塾のトラブル事例4選!解決策と相談先まとめ!送迎・退会・子供同士のトラブルどうする?

スポンサーリンク


お子さんが中学生や高校生なら、塾に通わせる家庭が多いでしょう。受験前ともなると、ほとんどの家庭が塾に通わせるものですが、そうなると塾でのトラブルも増えますよね。


今現在、トラブルに直面している人もいれば、塾に通わせようと考えている人で、情報を調べている人もいるでしょう。この記事で何かしら情報を得られれば幸いです。


スポンサーリンク

塾のトラブル事例4選 その1:子供同士のトラブル

子供同士でのトラブルはよくあることです。塾は他校の生徒もいっしょになることが多いので、普通の学校での子供同士のトラブルよりもさらに複雑化しやすいです。学校の違いや地域の価値観の違いから、喧嘩やいじめになるケースもあります。


怪我を負わされた場合でも、塾は学校ほど敏感に反応してくれないため、警察沙汰にする場合もあります。塾の講師の多くはアルバイトの大学生です。なので、子供同士のトラブルに対する対応もきちんとできない場合が多いんです。


子供同士のトラブルに発展した場合は、個人経営でも良いので、ベテラン講師が教える塾に変えるか、別の支店に子供を移すかして、早急に対策を取りましょう。塾の目的はあくまでも学力の向上なので、その妨げになる要素は全力で親が排除すべきです。


中学生同士のトラブルを相談させて。塾関係の人間関係…




塾のトラブル事例4選 その2:送迎のトラブル


塾に通わせるとなると、子供の帰りはとても遅い時間になってしまいます。そのため、車で送り迎いをする家庭も多いと思いますが、塾には多くの子供が集まるので、当然、送迎でのトラブルは増えます。



駅から近い塾などは、駐車場がないケースがほとんどです。そのため、子供の帰りを待つ親が路肩に車をずらりと並べることもあります。通行者の迷惑になったり、近所からクレームが来ることもあります。


そういったことを避けるために、迎えに行く場合は、隣人の迷惑にならない場所を待ち合わせ場所にして、塾の出入り口付近から離れるようにしましょう。また、高校生の子供なら、最寄りの駅まで自分で帰って来てもらい、駅で待ち合わせるようにすると、トラブル回避できます。


また、送迎までの道中で交通事故に遭う場合もあるので、運転には十分に注意してください。受験前の子供に怪我をさせたら、本末転倒ですからね。


塾のトラブル事例4選 その3:退会のトラブル


塾には当たり外れがあります。特に大手の場合は、上記でも言った通り、大学生のアルバイトが講師になる場合がほとんどなので、授業の質に問題がある場合もあります。


ただ、そういう大手の場合は、毎月、何日までに退会の申し出をするというルールが設けられており、それを過ぎてしまうと、翌月の授業料の支払いが発生してしまいます。退会時にこのルールを知らずに、翌月の授業料の支払いでトラブルになるケースはとても多いので、入会する際にきちんと退会の手続きやルールを確認しておきましょう


また、塾の場合はほとんどが前払いになると思います。そして、半納や前納することで割引してくれる場合もありますが、途中で退会する場合はこの割引分の金額を支払うことになります。これも理解した上で退会しないと、トラブルになります。


前納や前払いしている分に関しては、サービスを受けていない分のみ退会する際にきちんと返還請求ができます。ただ、一般的には請求できますが、入会時になんらかのルールを設けた書類に同意しているはずなので、請求できないケースもあります。そうならないように、同意書などもきちんと目を通しておきましょう


塾のトラブル事例4選 その4:塾のママ友トラブル


塾に通う際に、近所の同学年の親に塾を紹介してもらうケースも多いでしょう。子供が友達といっしょに通いたいと言って、探してくる場合もありますね。そうなると、ママ友とのトラブルも起こりやすくなります。


一番多いトラブルとして、送迎があります。いっしょに通わせている理由から、ママ友から自分の家の子もいっしょに迎えに行ってほしいと頼まれることがあるでしょう。特別な理由で了承するのは仕方がないことだとしても、それが習慣化して毎度となると、送迎する側の負担になってしまいます。よっぽどの理由がない限り、引き受けないようにしましょう。


また、子供の塾での成績をしつこく尋ねてくる人もいます。ライバルとして気にかけている場合もあれば、塾の真価に疑問をもっていることが理由の場合もありますが、どちらであれ、尋ねられる側はいい気分がしないものですよね。


こういったトラブルに巻き込まれないように、ママ友である家庭と同じ塾に通うのは避けましょう。また、塾を選ぶ際は、子供に合っているかどうかを一番のポイントとして選ぶようにしましょう。


【最後に】


塾は学校とは違うので、子供に対してのフォローがきちんとしていない場合も多いです。講師も勉強以外のトラブルには対応不可のケースがほとんどなので、トラブルになった場合は、自分で解決するほかありません。なので、そうならないように、事前にトラブルになりそうなことを回避したり、予防策を用意しておくようにしましょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です