常滑の招き猫「とこにゃん」が巨大すぎる!招き猫通りとは?招き猫祭りとは?

スポンサーリンク


「焼き物のまち」愛知県常滑市では街の至る所に招き猫が…
その中でもひと際目を引く巨大招き猫「とこにゃん」について詳しく解説します


スポンサーリンク

常滑の巨大な招き猫「とこにゃん」は3.8m!

常滑駅からほど近い「とこなめ招き猫通り」には、高さ3.8m幅6.3mの巨大な招き猫「とこにゃん」が設置されています。どうしてこんなに大きな招き猫がこの場所に設置されたのでしょうか。


なぜ常滑に巨大な招き猫があるの?

日本六古窯のひとつである常滑は招き猫生産量日本一を誇ります。そのアピールとして、常滑駅から陶磁器会館・やきものの散歩道へと向かう「とこなめ招き猫通り」の壁の上に巨大な招き猫「とこにゃん」が設置されました。


いつからあるの?なぜ作られた?

「とこにゃん」は2007年(平成19年)に誕生しました。


常滑駅から陶磁器会館をスタート地点に、中心市街地の小高い丘を歩く散策コース「やきもの散歩道」へと続く道が以前は少し殺風景でした


そこで、観光に来られる方に楽しんでいただく目的で、道路南側の壁に常滑式の巨大な招き猫1体(愛称「とこなめ見守り猫とこにゃん」)と「御利益陶製招き猫」39体、「本物そっくりの猫」11体が設置されました。


とこなめ招き猫通り 巨大招き猫 常滑市 スライドショー




常滑の招き猫通りにある39体の招き猫のご利益とは?


常滑招き猫通りには「とこにゃん」のほかにも39体の招き猫が設置されています。
この招き猫たちには一体どんなご利益があるのでしょうか。


招き猫通りの場所

愛知県常滑市名鉄「常滑駅」から東の陶磁器会館に向かう道路は、コンクリートの壁に巨大招き猫「とこにゃん」、「御利益招き猫」39体、「本物そっくりの猫」11体が設置され「招き猫通り」の名で親しまれています。


招き猫通りのみどころ

[みどころその1]

なんと言ってもまずは巨大招き猫「とこにゃん」に会いに行ってください!


見る場所によっては頭の先だけしか見えないことがあるので、よく注意して見つけてくださいね。すぐ近くまで寄ることもできますので、間近で造作などを観察するのもありだと思います♪


[みどころその2]

「とこにゃん」のすぐそばには本物そっくりの11体の猫が設置されています。11体全部見つけられない人もいるようですので、頑張って探してみてくださいね^^


[みどころその3]

39体の御利益招き猫には、それぞれのご利益が書かれています
ひとつずつ読みながら楽しく散策してください。


誰が招き猫を作った?

御利益招き猫は、常滑市にゆかりのある陶芸作家39人が愛情をこめて一体ずつ手がけました。39体それぞれに様々なご利益が込められています。


なぜ39体?ご利益は?

「家内安全」「縁結び」などのほかに「禁酒」「美人祈願」など様々なご利益が…常滑市にゆかりのある陶芸作家39人がそれぞれにご利益を託した招き猫を手がけました。


常滑で招き猫は購入できるの?値引き交渉は可能?


縁起物の招き猫をお土産に購入できる場所はあるのでしょうか?
招き猫が購入できる場所やお値段などをお教えします。


常滑の招き猫通りで招き猫を購入することはできる?

常滑駅から招き猫通りを進み、陶磁器会館をスタート地点に「やきもの散歩道」と言われる焼き物がたくさん見られる散歩道があります。


「やきもの散歩道」にはお店が沢山あり、招き猫や茶碗など常滑焼の商品を購入することができます。スタート地点の陶磁器会館でも常滑焼の展示販売を行っています


いくらぐらいの招き猫が人気?

常滑にはたくさんの窯元や販売店があり、大きさもデザインも実に様々な招き猫があります。値段も数百円から数万円するものまで、ご予算や用途に合わせて選んでいただくことができます。1000円前後のかわいいミニ招き猫がお土産などによく選ばれるようです。


ご利益は?

古くから縁起物として親しまれて来た招き猫は、片手をあげて福を招くその姿から、開運招福・千客万来・商売繁盛をもたらすと言われています。


右手をあげている招き猫は、「金運招福」左手をあげているものは「千客万来」をもたらすと言われています。


値引きは可能?

たくさんの陶器販売店が集まる“とこなめ焼卸団地(セラモール)”では、お手頃な値段設定のものが多いのですが、さらに値下げ交渉が可能なお店もあります


常滑の招き猫まつりが「招き猫だらけ」!

焼き物に関するイベントが多い常滑市ですが、その中でも常滑「招き猫まつり」は招き猫がたくさん集まる楽しいイベントです。常滑「招き猫まつり」の概要をお知らせします。


日程

9月29日は「来る福」と読んで「招き猫の日」。瀬戸市では9月23、24日に第22回目となる「来る福招き猫まつり」が開かれます。


「招き猫のふるさと」常滑市でも2回目の招き猫祭りを9月16~18日に開きました。「来る福招き猫まつり」は三重県伊勢市長崎県島原市でも開催され、招き猫の産地同士で連携して盛り上げを図っています。


概要、どんなお祭り?

1回目、2回目ともイオンモール常滑で開催されました。


2017年9月16~18日に開催された2回目の「招き猫祭り」では、招き猫クイズラリーや猫キッズダンスを始め、招き猫に関係する販売や体験教室も開催されました。


例年の来場者人数は?みどころは?

常滑市と同じ愛知県の瀬戸市で開催される「来る福招き猫まつり」は期間中約8万人もの来場者で賑わいます。常滑の招き猫祭りもたくさんの来場者で賑わいます。


招き猫メイクや招き猫帽子のプレゼントなど実に様々なコーナーが設けられています。招き猫の絵付け体験などのワークショップも人気です。会場のイオンモール常滑には高さ約7mの巨大招き猫がありますのでこちらもご覧になってください。


どらニャ、とこなめ焼招き猫祭りに行く


2017年の常滑招き猫祭りの様子です♪


【まとめ】


・常滑の巨大な招き猫「とこにゃん」
 高さ3.8m幅6.3m。
 招き猫生産量日本一をアピールする目的で愛知県常滑市のとこなめ招き猫通りに設置。

・とこなめ招き猫通りのみどころ
 その1 巨大招き猫「とこにゃん」
 その2 「とこにゃん」のすぐそば設置された本物そっくりの11体の猫
 その3 それぞれ願いがこめられた39体の御利益招き猫

・招き猫の購入について
 「やきもの散歩道」や常滑市の様々な窯元や販売店などで購入可。
 “とこなめ焼卸団地(セラモール)”では値段交渉可能な店も。

常滑の招き猫まつり
 2017年は9月16~18日にイオンモール常滑で開催。
 招き猫に関係する販売や体験教室などを開催。


常滑市には巨大招き猫「とこにゃん」を始めとして、常滑焼に関するスポットやイベントが実にたくさんあります。気になる場所をピンポイントで訪れるもよし、ゆっくり時間を掛けて旅するもよし。招き猫のご利益を授かりにぜひ訪れてみてください♪

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です