コストコのクリスマスケーキ予約はできる?値引き・値下げは?味・冷凍は可能?

スポンサーリンク

夏も終わり、秋になると百貨店や人気洋菓子店、コンビニなどでは、早くもクリスマスケーキの予約受付が始まります。特に人気洋菓子店ではすぐに売り切れてしまうため、早めに予約を考えている人も多いようです。


大型会員制スーパーの「コストコ」のクリスマスケーキは、ビッグサイズなうえリーズナブルなので、ファミリーや主婦に大人気です。2017年の「コストコ」のクリスマスケーキは、どんなデザインのケーキが登場するのでしょうか。


そこで今回はクリスマスケーキについて調べている人へ、コストコのクリスマスケーキについての情報をご紹介します。



スポンサーリンク

【みんな大好きのコストコのクリスマスケーキ!予約は可能?】

「COSTCO(コストコ)」は、アメリカ生まれの大型会員制の倉庫のようなお店です。天井近くまでたくさんの商品が山積みされており、日本のスーパーでは見かけない商品もあり、主婦にとっては夢のような空間です。


コストコでは、食料品から日用品まで何でも揃いますが、アメリカ発のお店なので、どれも大きいのが特徴です。複数の仲間でシェアしている人たちも多く、コストコマニアのたくさんいます。


コストコのクリスマスケーキも、とてもサイズが大きく、価格もとても安いのが魅力的です。2016年のクリスマスケーキは、「ブッシュドノエル風ロールケーキ」で長さ33㎝、高さ6㎝、値段は2,480円(税込)で、日本では見たこともないくらいのビッグサイズです。


ケーキの中身は、マスカルポーネとブルーベリーフィリングを、米粉のスポンジでロールしてあり、日本人好みの味になっています。デパ地下で買うと、恐らく5~6千円は下らないと思うようなロールケーキなんです。


コストコのクリスマスケーキは、3年連続で「ブッシュドノエル風ロールケーキ」だったので、おそらく2017年も同じタイプのケーキになる可能性が高いようです。ただし、ロールケーキの中身は若干変わると思います。


クリスマスケーキの予約は、例年、11月中旬から12月の初旬に、コストコ店内に予約BOXが置かれ、そこで初めてケーキの形状や値段がわかります。注文書に引渡し希望日や時間などを記入し、BOXに投函します。電話受付はありません。


どこの店舗か定かではありませんが、2016年には、クリスマス1週間前から売り場でクリスマスケーキの販売が始まっていて、試食もあったという情報があります。


ただ、クリスマス当日の24日の午前中に、コストコに行ける人は予約をしなくても十分購入可能なようです。店頭の商品が無くなっても、次々と奥から補充されます。


また、クリスマス期間中は、他のタイプのクリスマスケーキも販売されます。


ただし、12月23日、24日のコストコは、店舗によっては開店時間が早まり、開店直後から駐車場やレジが大混雑します。出かける前に開店時間を確認したうえ、開店時間より早く到着することをおすすめします。


コストコ公式HP

Costco Japan
コストコホールセールはアメリカ生まれの大型会員制の倉庫店。コストコでは、ご家庭に必要なものをすべて取り揃え、皆様のお越しをお待ちしております。高い品質の一流メーカー品を卸値に近い価格でご提供するほか、1時間で仕上がる写真現像サービス、タイヤセンター...





【コストコもクリスマスケーキの売れ残りセールをするの?】

コストコでは、残念ながらクリスマスケーキの売れ残りのセールはありませんので、値引きや半額になることもないようです。コストコのケーキは、元々コンビニやスーパーでは、考えられないくらいの大きさで、価格もリーズナブルなためと考えられます。


ただし、ケーキには賞味期限があるため、コンビニやスーパーのクリスマスケーキ同様、賞味期限内に売り切るために、25日の夕方以降に売れ残りがあれば値下げをする可能性はゼロではありません。


確実なのは、25日の夕方以降にコストコに立ち寄ってチェックするしかありません。



【コストコのケーキ、すごい色だけど味は?甘すぎる?】

コストコといえば、アメリカンサイズの「ハーフシートケーキ」と言われている、特大バースデーケーキが有名ですね?


クリームの色が鮮やかなで、アメリカ的な色なので、見ただけで「バタークリームべっとり?」「すごい着色料?」「激甘では?」という不安を持つ人が多いのも事実です。


しかし、実際食べた人の感想は、クリームは甘さが控えめで、スポンジもゴワゴワしているということもなく、しっとりとしていておいしいという声が多いです。


コストコのケーキは、「バタークリーム」ではなく、植物性のクリーム(ホイップクリーム)を使用しているようです。


また、香料や防腐剤などの添加物は避けられないので、乳幼児に食べさせるのは、自己責任としか言えません。もちろん、食べ過ぎはカロリー過多になりますので要注意です。


コストコのクリスマスケーキも同様に、見た目よりも甘さ控えめです。米粉のロールケーキの生地がきめ細かく、もっちりとした食感でおいしいです。


その他、コストコの定番ケーキには、「ティラミス」「スフレチーズケーキ」等があり、どれもビッグサイズなのですが、人気商品です。


個人的には「スフレチーズケーキ」が、レアチーズに近い感じで、甘さも控えめでしっとりしていておいしいと思います。


【コストコの巨大クリスマスケーキ、冷凍保存は可能?賞味期限は?】

コストコの巨大クリスマスケーキは、消費期限が購入日を含めた3日です。消費期限は賞味期限とは違い、安全に食べられる期間でそれを過ぎると廃棄になります。なるべくは当日中に食べるのがベストのようですね?


しかし、これだけ大きいケーキをわずか3日で消費するというのは、大家族でもない限りなかなか大変です。消費期限というのは、常温または低温保管の時の期限なので、期間内に冷凍してしまえば、ある程度消費期限を延ばすことができます。


アメリカンサイズのバースディ―ケーキは、公式では48人分の量であり、消費期限は購入日を含めて4日間です。少人数の家族ではとても賞味期限以内では、食べきれないですよね?


「でもどうしても食べたいから、買ってしまった!」


そんな時は迷わず、冷凍保存しましょう。


しかし、ケーキには、冷凍保存が可能なものとそうでないものがあり、ティラミスのような半解凍でもおいしく食べられるものや、パイなどのように温めた方がおいしい物もありますので、見分けが必要です。


冷凍する場合は、小分けにして型崩れしないように、少し大きめのタッパーに入れます。フルーツは冷凍してしまうと食感や味が変わってしまうため、取り除いて冷凍した方が後でおいしく食べられます。


解凍する時は、冷蔵庫でゆっくり解凍するか、常温で解凍します。食べる前日に冷蔵庫に入れ、6時間程度で美味しく食べられます。常温での解凍は、温度によりますがだいたい2時間程度で解凍されます。常温解凍は暑い時期は避けた方が無難です。


これらを注意して、余ったクリスマスケーキをしっかり冷凍しておくと、クリスマスが終わってからもケーキを廃棄することなく、おいしくいただけます。



【最後に】

「コストコのクリスマスケーキ」についてご紹介しました。「コストコ」のクリスマスケーキは、大きいだけではなく、コスパが高く味もおいしいのが魅力ですね?くれぐれも食べ過ぎには注意しましょう。


最後にまとめると、


「コストコ」のクリスマスケーキはビッグサイズでリーズナブル

②クリスマスケーキの予約は、例年、11月中旬から12月の初旬に、コストコ店内の予約BOXに注文書を投函する方法のみ

③クリスマスケーキの売れ残りのセールはなし

④クリスマスケーキは、見た目よりも甘さ控えめ

⑤クリスマスケーキは冷凍保存が可能


などをご紹介しました。参考にしていただいて、是非、コストコのクリスマスケーキで、楽しいクリスマスを過ごして下さい。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です