎花
・・すすき
・・桔梗
・・撫子
・・藤袴
・・葛
・・萩

頭文字から草の名前が出るようにまずは軽く草の名前を憶えておくと良いですね。

秋の七草もお粥にするの?春の七草との違いは?

5

春の七草は1月7日に七草粥をしますが、秋の七草もお粥にするのでしょうか?

春の七草でお粥をするのは無病息災を祈願しているのですが、秋の七草はそういったいわれはありません。

そもそも秋の七草とは秋の野を散策して山上憶良が読んだこの2種の歌から選ばれたといわれています。

秋の野に咲きたる花を指折り(およびをり)かき数ふれば七種(ななくさ)の花

萩の花 尾花 葛花 瞿麦(なでしこ)の花 姫部志(をみなへし)また藤袴 朝貌の花

※朝貌の花とは桔梗と言われている

秋を感じさせる七草は春の七草と違って、あくまで目で見て楽しむための七草であるといわれています。

食べる春と見る秋、これが大きな違いですね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

耳馴染みの少なかった秋の七草でしたが少し詳しくなっていただけたのではないでしょうか?

・秋の七草は、女郎花、尾花、桔梗、撫子、藤袴、葛、萩の七種類であること
・どれも9月ごろに見頃を迎える草花であること
・覚え方は童謡「秋の七草」で歌って覚えるもよし、
・「ハスキーなお袋」、「お好きな服は」と語呂合わせで頭文字を覚えるのも良い
・秋の七草はお粥にはせずあくまで鑑賞用の七草であること

知識と共に秋の七草を覚えていけば覚えやすいのではないでしょうか?

忘れないようにたまに思い出してみていただけたらと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました