布団出しっぱなしでもおしゃれに見える方法とは?布団出しっぱなしは汚い?

スポンサーリンク


アナタは布団派?ベッド派?
就寝スタイルによって使う寝具は家庭によっても違いますね。


また、布団収納のためには大きな収納場所が必要となります!
ですが、最近の住宅事情を見ると、
近頃では押入れがないというご家庭も少なくありません


日常使いの布団を容易に片付けるスペースが無い!とお困りのケースがあります。


思い切って、180度考え方を変え室内でも、上手く収納する方法をみつけてみませんか?


スポンサーリンク

布団を片付けるのが面倒くさい!出しっぱなしの弊害は?


寝ている間の出ている「汗」

人は寝ている間にコップ約1杯ほどの汗をかくと言われています。
それを布団が吸収するのですから、
敷きっぱなしにしているとカビが繁殖するのは当然のことです。


また、冷たいフローリングの上に温かい布団を敷くとその間に結露が発生するためなおさらカビ安くなってしまいます。


最近では気密性の高い住宅設計になっているので、湿気を逃がしてくれません。
畳床の和室仕様であってもカビてくる原因になります


落ちているフケや髪の毛の「汚れ」

人は、誰もが代謝しますのでフケや髪の毛が床に落ちてしまいます
例外はありませんね!


部屋中に潜んでいる「ダニ」

これも、どんなに掃除しても、どんなに性能の良い掃除機だとしてもすべて排除できるものでもありませんね!



ですから、こういったモノから少しでも隔離するためには、
布団の敷きっぱなしは禁物です (>_<)



布団を出しっぱなしでもおしゃれ・綺麗に見える方法とは?


そこで、あえて「見せる収納」をオススメしちゃいましょう♪


極小住宅事情を抱えたママだけでなく、
一人暮らしのアナタにも、きっと参考にしていただけると思いますよ(^_^)V


大型立体キリムクッションに布団を詰める



フェリシモの見せる布団収納グッズ

ベッド下に置いて収納ケースとして使うことも、リビングで、大きめクッションとしても使うこともできる、四角いクッションです。合成皮革とデニム生地のものがあります。


ソファのような布団収納クッション〈ブラック〉|フェリシモ
オフシーズンの布団がらくちんソファに変身。|ソファのような布団収納クッション〈ブラック〉

色落ちしないデニムで作った デニム収納ザブトンの会|フェリシモ
布団をひそませた濃色デニムにゴロン|色落ちしないデニムで作った デニム収納ザブトンの会


ベルメゾンの収納カバー

布団を収納するだけでソファーやクッションにまでなっちゃうアイテムがたくさん紹介されています。機能性はもちろんデザイン性にも優れていて、きっとお気に入りが見つかるはずです!!


すべての商品一覧|通販のベルメゾンネット
【5,000円(税込)以上送料無料】通販ならベルメゾン。セール商品など品揃え♪ お買い物でポイントも貯まる!


布団をソファーにする収納



意外と知らない?布団の正しい洗濯・干し方


布団は1年~半年に1回は丸洗いをしましょう


布団に蓄積している汚れやダニアレルゲンは水溶性です。
定期的に布団の中までしっかり水洗いする事が汚れを落とすポイントです。


布団や毛布 上手な洗い方



布団の洗濯タグのチェック

布団が洗えるかどうかは、洗濯表示のタグを確認しましょう。


自宅で洗えるのは洗濯機マークが付いているものと、手洗いの表示があるものです。水洗い表示が×になっているものは、残念ながら自宅では洗えません。


ドライマーク表示の場合は専門のクリーニング店に相談してください
無理に洗うと中の綿が偏ったり、加工が取れたりするのでおすすめできません。


ちなみに洗濯表示は2016年12月に新しくなりましたので参考にしてください。


(家庭用品品質表示法に基づく繊維製品品質表示規程の改正について(消費者庁))


洗える布団にもいろいろ

洗える布団といっても

・クリーニングに出せるという意味での「洗える」布団

・風呂場でふみ洗いなど手洗いすることで「洗える」布団

・自宅の洗濯機またはコインランドリーで「洗える」布団

に分かれます。


今回は、自宅の洗濯機で洗う方法をご紹介しますね。


洗濯機で洗うときのポイント

・洗濯機の容量と洗える布団のサイズを確認
 (ドラム式など一部の洗濯機は布団を洗えないものもあるので注意)

・寝具用の大きい洗濯ネットを用意

・布団を入れる前に洗濯槽に水を張り、洗剤を溶かしておく
 (直接布団に洗剤をかけてしまうと、洗剤が生地にムラにかかってしまいます)

・液体洗剤タイプが便利
 寝具専用の洗剤を使うとより安心。

・「大物洗い」や「毛布洗い」などのモードを選択

・洗い終わったらすぐに干す!
 (乾燥機や浴室乾燥を併せて利用し、しっかり乾燥させることが肝心です!)


洗う前に、週間天気予報をチェック!

天日干しすることもふまえて、数日間好天が続きそうな日に洗濯しましょう


ズボラさんにおすすめの寝具お手入れアイテム

清潔に!は判っていても、天気やタイミング、時間や労力を考えるとついつい後回しにしがちな寝具のお手入れ。そんなお手入れを少しでもラクにし、寝具を衛生的に保てるアイテムがあるんですよ。


ピュアイズム「寝具クリーンケアミスト」



寝具専用の除菌消臭スプレーで、ダニよけやハウスダスト不活性化の効果もあります。一般的な除菌消臭スプレーより香りは強くなく、スプレー後もベタベタせずサラッとしているので、寝るときも快適です。


ZOJIRUSHIふとん乾燥機「スマートドライ」



この布団乾燥機はマットやホースがなく、布団の上に置いてスイッチを押すだけなので簡単。手軽に使えるので、いつでも気持ちのいい寝具で寝られます。


布団の買い替え時のベストタイミングは?布団の捨て方は?


布団の寿命は、衛生面からみても一般的に、羽毛布団は10年から15年掛布団は5年から10年敷布団は3年から5年と言われています。


布団を買い換える機会は少ないので、
いざ処分するときになって“捨て方が分からない”と困ってしまうことも多いはずです。


素材は布ですから可燃ごみなのか?それとも大きいから粗大ごみなのか?…。
自治体によっても扱いが異なることもあって、なかなか対処が難しいところです。


1.布団の捨て方〜自治体のごみ収集に出す!?

1-1.自治体は、基本的に可燃ごみとしては回収しない!

1-2.可燃ごみとして出す裏ワザ

素材は布ですから、確かにゴミ袋に入りさえすれば収集してくれる可能性が高いです。しかし、コレがなかなか!布団を小さく切るには大変な労力を要します。


それどころか、綿(わた)の部分を切るなど、普通の事務用ハサミではほとんど無理です。切れたとしても綿(わた)くずが部屋中を舞うでしょうねえ~


さらに悲惨なのは、羽毛布団ですね。
部屋中が羽毛だらけになってしまうのは目に見えています!(苦笑)


粗大ごみの収集費用を節約するために、
多大な時間と労力を消費するのが賢明かどうか…。
あまり積極的におすすめできる方法ではありません


1-3.自治体によっては可燃ごみに出せる場合もある

自治体によっては可燃ごみに出せる場合もあるかも知れませんので、
まずは、地元の自治体への確認をしましょう! 


2.引っ越しの際に古い布団を処分する!

引っ越し業者が布団を処分してくれる!?

一組あたり3,000円くらいで処分してくれることがあるそうです。


しかしながら、引っ越し業者はあくまでも引っ越しが本業なので、布団以外にも不用品が多数ある時、また一部不用品の買い取りを希望している時には、不用品回収の専門業者に相談したほうが賢明でしょう


3.布団販売店が回収してくれる

新しく布団を買うときに購入店が古い布団を引き取ってくれるケースがあるのをご存じですか?



すべての布団店が引き取りサービスを行っているわけではありませんが、
一応、確認してみる価値はあると思います。


4.発展途上国の支援団体・人権団体・動物愛護団体などに寄付する!

安価な費用で処分できる方法としてはNGO・NPOなどへの寄付が挙げられます。


発展途上国においては、古くなったり汚れたりした寝具さえ貴重な物資です!!
また、動物愛護施設などでも古い布団は重宝されます。


不要になった布団をNGO・NPOに寄付すれば、必要としている人たちのもとで再利用することが可能になるのは嬉しいことです♪♪


【最後に/まとめ】 

少しは参考になりましたでしょうか?
布団をオシャレな柄やご自分の好きなカラーの袋に詰めて、
ソファーやクッションの代わりにみせる方法などは、
実際にみると、布団が入っているとは思えない見た目もオシャレなモノに大変身!!


カーペットなどのお部屋のインテリアとコーディネートすれば、
まさか布団が中に入っているなんて分からないくらい!?
これなら自然にリビングなどにも置けちゃいますね (^O^)v

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です