猫が主人公の映画のおすすめ4本!【洋画】猫好きなら必ずみておこう!


猫が出演している洋画は思っていた以上にたくさんあります。どの作品においても猫がとても重要な役割を果たしていて、猫なしでは成り立たない映画ばかりです。

猫好きならば必ず見てほしい!おすすめの洋画を4本紹介します


スポンサーリンク

猫が主人公のおすすめ映画4本!【洋画編】 その1:ティファニーで朝食を



○タイトル ティファニーで朝食を

○公開日 1961年劇場公開


あらすじ

トルーマン・カポーティの同名小説をオードリー・ヘプバーン主演で映画化した作品


ニューヨークのアパートで猫と暮らしている娼婦のホリーは一流宝石店ティファニーのショーウインドウの前で朝食を食べるのが日課。そんなホリーは駆け出しの作家ポールと出会います。


出演者

オードリー・ヘップバーン(ホリー)・ジョージ・ペパード(ポール)ほか


この映画ではホリーと一緒に暮らす茶トラの猫ちゃんがとても重要な役割を果たしています。ホリーは猫には名前を付けようとはせず「CAT」と呼びかけます。ホリーの何物にも縛られたくないという思いを象徴しているのではと言われています。


この茶トラの猫はオレンジィという有名な役者猫が演じていて、有名な雨の中のシーンも見事にこなしています。


ティファニーで朝食を – 予告編



Huluでは配信されていませんが、Amazonプライムビデオでは視聴することができます。




猫が主人公のおすすめ映画4本!【洋画編】 その2:こねこ



○タイトル こねこ

○公開日 1999年7月17日劇場公開


あらすじ

こねこが大活躍するロシア映画です。


モスクワに住む音楽家一家の子どもたちマーニャとサーニャのもとにやってきたキジトラの子猫チグラーシャは、いたずらが過ぎて大都会に迷い込んでしまいます。仲間たちと協力して家まで帰りつこうとするチグラーシャと仲間たちの物語。


出演者

アンドレイ・クズネツォフ(フェージン)・リュミドラ・アリニナ(おばさん)マーシャ・ポポフ(マーシャ)・サーシャ ・ポポプ(サーニャ)ほか


チグラーシャを助けてくれた日雇い労働者フェージン役のアンドレイ・クズネツォフは世界的にも珍しい猫の調教師です。クズネツォフファミリーの猫たちの演技にも注目してください!


また、この映画は単なるかわいい猫ちゃんの実写映画というだけではなく、ロシアを取り巻く社会問題を垣間見ることができる作品となっています。


ロシア生まれの猫映画の傑作!『こねこ』DVD & ブルーレイ 9月30日発売!



Hulu、Amazonプライムビデオともに視聴することはできません。


猫が主人公のおすすめ映画4本!【洋画編】 その3:ハリーとトント



○タイトル ハリーとトント

○公開日 1975年12月20日劇場公開


あらすじ

ニューヨークに暮らす72歳のハリーは区画整理でアパートを追い出され、愛猫トントと一緒に子ども達のもとを訪ね歩きます。老人と猫とがアメリカ横断の旅をするロードムービー


出演者

アート・カーニー(ハリー)・エレン・バースティン(シャーリー)ほか


本作品で第47回アカデミー主演男優賞を受賞したハリー役のアート・カーニー素晴らしい!旅の道中で出会う人たちとのエピソードが心に残ります。ハリーとトントとのやりとりが温かい気持ちにさせてくれます


“HARRY & TONTO” TRAILER



Hulu、Amazonプライムビデオともに視聴することはできません。


猫が主人公のおすすめ映画4本!【洋画編】 その4:インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌



○タイトル インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌

○公開日 2014年5月30日劇場公開


あらすじ

第66回カンヌ国際映画祭でグランプリに輝いたコーエン兄弟による作品


1960年代のニュヨーク・グリニッジビレッジで活動を続けた無名のフォークシンガーと猫との1週間がユーモアを交えて描かれています。


出演者

オスカー・アイザック(ルーウィン)・キャリー・マリガン(ジーン)・ジャスティン・ティンバーレイク(ジム)ほか


ボブ・ディランが憧れたというフォーク歌手デイヴ・ヴァン・ロンクの回想録をもとに作られており、全編で登場するフォークソングが切なさを誘います。猫を抱えて電車に乗るルーウィンの姿が何とも言えず、最後に出てくる猫の名前も物語の重要な要素となっています。


映画『インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌』予告編



Hulu、Amazonプライムビデオともに視聴することはできません。


【まとめ】


・猫が主人公のおすすめ映画【洋画編】 その1:ティファニーで朝食を
 オードリー・ヘップバーン主演の名作。主人公ホリーと一緒に暮らす名前がない「猫ちゃん」を演じるオレンジィが素晴らしい。

・猫が主人公のおすすめ映画【洋画編】 その2:こねこ
 こねこが大活躍するロシア映画。日雇い労働者フェージン役の猫の調教師クズネツォフファミリーの猫たちの演技に注目。

・猫が主人公のおすすめ映画【洋画編】 その3:ハリーとトント
 老人と猫とがアメリカ横断の旅をするロードムービー。ハリーとトントとのやりとりが秀逸。

・猫が主人公のおすすめ映画【洋画編】 その4:インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌
 ボブ・ディランが憧れたというフォークシンガーと猫との1週間が描かれた作品。猫が重要な役割を果たす。


今回おすすめの4本の映画は、どれも存在感のある名俳優猫たちが出演しています。繰り返し観たい名作ぞろいですので、猫好きの方はもちろん、それほどでもない方にもぜひ観ていただきたいです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です