はじめて子猫と過ごす冬!寒さ対策まとめ!暖房は?ベッドは?

スポンサーリンク


子猫が生まれてはじめて過ごす冬。飼い主さんは心配がいっぱいですよね。
寒さ対策には何をしてあげればよいのでしょうか?おすすめの暖房グッズも紹介します♪


スポンサーリンク

猫は冬の寒さには弱い?エサはあったかいものがいいの?


一般的に猫は寒さに弱いと言われていますが、一体どれくらい寒さに弱いのでしょうか。
寒さで猫が病気になっては大変。冬場のエサのあげ方についてもお教えします。


猫は冬の寒さに強いの?

猫はもともと暖かい地域の生き物で寒さに弱いと言われています。外気に触れることのない室内飼いの猫は気温の変化に弱い傾向があります


また体温調節があまり得意ではないので快適な環境を作ってあげることが大切です。
特に生後3か月未満の子猫体温調節ができないので注意が必要です。


冬にも外で遊ぶの?

雪が降る真冬でも、外で遊ぶ猫もいます。
個体差があり毛の長い猫や運動量の多い若い猫は寒さに強い傾向があります。


猫の冬毛について

猫には夏と冬の2回換毛期があります。10月中旬ごろから寒さに備えて冬毛に生え替わり始めます。からだの周りにアンダーコートと呼ばれる細かい毛が密集して生えてきます。


冬毛の猫ちゃんはふわふわと一回り大きくなってとっても可愛いです♪
冬が終わって3月頃から冬毛が抜け始め、9月頃から短く硬い夏毛に替わります。


エサもあったかいものがいいの?

猫はひと肌くらいの温度の食べ物を好みます
冷蔵庫に入れておいたものや、室温が低い時には少し温めてあげるとよいでしょう。

猫によって好みもありますので、食欲がない時にはエサの温度に気を付けてあげてください。



子猫が喜ぶ冬の暖房器具 おすすめは?

外気に触れることのない室内猫(とくに子猫)は気温の変化に弱く、冬は暖房器具による寒さ対策が必要です。猫ちゃんが喜ぶ暖かくて安全な暖房グッズを紹介します


おすすめ暖房グッズその1 「猫用ベッド」

ペットプロ マイライフベッド SS



値段:990円(税込)

寝心地抜群のふわふわベッドです。
湯たんぽなどが入れられるポケットが付いています。ホルムアルデヒド検査済。


おすすめ暖房グッズその2 「湯たんぽ」

【貝沼】 レンジでチンするユカホット



値段:2,462円(税込)

電子レンジで加熱し専用カバーに入れて「湯たんぽ」として使用します。
繰り返し使えるので経済的です!カバーもかわいい♪


おすすめ暖房グッズその3 「こたつ」

猫こたつ【ベッド 部屋 ダンボール】【2017AW】PEPPY(ペピイ)



値段:2,700円(税込)

猫専用ミニこたつ。何とこのこたつ、猫が大好きな段ボールで出来ています
こたつから顔を出す猫ちゃんがたまりませんね~♪
暗くて狭いところが好きな猫ちゃんが喜ぶこと間違いなし!?


こたつと猫 Cat and kotatsu 2016#2


猫ちゃんたちがこたつでまったりしてる姿がかわいい動画です。


冬に子猫だけで留守番、気をつけるポイントは?


子猫だけでの留守番はとても心配ですよね。
寒さが心配な冬のお留守番は特に注意が必要となってきます。
冬に子猫を留守番させる時のポイントをお教えします


エアコンや暖房器具はつけっぱなし?

基本的にはエアコンなしでも大丈夫な猫が多いようです。猫は居心地のよい場所を見つけるのが上手なので、暖かい場所に自由に移動できるようにしてあげるとよいでしょう。


ヒーターを使う暖房器具火事や火傷の原因になりますので、留守番のときには使わないようにしてください。


ベッドやカーペット窓から離れた日当たりのよい場所に置いてあげてましょう。
湯たんぽや温かいベッドを用意してあげるといいですね。


ホットカーペットは長時間使うと低温やけどになることがあるので注意が必要です。
湯たんぽブランケットなどで包んで低温やけどに気を付けてあげてください。


暖房器具を使うのならばエアコンがおすすめ
室温20~23度くらいになるよう設定します。

ただし、エアコンを長時間つけっぱなしにしていると空気が乾燥します。湿度50%くらいになるよう加湿したり、飲み水を多めに用意してあげてください。


コンセントは大丈夫?

生後半年くらいまでの子猫は、コンセントのコードなどをかじることがよくあります
生え替わる途中の歯がむずむずしてかじってしまうようです。


電源コードをかじることにより導線が出てしまい感電することもあります。
使っていないコードは片づけて、コードカバーなどを使うようにしましょう。


留守番中のエサは?

ドライフードであれば多めに用意して出掛けても大丈夫です。
お腹がすいたら好きな時に自由に食べてくれます。


出されたものを全て食べてしまう子ならば、自動給餌器を使うといいですね。
水は多めに用意してあげてくださいね。


冬の子猫のベッド・寝床はどうしたらいい?


寒い冬の夜を快適に過ごしてもらうための子猫用ベッドについて詳しく説明します。
あなたの猫ちゃんにぴったりのベッドを用意してあげてくださいね。


冬の猫用ベッドや寝床について

夜寝るときに子猫がどこで過ごすのか…飼い主としては猫と一緒のおふとんで体を寄せ合って眠りたいところですが、なかなかこちらの思うようにはいかないものです。まずは猫が快適に過ごせる猫用ベッドを用意してあげましょう


冬の猫用ベッド

暖かい素材で出来た猫用ベッドを買ってくるのもよいですし、段ボールなどで手作りするのもよいでしょう。用意したベッドはそのままに使わずにブランケットなどを掛けて暖かくしてあげてくださいね。


猫が快適に過ごすためには

猫が好む場所にはいくつかのポイントがあります。


・自分のにおいがするところ
いつも使っているクッションやブランケットを置いてあげるといいですね。


・やわらかい素材
フリース素材などふわふわ・もこもこのやわらかい素材を好みます。


・暗くて狭い場所
ドーム型のベッドやこたつの中も好きですね。


これらのポイントを意識して猫用のベッドを用意してあげてください。


猫によっては用意したベッドには寄り付かず、ソファやこたつ、人間のベッドで眠るなど様々です。猫が快適な場所を選べるような環境を作ってあげてください。


子猫と添い寝をしても大丈夫?

大好きな猫ちゃんと添い寝することは飼い主さんにとっては至福の幸せ。でも寝ているうちに子猫をつぶしてしまわないか心配ですよね。体の大きな人は子猫との添い寝は避けたほうがよさそうです。


また赤ちゃんの口を添い寝していた犬や猫の体が塞いでしまうこともあるようですので、小さな子どもさんとの添い寝は避けましょう


猫は夜行性で危険を回避する能力もあるので、ある程度大きくなった子猫であれば添い寝をしても問題はないと思われます。人間とペット間で感染する人獣共通感染症が心配な方は、添い寝を避けられた方がよいでしょう。


【まとめ】


1. 猫は体温調節が苦手なので快適な環境を作ってあげる必要がある。

2. 子猫におすすめの暖房グッズ
・猫用ベッド
・湯たんぽ
・こたつ
コードをかじったり低温やけどの心配がない電源を使わない暖房がおすすめ

3. 子猫だけでの留守番
暖かく安全な環境を整えてあげれば子猫だけでの留守番も可能。

4. 子猫の冬の寝床
まずは快適な猫用ベッドを用意
猫用ベッド・ソファ・こたつ・飼い主と添い寝など、家庭の環境や猫の好みなどによって臨機応変な対応を。


寒い冬は猫ちゃんとの距離が近づいてますます仲良くなれるチャンスです!猫ちゃんがはじめての冬を暖かく快適に過ごせるよう、飼い主さんも楽しみながら寒さ対策してあげてくださいね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です