お花見宴会の服装はスカートで正解?防寒対策は必要?

スポンサーリンク


お花見宴会が開催される時期は、3月下旬から4月上旬ですよね。そんな時期の夜の屋外は結構寒いですよね?スカートってありかなしか迷いませんか?


寒くないかなとか、回りの眼は大丈夫かとか気になるところだと思います。今回は女子のスカートに重点を置いて考えてみたいと思います。ぜひ参考にしてください。


スポンサーリンク

今夜はお花見!服装でスカートは正解?


お花見のシーズンと言えば、4月の初旬ですよね。
その時期の夜ともなると、まだまだ気温が低いので、スカートで長時間いるのは厳しいです。


ひざ掛けを持っていってもいいと思いますが、宴会などで多くの人が集まる場合は他の人の邪魔になることもありますし、男性陣が目のやり場に困るので、スカートは控えた方がいいでしょう。


また、スカートと合わせて、ヒールを履いて行くのもNGです。
ヒールだと、塗装されていない桜の下を歩くのが難しいですからね。


もしも、スカートを履きたいのならば、ロングスカートにするといいでしょう。
ロングなら寒くないですし、男性陣への配慮もできます。


ベストはチノパンやスキニーですが、スキニーだと情時間座っているのが辛いと思うので、ちょっとたぼっとしたパンツがおすすめですよ。足元もスニーカーなど、アウトドアに合う履物がいいでしょう。



お花見の季節に!おすすめのスカート3選!


スカートをお勧めしませんが、女性らしくスカートを履いていきたいと思う方は多いでしょう。そんな人におすすめのスカートをいくつかご紹介しましょう。


・無地マキシスカート

カラーバリエーションが豊富で安価だけど、肌触りがいいロング丈です。
シルエットが大人っぽいので幅広い年齢層におすすめです。
中にタイツを履いて着るのがおすすめです。



・レイヤーマキシスカート

普通のスカートが嫌だって人におすすめなのが、コレ!
絞れば自分でアレンジ可能なので、おしゃれアイテムとしておすすめです。
二重になっているので、寒さにも透け対策にもばっちりですよ!



・柄物マキシスカート

女性らしい柄で、上品なスタイルのロングスカートです。
柄が入っているので、春先にぴったりですよ。
他の女の子と差をつけるのにも一役買います!



お花見のスカートコーデにピッタリな髪型3選!


・ロングバージョン

やはり寒さ対策にもなるので、ハーフアップがおすすめです。
ハーフアップだと、キャップもかぶりやすいですしね。




やり方もとっても簡単です。
最後に全体を縦巻にしたら、かわいく仕上がるのでやってみてください。


誰でも簡単トップふんわりハーフアップアレンジ!大人女子にもぴったり巻き髪を使ったヘアスタイリング術!ミディアムヘアからロングヘアまで☆Way’s小屋侑大



・ミディアムバージョン

ねじって崩して作る簡単ポニーテールです。
風が強い屋外なので、ポニーテールぐらいが邪魔にならずに良いと思います。


ミディアムヘア ねじりローポニーテールアレンジ SALONTube サロンチューブ 美容師 渡邊義明



・ショートバージョン

ちょっと長めのショートなら、できるアレンジです。
かわいい女の子向きのヘアスタイルなので、パンツコーデと合わせて、かわいいアレンジです。
簡単にできるのでおすすめです。


ショートでもできる♡くるりんぱとねじるだけ!簡単ヘアアレンジ もけみん編 ♡MimiTV♡



お花見・夜桜がきれいな季節の外気温は?防寒対策は?


夜桜はとてもきれいですが、気温が気になりますよね?


大体、東京や大阪の平均気温は、3月が9.4℃、4月が14.6℃です。
夜であれば、マイナス5度くらいで考えるといいでしょう。


なので、4月であっても、10℃前後になってしまいます。
なので、寒さ対策をして出かけられるといいでしょう。


防寒対策として、カイロやひざ掛けはとてもおすすめです。
また、パンツも冬仕様で、中にヒートテックを履いておくのがいいでしょう。



上の服もヒートテックを着て、二枚は重ね着した上でアウターを着るのがおすすめです。厚手の靴下、マフラーや手袋、ダウンジャケットなど完全な冬装備で挑んだ方がよいでしょう。


【最後に】


やはり春とは言え、夜になれば冬並みの寒さになるので、冬の完全防備の服装でお花見に臨むのが正解でしょう。パンツルックでも寒いと思うので、ぜひしっかりとカイロやひざ掛けを持参して防寒対策をしてくださいね。


夜桜も桜も1~2週間しか楽しめないものなので、
寒いかもしれませんがぜひ出かけて行って、お花見を楽しんでくださいね

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です